2017年02月13日

しもやけが茵蔯蒿湯で、かなり改善されたという特殊事例

2011年02月13日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年02月13日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 ほんとうはタイトルに「特殊」という言葉を入れたくなかったが、誤解しやすいシロウトさんが多いので、敢えて入れておいた。

 実際のところ一見、特殊例に見えるかもしれないが、これが漢方薬の優れたところでもあり、弁証論治の難しいところでもある。

 10年以上前に一度来られたことがある県外の男性で、おおよその体質のイメージはあるものの、同じご家族が5年くらい通われているついでに、その10年以上前に来られたことのある男性が、現在、湿疹に悩まされておられるというので、そのご家族が知る範囲の情報で、茵蔯蒿湯なら間違っても問題ないので、一度試してもらったところ、一定の効果があったので、そのまま適宜、断続的に続けられていた模様。

 冬場に入って、茵蔯蒿湯を飲んでいると、しもやけがかなり軽減できるので、そのまま続けたいと、まとめてお送りすることになった。

 こんなブログを書くと、理解力のないシロウトさんたちが、しもやけには茵蔯蒿湯だと誤解されたら困るのだが、この情報は、あくまで同業の専門家に向けているつもりだから、そのおつもりで。

 過去にも、上半身は明らかな熱証の女性たちが二人、いずれも黄連解毒湯+茵蔯蒿湯+六味丸によって、上焦のアトピーが改善したばかりでなく、手足のひどい冷え性が驚くほど改善した特殊例を、このブログでも取り上げた記憶があるが、恐らく茵蔯蒿湯に内在する活血化瘀作用が多少とも貢献しているものと思われる。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年02月13日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年02月13日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 14:02| 山口 ☁| 大柴胡湯や茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)の真実 | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

主訴の記載のない問合せの返事ついでに、付録として:親身な説得に暴言で返礼する無礼者を撃退した話

2009年02月11日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年02月11日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:50〜59歳の女性
【 地 域 】:九州
【 お問い合せ内容 】:こんにちは、いつもみています。
 自分と同じ症状や疑問点など、ブログに載らないかな〰と思い毎日みています。
 ヒゲジイ様の
<八味丸を使用するよりも合理的な六味丸合海馬補腎丸>は
<杞菊地黄丸合海馬補腎丸>でもありなのでしょうか?

 杞菊地黄丸飲むと右側のみ冷えます。杞菊は休みで、体が温まる漢方薬を飲んでいます。
 もし、ありであれば、体調を整え、夏場くらいに再挑戦してみたいと思っています。

 現在、漢方薬局で処方してもらっていますが、舌や脈などは一切、見られませ ん。(涙
 漢方薬もこちらの提示のみの処方です。なので、自力でネットで調べ、出してもらってます。(涙
 杞菊地黄丸合海馬補腎丸のことも聞いてみましたが、ん〜悪くはないですけどね。との返事。

 1ヶ月後、ハ味丸どうでしょうと言われたので、少量購入しましたが、服用せず。
 田舎過ぎて、他に漢方薬をあっかっているところありせん。

 日頃の漢方薬も素人が考えた飲み合わせや量など相談しましたが・・大丈夫です。量が少ないので・・との返事。

 以下は参考資料として
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
血虚で気虚で目が渇き、低血圧ぎみ100前後、軟便ぎみ。
胆のう摘出手術。食道裂孔ヘルニアあり。もちろん、逆流性食道炎あります。
15?cm/4?kg・女性・5?歳

舌 昨年8月明太子のようなまっ赤で分厚く大きい。
  12月両端にギザギザ多し。赤みは白っぽく。
   2月ギザギザ少なく。中央に縦に筋

1日漢方薬
十全大補湯1包
温経湯1.5包
補中益気湯1.5包
六君子湯0.5包
人参(コウジン)1カプセル
海馬補腎丸1〜2錠

杞菊地黄丸は休み。
加味逍遙散は休み。
四物湯休み。→温経湯がなくなれば四物湯+加味逍遙散
ハ味地黄丸休み。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よろしく、お願いいたします。
今の体調なら、3月くらいに2泊か3泊で伺えそうです。

2009年02月11日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年02月11日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

>血虚で気虚
 が真実であるなら、

><八味丸を使用するよりも合理的な六味丸合海馬補腎丸>は
<杞菊地黄丸合海馬補腎丸>でもありなのでしょうか?

 を考えること自体、まったく理屈に合いません。

 やや複雑な体質のようですから、遠方のこちらに1〜2回来られたくらいでは、到底すぐにフィットする配合が見つかるとは限りません。

 そちらの県内にも探せば、無理なく通えそうな漢方薬局もありそうなものです。もしもどう探してもないと言われるなら、下関まで考えなくとも、●●県で探せばたくさんあるはずです。

 世の中、遠方ばかりを探す人が多いようですが、ちょうど本日(10日のこと)の夕方、朝から休む暇もなく疲労がピークに達しているところへ、休日前だから新規相談者は受付できない日だというのに、見るからに背が高く体格のよい、肌の綺麗なややハンサムな男が、地元の某漢方薬局で、酒さに六味丸を奨められて2ケ月続けたが、「効いたか効かないかわからない」ので、他の漢方薬を出してくれと何度懇願しても「酒さには六味丸しかない」といって、絶対に変えてもらえなかったといいます。

 そこで、当方のブログを見て遠路はるばるやって来たと言うのですが、どうみてもきれいな肌をしていて、本人の訴えとはうらはらに、まったく赤みは見られません。

 「六味丸でフィットしていた証拠ではないか、今通っている薬局に戻るように!」こちらでは漢方薬は絶対に出せない、と何度強く説得しても、しまいには激しく暴言を吐いて(すべて録音)すさまじい形相でクレーマーに豹変です(苦笑。

 ところがどんなにいきり立っても、顔には酒さのホンの僅かな兆候すら、まったく出て来ないのです!!!

 こちらも怒鳴りながらそれを指摘してやっても興奮して反撃するばかりで、ぜんぜん納得せず、威力業務妨害あるいは脅迫罪で逮捕されるべき暴言を吐き続けます。

 さてはやっぱりクレーマー予備軍だったかと、感心するやらあきれるやら。

わざわざ●●から来てやったのに、と恩着せがましく、捨て台詞を吐いて去っていきましたが、これだからヒゲジジイはますます人間嫌いになるばかりです(苦笑。

 人間とはなんと欲なものよと思うばかりで、遠くばかりを探すのはナンセンスです。その人は自身の地元でしっかりフィットしている適切な漢方薬を出されていたかもしれないのに、安価な六味丸では気に入らなかったのかもしれません。人間的価値まで落とされた気分だったのでしょうか?

 フィットする人には無限の価値ある六味丸を馬鹿にしているとしか思えません。

 というわけで、遠方ばかり探すのは、往々にして失敗のもと、できるだけもっと自由に通えそうな距離を探されるべきです。

 取り急ぎ、お返事まで。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年02月11日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年02月11日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2017年02月10日

日本全国で蔓延する万引き犯を、信じられないほどかばいまくる朝のテレビ報道

2012年02月10日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年02月10日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 人間が最低・最悪の動物である証拠を日々、証明し続けているのが、朝のテレビ報道である。

 昨日も本日も、勢いに乗って、モーニングショーで万引き犯をかばいまくる出演者も同罪に等しい、といっても過言ではないだろう。

 被害を受けた店側に対する同情は僅かしかみられない。

 出演する弁護士も及び腰。

 犯罪者をかばいまくる風潮というのは、もしかして出演者が悪霊に憑依されているのではないかと危ぶまれる。

 この国は終わったとしか思えない。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年02月10日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年02月10日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 08:38| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

いかにもたよりない『新年のことば』

2009年02月09日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年02月09日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 昨日だって、最も不得意な精神疾患的な渡り鳥の相談者を、地元で頑張るように説得するのに疲労困憊。

 1日中来客と送り注文も多かった日なので、精神疲労は半端じゃなかった。
 一人の相談に時間をかけすぎるのかもしれないが、性格上、完璧は不可能とわかっておりながらも、完全癖の性向は直しようがないが、不得意分野だけは、しっかりと自覚がある。

 以下は月刊『漢方の臨床』誌1月号に掲載された、ヒゲジジイの新年のあいさつ文。
 掲載された拙文を読んでみると、昨年の年末には、よっぽど1年間の疲労が蓄積していて、疲労困憊だったことが思い出されるとはいえ、その状況は、昨今とあまり変わらいのがジジババ薬局の宿命か。
まだ漢方薬局を続けています

 いつのまにか前期高齢者となり、公務員だったりサラリーマンの同級生達の多くは現役を引退して、悠々自適の生活を送っています。
 なかには同窓会を毎年やろうと誘ってくれる人達があっても、付き合う暇がありません。
 休日は仕事の疲れを癒すために爆睡が必須の生活となり、かといって無責任に漢方薬局を廃業する訳にもゆかず、ボケ予防のつもりでのんびりと仕事を続けるつもりが、年を経る毎に、重大な疾患の相談が増えるばかりです。
 休日の前後は新規相談者は受け付けないようにしていても、年々、重厚な内容の相談者は漸増中で、もっと対策を取らないと体力が持ちません。
 もしかして、仕事量が増えているというよりも、老化による体力の消耗が激しいのかもしれませんが、いずれにしてもジジババ薬局では限界があるようです。
 しっかり休養を取り続けて年を越すことができたところで、気分も一新しましたので、ボケが来るか、お迎えが来るか、それまでは現役を続けようと決意を新たにした新年を迎えることができました。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年02月09日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年02月09日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 11:40| 山口 ☔| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

人間なんて、最低・最悪の動物である証拠に

2011年02月08日のボクチン(6歳)
2011年02月08日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 日本史や世界史をしっかり学んだ人にとっては、人間がいかに最低・最悪な動物であるかは自明のことだから、いまさら言うまでもないこととはいえ、現実にますます実感することばかり。

 最近はネット上にフェイクニュースを流す輩が爆発的に増えているという。
 これだけでも、人間様がいかに最低・最悪の動物であるかを証明するようなもので、これまでうっかりネコを引き合いに出していたが、ここに至って猫達に、たいへん失礼な話だったことに気が付いた。

 我が薬局に至っては、これまでほとんど絶滅したかに思っていた図々しい電話や、ありがた迷惑な訪問者が激増して辟易している。
 アメリカ大統領のトランプ氏の影響がここまでになるとは、ほんとうに驚きである。

 昨日に至っては、いよいよ同業者まで?と思いたくはないが、接客中の最中に、図々しいにもほどがある。
 若者の男性の声で、癌サポートの漢方薬の値段の探りを入れる電話とともに、挙句は補気建中湯は胸水にも効くのかなど、安易な質問にもほどがある。

 こちらは日々、真摯な人達の相談に骨身を削って頑張っているところへ、安易な連中や、不遜な輩の邪魔が入ると、内心は怒り心頭で爆発しそうなところを堪えにこらえている。

 不遜な態度の連中や、脅迫的な態度の付き添い者が同伴するようなケースでは、絶対に相談を拒絶する態勢を取っているが、昨今のあまりにも頻繁な迷惑電話やありがた迷惑な訪問者が増えると、いよいよもって堪忍袋の緒が切れる。

 村田漢方堂薬局には、医療関係者の相談者が多いが、その多くの人は真摯で真面目な人達ばかりで、医師や薬剤師に看護師さんなど、ヒゲジジイと違って実に温厚な人達ばかり。

 ところが例外もあって、一昨年から昨年にかけて、超一流エリート大学卒業の相談者(医師)の如きは、滅多に通って来なかったくせに、相談に「こんなに時間をかけても、何にもならないじゃないですかっ!」と、こちらの親身な努力に思いを致すどころか、実に無礼な発言。

 それまで、一定の効果があることに喜んでいたはずが、滅多に通って来ずに、たまにやって来ては、不摂生の自己責任を棚に上げ、言うに事欠いて、かくのごとき暴言。

 無礼にもほどがあるから、二度と来るなと追い返したが、ヒゲジジイはきっとトランプが好きだろうと揶揄っていたのも、この若造の医師だった。

 ヒゲジジイも奴らと同じ人間であることが歯痒くてならず、猫たちに今更ながら恥ずかしくて、大いに忸怩たるものがある。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年02月08日のボクチン(7歳)
2012年02月08日のボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ