2018年03月19日

盲信の心理と病理

2009年03月19日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年03月19日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

東北地方の40代男性の常連さんからのおたより:

 先日の是々非々のブログですが、公務員の方は逆にご自分が強い思い込みの世界におられるのではないでしょうか?

 例えば、宮崎駿のファンであっても政治的思想は信用出来ませんっていうのは往々にしてあると思われます。

 この方はファンとはイコール盲信と捉えている様に感じます。

 まさしく今の森友問題のように、安倍首相や婦人の口利きの証拠はないのに、あるであろうという思い込み(盲信)をされている方が多いのは、支持率が下がっている事が物語っていると思われます。

 ちなみに、私は安倍首相は信用していますが、憲法9条に関しては・・・後略。

お返事メール:

 貴重なご意見、ありがとうございます。

>この方はファンとはイコール盲信と捉えている様に感じます。

 まったくその通りだと思います。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年03月19日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月19日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 11:01| 山口 ☔| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

『早期発見、早期治療の「罠」』 とは?

2011年03月18日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月18日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 タイトルは、最近出版されたばかりの、近藤誠医師と和田秀樹医師との対談本『やってはいけない健康診断』の副題である。

 近藤誠医師については、いまさら贅言を要しないだろうが、和田秀樹医師については、子供たちの大学受験時代に、受験勉強の方法論が書かれた『数学は暗記だ!』などで、大いに参考になったと母親が言っていたが、父親の方はその頃、チヌ釣りに夢中で、子供の受験など、ほとんど無関心な時代。

 それゆえ、その当時は和田秀樹氏が医師であることは知っていても、熱心な臨床医であるとは知らなかった。

 蛇足ながら、母親自身の大学受験時代に、上記の『数学は暗記だ!』の類の本があったら、どんなによかったかと、目から鱗だったという。

 ともあれ、本題のこの書籍の内容は、主として近藤誠氏の類書などで既に知っていることばかりだが、帯に書かれている「医者が絶対に言わない不都合な真実」「人生100年時代、早く見つけるほど早死にする!」などは、確かに一面の真実と事実を突いている思われるので、紹介した次第。

 少なくとも、医療関係者であっても、一部の人達にとっては、知らない現実が書かれているし、ましてや一般の人達にとっては、目が点になるこことばかりであるかもしれない。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年03月18日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月18日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

ラベル:近藤誠 和田秀樹
posted by ヒゲジジイ at 11:26| 山口 ☀| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

古方派の名医は・・・

2009年03月17日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年03月17日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 名老中医はどうなのかは知らないが、日本の古方派の名医ともなると、年々使用する方剤の種類が減って来るといわれる。

 35年前までの10年間に及ぶ古方派の時代に、どなたかの本で読んだ記憶が鮮明に残っているのだが、当時から今に至るまで、心の片隅に、グサリと残ったままである。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年03月17日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年03月17日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 01:16| 山口 ☁| 日本の漢方関連医学・薬学史問答 | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

是々非々の問題でしょ

2011年03月16日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月16日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:50〜59歳の男性
【 職 業 】:公務員
【 具体的なご職業 】:市役所
【 お問い合せ内容 】:はじめまして

 ブログ読ませていただきましたが内容が矛盾しております。

 なぜ漢方薬を否定する近藤誠氏を信用できないといいながら何冊も近藤氏著作の書籍を購入なさっているのでしょうか。

 実は、近藤誠氏のファンなんでは?

 近藤氏に異論があるならば、自費出版されて反論すればいいのではと勘ぐってしまいます。

2011年03月16日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月16日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール: (返信しても不着ゆえ、匿名者による嫌がらせメールだった可能性大!)

 ご指摘の通り

>近藤誠氏のファン 

 ですよ! 大ファンといっても過言ではないでしょうよ。

 だから

>しかしながら、多作の氏の著書の中には、『あなたが知っている健康常識では早死にする!』という書籍の副題は「秘蔵データが示す健康寿命の延ばし方」とあって、帯には「医療情報はウソだらけ!」とあり、内容的には大いに説得力のあることばかりなのだが

と書いているでしょう。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年03月16日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月16日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 21:13| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

漢方薬を全否定する医師は、まったく信用ならないが・・・

2011年03月15日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月15日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 漢方薬を全否定する医師は、一昔前と違って昨今、かなり減っているとはいえ、かの有名な近藤誠医師は、どの本を読んでも、漢方薬をサプリメントと同列に扱って、歯牙にもかけない、ほとんどケンモホロロに近い扱いである。

 調書能力自慢の近藤氏であるはずだが、これほどまでに漢方薬をサプリメントと同列に扱う偏見に満ちた人の書かれることは、俄かには信用できない。

 しかしながら、多作の氏の著書の中には、『あなたが知っている健康常識では早死にする!』という書籍の副題は「秘蔵データが示す健康寿命の延ばし方」とあって、帯には「医療情報はウソだらけ!」とあり、内容的には大いに説得力のあることばかりなのだが、それにしても漢方薬に対する極端な偏見は、些か病的としか思えない。

 もしかして、医師の投与する保険漢方のみが漢方薬という、実にバカげた思い込みによるものだとしたら、実に噴飯ものとしか言いようがない(呵々。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年03月15日の茶トラのボクチン(7歳)とクロちゃん(1歳未満)
2012年03月15日の茶トラのボクチン(7歳)とクロちゃん(1歳未満) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 12:04| 山口 🌁| 医者の常識は世間の非常識 | 更新情報をチェックする