2021年01月06日

老害内閣のお陰で

 本日、日本全国で、6,000人超えのコロナの感染者で、いよいよ止めようがなくなった。

 老害内閣のお陰で、欧米列強に追いつけ、追い越せの勢いが増しつつある。

 やっぱり歴史は繰り返す。

 新型コロナウイルスの感染でも、日本も負けじとばかりに、日毎に感染拡大が勢いを増し、欧米列強の仲間入りも間近!

 なんと忌まわしいことか。

 二階幹事長や菅総理の老害内閣のお陰で、日本国民は、えらい迷惑である。

 とはいえ、もはやどんなに警告しようとも、一部の若者たちが傍若無人の行動を取るお陰で、我々高齢者の命の危険を及ぼすのは、自然の摂理であると言えるかもしれない。

 といっても、一部の高齢者の問題も大きく、マスクを忘れて大声で傍若無人に話すのは、一部の若者たちの行動と大同小異で、みずからの首を絞めている。

 それゆえ、上記のような老害政治家たちが、これらの現実を承知の上で、自然の摂理を促進せんとて、欧米列強の仲間入りを企んでいるとしたら、深謀遠慮・無私利他の超大物政治家たちである、と言えるのかもしれない。

 といっても、こんな皮肉が、老害政治家の耳に届くはずもない。

  実際には、コロナのお陰で最も気の毒なのは、日々治療に奮闘される医療関係者もさることながら、かなりな部分で自由を奪われている、これから将来が長い子供たちなのである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 18:43| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

日本のゆくえ

 本日、コロナの感染者が4,900名を超える最多を記録。

 この調子でヨーロッパやアメリカの後追いをする状況が続く限り、到底オリンピックの開催など、夢のまたユメ。

 それでも敢えて、老害政治家の代表格の二階幹事長が嘯くように、オリンピック開催を強行すれば、これで日本は終わる。

 そうなると、各国で様々に変異した新型コロナウイルスが、日本国内で猛威を振るい、芥川龍之介が書いた『羅生門』の時代が再来する。

 言い換えれば、鴨長明の無常観を記した『方丈記』の平安末期から鎌倉初期のように、感染症(今回はコロナ)が蔓延し、自然災害が猛威を振るうことだろう。

 歴史は繰り返すとはよく言ったものである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 22:21| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

連休が何日あっても足りない

 今年ばかりは、コロナ騒動のお陰で、新年を迎えても、まったくおめでたくない。

 それはともかく、年末に送られてきた、たくさんの荷物の整理や経理の作業で、休み中であっても、ぜんぜんノンビリできない。

 膨大な数の郵便は、選別するのが精いっぱいで、未開封が増えるばかり。

 だから当然、送られてきた年賀状を見るヒマもない。

 といっても、サッカーやボクシングの観戦だけは、必須の別行事(笑。

 毎年お正月に『漢方の臨床』誌の「新年のことば」を投稿していたが、今回ばかりは締め切りが昨年末28日までだった。気が付いた時には後の祭り、依頼に応じることができなかった。

 ともあれ、コロナの問題では、このまま行けば、残念ながら、完全に自由主義諸国の敗北で、独裁国家の一人勝ち。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年01月04日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月04日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母
 
ラベル:コロナ
posted by ヒゲジジイ at 09:18| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

人類は過去、伝染病によって一時的な人口減少を繰り返して来た

 最も人口減少を生じたのは、繰り返しのペストの流行が大きかったのだが、今後は、未知のウイルスによって、一時的な人口減少を繰り返すことだろう。

 それにもかかわらず、人口が増え続けたのは、それにも勝る人類の生殖行為が過度に盛んだったに過ぎない。

 今回の新型コロナウイルスの猛威は留まるところを知らないが、この調子で行けば、少なくとも日本もアメリカやヨーロッパの後追いは必死の状況。

 到底オリンピック開催など、夢のまたユメ。

 その頃には、気温の上昇によって、多少はマシになるかもしれないが、甘く考えている政治家たちの気が知れない。

 経済優先を口実に、感染爆発を招いて、我々高齢者の人口減少を企んでいるとしたら、たいした策略だが、高齢の菅総理や二階幹事長らも道連れである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年01年01日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01年01日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2020年12月30日

計算間違いでなければ・・・

 アメリカではコロナによって、現時点で人口1,000人に1人が亡くなられているという。

 【新型コロナの国別感染者数】12月29日夕更新 によると、
 アメリカでは感染者19,301,543人に対して、そのうち死亡者は334,836人。

 このアメリカで現在までにコロナに感染した人数から計算すると、約16人に1人が既に感染した計算になり、感染者の死亡率は1.7%前後ということになる。

 このままいけば来年の春までの推移を想像するだに恐ろしい。

 日本もアメリカの後追いをしている状況だけに、よほど自覚をもって皆が自粛しなければ、日本に限らず、世界中が、もっともっと悲惨な状況を免れないだろう。

 日本の現状は、これまで223,120人が感染し、そのうち死亡者が3,300人で、感染者の死亡率は1.48%。

 ともあれ、常連さんの中には、薬の相談と補充購入を済ませたあと、女性薬剤師に向かって、いつまでも世間話が終わらない人がいる。マスクのみで、フェイスシールドをしてもいないのに、いつまでも終わらない。

 世間話は、早々に切り上げるように女性薬剤師に強く警告しているのに、人に気を使い過ぎるのか、どうしても遠慮してしまうらしい。

 薬の相談が終わると、奥に引っ込むことが多いヒゲジジイだが、こんなことが続いているので、次回からは世間話を邪魔して、早々に退散を促す必要がある。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2011年12月30日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年12月30日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ



 
ラベル:コロナ