2022年07月08日

猛暑の夏、コロナよりも怖いのは熱中症だが

 漢方界では熱中症対策に推奨されるのが、日本漢方では「五苓散」を推奨するむきがあるがトンデモナイ話で、実際に熱中症になれば発汗過多により、体液を消耗して体温上昇し、意識が朦朧となるので、中医学では「生脈散」が推奨される。

 ところが、日本ではこの「生脈散」でも問題が多い

 すなわち朝鮮人参・麦門冬・五味子の3種類の配合が問題で、体液を増やし発汗を抑えることが出来ても、温性の朝鮮人参の配合では体温の上昇を増長しかねないので、必ず涼性の「西洋人参」にすべきである。

 ところが、中医学の後進国である日本では、面倒なことに煎じ用にバラバラで販売する以外には方法はないので、もっと簡略にエキス剤で対処する代用方法を取らざるを得ない。

 次善の策としては朝鮮人参が配合されていても、石膏などで冷却する成分がしっかり配合された「竹葉石膏湯」に「八仙丸」を加える方法が無難である。

 ちょうど先ほど、常連さんが職場?から帰宅後、エアコンで冷ましても、身体が火照って発汗が続くのに、ムカムカするので水分補給するにも飲む気になれないのだが、漢方は何を飲んだらよいだろうか、と電話がかかって来たばかりなので、「竹葉石膏湯」に「八仙丸」のみならずササヘルスを薄めて少しずつでも飲むようにして、手元に残っていれば「西洋人参」も加えるようにアドバイスしたばかりだが、「西洋人参」は切れているというので、それがなくとも「竹葉石膏湯」に「八仙丸」をササヘルスを加えた水で直ぐに服用するように指示しておいたばかり。

 但し、もしも意識に問題が出ているようだったら、手元に常備している高用量の牛黄製剤や麝香製剤も併用するようにアドバイスしておいたが、そこまではひどくないということだった。

 と、電話が終わったところで、ストレスの多いこの常連さんは、柴朴湯や柴胡加竜骨牡蠣湯とともに麝香製剤こそ、日々常用されている人だった!
応援のクリックをお願いします

2012年7月8日の体調を崩して1ケ月になる茶トラのボクチン(8歳)
2012年7月8日の体調を崩して1ケ月になる茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:熱中症
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 17:46| 山口 ☁| 熱中症や冷房病 | 更新情報をチェックする

2022年07月07日

コロナ禍のお陰で、いわゆる「風邪」を引く人が激減したという現実

 ここでいう「風邪」は、敢えて一般的な風邪だけでなく、コロナやインフルエンザも含めての話である。

 お馴染みさんや常連さんが、いわゆる「風邪」を引く人が激減したというその証拠に、例年よく販売していた参蘇飲が滅多に出なくなったし、配合比率が理想的な我が薬局の「葛根湯エキス製剤」すら出方が減っている。

 そのかわりに「風邪」予防で評判のよい金羚感冒錠(少量を予防で使用:天津感冒片と同じ成分)や衛益顆粒(玉屏風散エキス製剤)および板藍茶(最高濃度の板藍根エキス)およびササヘルスなど、これらを数種類組み合せる外感風邪の予防薬類こそ、コロナのパンデミック以来、購入者が増える一方で、そのお陰で、外感風邪によって引き起こされるあらゆるタイプの感冒が防げているように思われる。

 さてこそ、コロナ禍もいよいよ第7派の到来で、日々急速に感染者が増えているが、コロナに備えて早くから柴葛解肌湯を準備していても、一般の風邪どころか、コロナに感染する人すら滅多にないので、無駄な在庫になりつつある。

 蛇足ながら、昨今、オミクロン株の蔓延によって明らかになっていることは、mRNAワクチンの接種はほとんど無駄であり、むしろワクチン死や重篤な副作用こそ問題で、将来、大きな集団訴訟の可能性に、日本政府は戦々恐々かもしれない。
応援のクリックをお願いします

2012年7月7日の体調を崩して1ケ月になる茶トラのボクチン(8歳)
2012年7月7日の体調を崩して1ケ月になる茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

2022年07月05日

2022年07月03日

ウクライナ戦争の結末次第では

 ウクライナ戦争の結末次第で、日本の将来の運命が決まる。

 すなわちウクライナがロシアに事実上敗北し、属国になり果てれば、日本は、ロシアのマネをしたくてウズウズしていた近隣の「ならず者国家」によって、ウクライナのように蹂躙されて滅亡に向かう。

 もしも幸いにして、ウクライナが少なくとも侵略される以前の領地を取り戻し、強い立場で停戦に向かえば、日本は近隣の「ならず者国家」に蹂躙されることはないだろう。

 21世紀という時代も、19世紀や20世紀と同様、戦争と伝染病と自然災害に見舞われる大変な時代であるが、以前と異なるのは人類を容易に全滅することが可能な核兵器が、ならず者国家に豊富に蓄えられているということである。

 ウクライナ戦の結末がどうなろうと、日本が「ならずもの国家」に侵略されないためには、小学生でも分かる通り「核保有」さえすれば大丈夫。

 この理屈が分からない政治家や一般国民が多いらしいが、要するに彼らは馬鹿以下の「脳足りん」というほかない。

 そもそも岸田首相が、広島出身というのを誇らしげに「非核三原則」を墨守することを自慢にするくらいだから、広島県の各所に「あやまちは二度と犯しませぬから・・・」という些か意味不明な看板が立てかけてあるお国柄。

 原爆を落としたアメリカを戦争犯罪として訴えることもなく、逆に、このような卑屈で自虐的な看板を並べるのか?

 真の歴史を学ばないと、自虐史観ばかりが日本国中に蔓延するのだろうが、馬鹿も休み休み言い給え。
応援のクリックをお願いします

2009年7月3日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月3日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 
posted by ヒゲジジイ at 19:01| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年07月01日

白黒の世界

 ♂のクロちゃんと♀のシロちゃんは、とても仲が良く、白黒の世界でも明るい2匹だが、カラー写真で撮る意味が半減するのが残念。

2022年6月29日のクロちゃン(3〜4歳)とシロちゃん(9歳)
2022年6月29日のクロちゃン(3〜4歳)とシロちゃん(9歳) posted by (C)ヒゲジジイ

DSC_0259
2022年6月29日のクロちゃン(3〜4歳)とシロちゃん(9歳) posted by (C)ヒゲジジイ
応援のクリックをお願いします

2009年7月1日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月1日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:白黒