2018年07月13日

四逆散で人生が、少しは、明るくなる人が多い

2009年6月13日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年6月13日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 薬味の少ない古方の漢方処方は、幅広い領域に優れた効能を発揮するものがとても多い。

 茵蔯蒿湯はもとより、真武湯や猪苓湯も、芍薬甘草湯もしかりといえども、この芍薬甘草湯に関しては、日本の硬直した漢方製剤の配合規定が、芍薬と甘草が同比率というのは、現代社会においては、極めて問題が多過ぎる。甘草は芍薬の二分の一から三分の一くらいまで減らすべきである。

 それはともかく、真面目系の人達で、人生がやや暗い人達に、四逆散をたとえ少量でも他方剤と併用して、人生が明るくなる人がとても多い。

 中には受験生なとで、真面目過ぎるがゆえに、却って空回りして悲観的になっていた状況下で、四逆散のみの服用で、がぜん明るくなって、勉強に能率が上がった浪人生もいるくらいだ。

 村田漢方堂薬局では、四逆散を他薬と併用している常連さんやお馴染みさんは、想像以上に多人数。

 ところが、若い頃よりショーペンハウエルに親しんできたほど厭世観極まるヒゲジジイには、鬱を通り越して諦観に達しているのか、ぜんぜん必要としない不思議。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年6月13日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年6月13日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:四逆散
posted by ヒゲジジイ at 08:19| 山口 ☁| 時代的な傾向や使用頻度が増加中の漢方薬方剤 | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

年を取っても「いい男」のうわさ話で病気も吹っ飛ぶことだろう

古書 白秋全集 全39巻別巻1
古書 白秋全集 全39巻別巻1 posted by (C)ヒゲジジイ

 最近10日毎に通って来られている明るい女性の話。

 比較的短い余命を宣告されていても、前期高齢者仲間の年齢であっても、転移癌の漢方相談が終わったあと、付き添いの親戚の女性と二人、野球選手のハンサムボーイたちのうわさ話が延々と続く。

 その点ではサッカー選手にはあまりハンサムボーイはいないのよ、とか、そんなはずはない、川口能活選手や武藤選手など・・・と女性薬剤師も参戦する始末。

 閉店後、到着していた上記の写真「白秋全集 全40巻(そのうち別巻1)」をさばきながら、上記の女性達の何と、気持ちだけは若いことよ、と思い出してはひとりニンマリしながらベットの上に運んでいたら、いまさら白秋全集なんて、あんたこそ年甲斐もないと、皆に笑われるでしょうよ、と愚妻のあきれ顔。

 実は、白秋全集、新品同様の状態で、定価の十分の一の安価な値段で古書店で出品されていたので、あまりにも白秋さんが可哀そうに思って購入したものの、置き場に困って、とうとうベットの片隅に置くことにした。

 この狭いベットに窮屈を我慢して数日経つが、いつも一緒に寝ていた茶トラのトラちゃんの寝る場所がなくなったので、かなり不興を買っている。

追記:こんな余計なブログを書いていたら、本日検査が出たといって体調は、以前行った抗癌剤の副作用による足のシビレはまだ残っている以外は、食欲も含めてすこぶる良好、しかも腫瘍マーカーのCEAや肝機能が、一気に正常範囲に突入!との報告があった。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

一度食べだしたら止まらない最高に旨いカキ氷
一度食べだしたら止まらない最高に旨いカキ氷 posted by (C)ヒゲジジイ

2009年7月11日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月11日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 11:57| 山口 ☀| 漢方相談室での談話風景 | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

人間精神の危うさ『意識の誕生と文明の興亡』

2010年7月8日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年7月8日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 高学歴のエリート達が、オカルトの信者になって大事件を起こしたり、あるいは単独犯が、昨今も無差別殺人事件を起こしたり、邪霊に憑依されたかと思われる事件が、度々生じている。

 これらの疑問にも答えてくれるのが『神々の沈黙』という書籍かもしれない。
 
 原題は『The Origin of Consciousness in the Breakdown of the Bicameral Mind』だから、日本で翻訳されている書籍の副題『意識の誕生と文明の興亡』という副題こそ、原書のタイトルにやや近い。

 著者は、ジュリアン・ジェインズ氏で、当時、プリンストン大学心理学部教授。

 人間がいかに信用ならない動物であるかをますます補強する書籍で、人間意識がようやく芽生えたのは、たかだか三千年の歴史しかないという検証。

 ところで、日本語訳のタイトルにあるように、神々というからには、様々な神々があるもので、ジャンヌ・ダルクに囁いた神があれば、オカルト教祖の神もある。

 「神々が沈黙」して三千年たったといっても、その後も、折々に様々な神に唆される人達があるから、これが問題なのである。

 ともあれ、この書籍の大いなる価値は、文明の興亡の根本的な部分が、人間の右脳と左脳の力関係の影響の甚大さを知る上で、極めて貴重な書籍である。

 ところで、漢方をテーマとするブログに、このような書籍の紹介をすると、いつも同業者には不興のようだが、まったく不思議でならない。

 専門馬鹿になりたくなければ、様々な領域の書籍にも目を通さなければ、発想力が早晩枯渇してしまうことだろう。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年7月8日の体調を崩している茶トラのボクチン(8歳)
2012年7月8日の体調を崩している茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 22:37| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

分子標的薬による重度の皮疹や肝機能・腎機能障害の副作用に対する漢方薬は

2009年7月7日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月7日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 分子標的薬による副作用の中でも、重度の皮疹や肝機能や腎機能の障害に対して、舌の奥に僅かでも黄膩苔(おうじたい)を認める場合、多かれ少なかれ茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)が有効である。

 重度の皮疹の場合は、高濃度の茵蔯蒿湯を必要とする場合もあるが、肝機能や腎機能の障害が軽度の場合は、通常量によって正常値に戻った人では、分子標的薬を中断せずに継続できたケースもある。

 皮疹と肝機能障害の度が過ぎる場合は、分子標的薬を中止されるのは当然であるが、その後遺症を軽減・解消するにも、多くは舌の奥に黄膩苔を認めるので、やはりこの安価な茵蔯蒿湯が極めて有用である。

 僅か3味の配合ながら、茵蔯蒿湯の解毒力には、いつも脱帽するばかりである。

 古方の本領発揮の場は、様々な副作用を伴う、極めて歴史の浅い医薬品が氾濫する現代社会でこそ、不可欠である。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年7月7日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月7日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

ラベル:分子標的薬
posted by ヒゲジジイ at 15:01| 山口 ☔| 抗癌剤の副作用や抗癌剤治療の是非の問題 | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

6月30日の相談者から、丁寧なお礼のメールが届いた

2009年7月4日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月4日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

先日のブログ⇒2018年06月30日 目の下や唇の痙攣に対する漢方薬は、病因・病機によって異なるので、他の疾患と同様、頻繁に漢方薬局に通う必要あり に対する相談者から本日頂いたメール

 先日目のしたの痙攣の悩みでメールさせていただいたものです。
 突然のぶしつけな質問に対して丁寧にお返事いただき感謝しています。
 ありがとうございました。

 予定通り目の下にボトックスの注射をうけ、注射して3日たち、今朝、目の下の痙攣が落ち着きました。
 口元は注射してもらえなかったのでまだ少しぴくぴくしていますが、目の痙攣が落ち着いただけでもだいぶ気が楽になりました。

 漢方も柴胡加竜骨牡蛎湯を近くの専門の薬局で処方していただいたので、飲み続けて様子をみたいと思っています。

 ありがとうございました。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年7月4日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月4日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 12:53| 山口 ☁| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする