2024年02月08日

日本の漢方はこのまま衰退するのか?!

 何年も前のことだが、腎虚系に対する極めて特殊な漢方製剤で、手作り作業で製造されるとても手間のかかる製剤ということで、とうとう製造メーカーさんは音を上げて、製造を止めると言い出したことがあった。

 ところがこちらでは、足腰の弱りに対して、ときには絶大な効果があるので値段を上げてもよいから、お願いだから製造を止めないで欲しいと懇願した甲斐あって、現在に至るまで製造を続けてもらっている。

 そのぶん、値段は当時よりもかなり上がってしまったが、この漢方薬の恩恵にあずかっている人達は、何度も値上がりしても、継続服用を断念する人は誰一人としておられない。

 このように製造中止を阻止できることばかりではなく、昨今は様々な製剤が製造廃止に追い込まれている。

 一見ありきたりな「大黄錠」は、村田漢方堂薬局では超大人気な便秘薬であったが、製造元の一元製薬さんは、昨年、びっくりするほど値上げされたかと思う間もなく、今年になって会社自体を廃業されることになった。

 吾輩自身も愛用者であるから、泣きたいくらいだったが、幸か不幸か、一元さんとは大黄錠だけの取引だったから、多種類の他の製剤廃止の影響は皆無だった。

 とはいえ、大黄単味だけの製剤というのは超特殊なシロモノだっただけに、落胆すること甚だしい。

 2024年01月20日 日本の企業の劣化が激しい! のブログでも書いた通り、様々な優良製剤がどんどん日本から消えていく。

 この次は何が消滅するのか、戦々恐々の時代が続く。
応援したくないアンチの人が多いですね


2012年2月8日の茶トラのボクチン7歳 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 22:33| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2024年02月07日

明日の午前中は荷物の受け取りと発送荷造りが重なる日で・・・

 明日の午前中は、荷物を様々受け取る予定で、同時に発送荷造りが重なるので慌ただしくなるだろう。

 それゆえ、午前中に品切れ解消のエキス製剤を直接購入に来られるという電話の申し出の常連さんには、事情を話して午後2時以降に来訪されるように依頼した。

 というのも品切れ中だった例の漢方エキス製剤が、予定より製造が若干早まって明日の午前中の配達予定とはいえ、昼12時前になることが多い配達業者さんだからである。

 さらには、午前中に受け取っても、他にも複数の搬入があるだけでなく、発送依頼の荷造りが複数ある中にはご一家中の補充購入依頼の大量の荷造りもあり、のみならず上記のエキス製剤を心待ちにされていた常連さんに、他の常用薬とともに発送準備もあり、午前中は相当に慌ただしくなりそう。

 ところで、本日水曜日は1週間1回の食料品や日用品の大量配達がある日とて、水曜日だけは10時開店のところ、いつもと同じ9時開店にした。

 というのも偶然、先週の水曜日も、午前中の早い時間に薬の仕入れ荷物の搬入が予定されていたので、店頭で受け取らざるを得ないので、特別に9時に開店したところ、開店したと同時に、常用薬類の補充購入に直接来られた人があったので、偶然とはいえ、まことにさいわいだった。

 上記の食料や日用品の配達日を、さいわいなことに業者の方から木曜日の12時前にしてもらえないかという依頼があったので、できれば昼12時を少し過ぎてからにしてもらるよう依頼しているが、それが実現すれば、昼12〜14時の昼休みに重なるので、仕事上の支障がなくなる。

 でも、まだしばらくは水曜日のみ、変則的に10時開店が続くかもしれない。
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年2月7日の茶トラのボクチン6歳 posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 18:00| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2024年02月02日

今後はこのような謝罪事例が増えなければよいが・・・

 今月の中旬にならないと品切れが解消しない某メーカーさんの某エキス製剤。

 絶大な効果に喜んで愛用される40年来の常連さんから、あと5日分で切れるから、送ってほしいと電話による依頼があった。

 ところが在庫は皆無で、メーカーさんこそ品切れ中で製造が中旬まで間に合わない。

 叱られこそしなかったが、大いに残念がられ、妥協案としてしばらく1日1〜2包に服用量を減らして、中旬に送付できるまで我慢して欲しいと平謝り。

 この方剤を愛用している人達は、いつも一定量をまとめて購入されているので、在庫管理をしっかりしているつもりで、直ぐに補充仕入れに余念がなかったはずが、製造元が品切れとなっては補充が不可能。

 世間的にも繫用方剤であっても、あるいは繫用方剤であるからこそ、メーカーさんも販売好調で品切れというならよいのだが、現実は他社のトラブル続きで優良メーカーさんに各方剤の注文が殺到するため、製造が間に合わなくなるシワ寄せということも往々にしてあるらしい。

 先日、久しぶりに直接店頭に訪れて各種補充購入されたベテランの看護師さんも、将来私達が高齢になるころには、ますます以前のような豊富で優れた漢方薬を飲めなくなる時代が、もうそこまで来ているのでしょうか、と慨嘆されていたが、たしかに昨今の漢方業界をみていると、あながち杞憂とはいえないことだろう。
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年2月2日の茶トラのボクチン6歳 posted by (C)ボクチンの母
ラベル:品切れ
posted by ヒゲジジイ at 16:07| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2024年01月30日

いよいよ第10波がやって来た!

 先日の半ドンの土曜日だけでも、もしかして新型コロナかインフルエンザか、上気道感染の電話相談が頻繁だった。

 関東のお馴染みさんの一家が、発熱で柴葛解肌湯+板藍茶で解熱したというが、アレルギー体質の子供さんだけが、解熱後に蕁麻疹が出たというので、小児科で受診するように勧めたが、外食が多い人達のようだから、コロナ感染が疑わしい。

 関西地方のお馴染みさんは、いつものパターンで勝湿顆粒+板藍茶と金羚感冒錠のトローチで対処している人もいる。

 風邪症状といえなくもないが、先週の冷え込みの影響を受けて、くしゃみ鼻水が連発する人の相談や、いつになく胃が冷えて調子が悪くなったという常連さんの電話相談もあった。

 昨日でも、もしや下気道感染かと危ぶまれる咳嗽の相談もあったが、既に服用をはじめたという竹葉石膏湯+小陥胸湯加減方+板藍茶+白花蛇舌草で快方に向かっている模様。

 本日は昨日の過重労働の1日と異なって、高貴薬の補充注文があった以外は、とても静かな1日だったが、まだまだコロナもインフルエンザも油断がならない。
応援したくないアンチの人が多いですね


2012年1月30日の茶トラのボクチン7歳 posted by (C)ヒゲジジイ

2024年01月28日

著名人のステージ4の各種がんの公表が日々目立つが

 ステージ4のがんを公表される著名人があまりに多く、昨年末にステージ4のすい臓がんを公表された経済アナリストの森永卓郎さん(66)。

 昨日はタレントの見栄晴さん(57)が、ステージ4の下咽頭がんを患い、活動を休止することを公表された。

 その他にも女性芸能人の悪性腫瘍で闘病生活を送られている現状を公表されている人などの報道記事が頻繁だが、著名人ががんで亡くなられた報道も頻繁である。

 日本人の死亡原因の第1位は「悪性新生物」、要するに癌であるから、著名人のステージ4の公表や死亡報道を頻繁に目にするのは何の不思議もないとはいえ、昨年来、あまりにも頻繁であるように思える。

 加えて帯状疱疹や自己免疫疾患の多発、およびインフルエンザ感染が季節性ではなくなり、一年中感染者が続出するのも、すべては遺伝子ワクチンが元凶であるというフェイクニュースが蔓延しているといわれるが、まだまだ年数を重ねないと、これが本当にフェイクであるかどうかは分かるはずがない。

 世界中で戦争や紛争が多発し、異常気象による災害の多発など、地球上は悪霊に支配されたかのような悪い空気が蔓延している。

 年々人命が軽視され、自己の利益しか眼中にないサイコパスの政治家が日本だけでなく世界中で蔓延っている時代。

 日本のみならず世界中が危機的な状況、破滅に向かっている恐れなしとしない。
応援したくないアンチの人が多いですね


2012年1月28日の茶トラのボクチン7歳 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 08:01| 山口 | 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする