2017年11月17日

医師が処方する「禁煙補助剤」により、精神の変調を来した激しい副作用

2009年11月17日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年11月17日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 県外の常連さんの実際の体験である。

 ご主人のタバコにより、奥さんがいつも激しい気管支炎発作に見舞われるので、その治療に漢方薬代もばかにならないので、ようやく決心して禁煙外来に!

 医師が処方する「禁煙補助剤」は、副作用があっても嘔吐や悪心くらいだということだったが、これを投与されてもそれらの副作用は皆無ながら、次第に精神に変調を来し、高速道路では異常なスピードを出すので、奥さんが制止すると意識朦朧状態だったり、日常では感情の起伏が激しくなり、とうとう鬱症状が重度となり、あまりに精神の変調が激しいので、1ケ月で中止し、常備していた四逆散を飲むことで、ようやく元通りのご主人に戻ったということだった。

 但し、今のところタバコは吸わないで我慢されているといわれるが・・・

 しかしながらこうなると、タバコよりも怖い「禁煙補助剤」、といえそうで甚だしい本末転倒である。

 この「禁煙補助剤」なるもの、自殺や暴力といった副作用がアメリカでは報告されており、アメリカ国内での重篤事例のワースト1位はこの禁煙補助剤だと言われた時期もあるそうだから、くわばら、クワバラ!

 蛇足ながら、ヒゲジジイ自身については、タバコを止めるくらいなら・・・この先は言わないほうがよいだろうが、タバコに対する迫害は盛んだが、であればこそ、飲酒運転や酒乱の問題など、タバコに負けず劣らず問題のある酒類なのだから、禁酒法でも考えてしかるべきだろう!

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年11月17日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年11月17日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
 
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 14:21| 山口 ☁| 哲学の煙(けむり)と漢方薬 | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

体質にフィットしてないのに、小建中湯を連用することで、実際にあり得る副作用

2008年11月16日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年11月16日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:30〜39歳の女性
【 職 業 】:会社員
【 地 域 】:関東地方
【 お問い合せ内容 】:
はじめまして。
 何回か便秘のために小建中湯を飲んだことがあるのですが、毎回、小建中湯を1ヶ月ほど飲むと、便秘はよくなるのですが、なぜか急に咽頭炎になり発熱します。

 恐くなり、代わりに六君子湯を飲んだら、便秘が悪化します。

 小建中湯で急に咽頭炎になることは理論的にありえますか?

 ご回答いただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

2009年11月16日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年11月16日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 小建中湯は温める作用が強い漢方薬ですので、潜在的に咽喉に炎症が起きやすい体質であれば、そのような体質の人が小建中湯で1ヶ月も連用して温めすぎると、咽喉の炎症を誘発することは大いにあり得ることです。

 本来、体質にフィットしてない漢方薬を用いると、往々にしてその程度の問題が生じても不思議ではありません。

 漢方専門薬局に直接出向いて相談されるべきですが、既にそれを行っておられるようでしたら、もっと適切な漢方薬に切り替えてもらえるはずです。

 なお、六君子湯は、どんな体質の人でも、便秘症を治す目的で使うことは滅多にありえないと思います。

 取り急ぎ、お返事まで。

2009年11月16日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年11月16日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール:


 もともと中耳炎を繰り返すので、咽頭も弱いのかもしれません。
 免疫力が低下したのかもと怖かったので、謎がとけてよかったです。

 お早い回答どうもありがとうございました。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年11月16日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年11月16日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:小建中湯
posted by ヒゲジジイ at 23:31| 山口 ☁| 間違いや問題の多い日本の漢方と漢方薬 | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

明日の早朝、4時半には起床しなければならない!

2010年11月14日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年11月14日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 就寝後、朝の起床までに、トイレの回数はおおよそ0〜1回程度。2回のトイレということは滅多にない。

 明日の早朝の4時45分のキックオフで、日本代表が世界5位のベルギー代表に親善試合で挑戦する。サッカーである。

 大学では硬式野球部に所属してピッチャーを目指していたことがあるが、プロ野球観戦にはまったく興味はない。野球はするもので、見るものではないという固定観念が抜けきれない。選手としてするのは面白いが、他人の野球を観戦しても、あくびがでるばかりで、まったく興味がもてない。

 もともと個人競技が好きなのでボクシング観戦には目がないし、サッカーは団体競技とはいえ、ボクシング的な打ち合いという要素が多分にあるので、いつも楽しみにしている。

 蛇足ながら、30歳まで8年間1日も欠かさず、サンドバックと格闘していたもので、当時は何度もリングに上がりたいと熱望していた時期があった。
 現在の温厚な?顔貌からは、とても信じられないという人も多いが、人は見かけによらないものである(呵々。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年11月14日の茶トラのボクチン(7歳)とクロちゃん(1歳)
2011年11月14日の茶トラのボクチン(7歳)とクロちゃん(1歳) posted by (C)ヒゲジジイ
 

2017年11月13日

中医漢方薬学の優れた点は

2009年11月13日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月13日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 どんなに頑固な慢性疾患であっても、たとえ西洋医学的に病名が特定できない場合でも、丹念な弁証論治を行えば、ほとんどの場合、一定の効果を発揮して、少なくとも現状よりも好転させることができること。

 漢方医学と中医学を合体させた中医漢方薬学の、これが優れた点である。

 ブログの更新をさぼっていると、心配される人がおられるので、しぶしぶ書いてみると、いまさら言うまでもない、当然の内容となってしまった(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年11月13日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年11月13日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 23:30| 山口 ☁| 中医漢方薬学 | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

重度の寝違え(激しい首こり)の原因は、恥ずかしながら恐らく

2009年11月10日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月10日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 DAZNでヨーロッパのサッカー観戦が自由に見れるのは幸いだが、ノートPCでの観戦は面白くないので、先月になって、安価な(598円) HDMIケーブルをテレビとつぐことで大画面で観戦できるようになった。
 すると、直ぐにエスカレートして、wowowオンデマンドで洋画まで観るようになった。

 日々の仕事で疲れ切っている日でも、サッカー観戦と映画鑑賞に、とりわけ今月に入って飛び石連休の3日間は、ちょっと度が過ぎた。

 仕事に差し支えるほどの首凝りと後頭部にかけて引き攣る疼痛が尋常ではない。

 お決まりの芍薬甘草湯でさえ何の効果もないので、1〜2日目はしっかり弁証して清熱舒筋法を主体に、その後は寒熱の推移に従って様々な方剤(生薬製剤二号方や葛根湯や雲南田七にイオン化カルシウムなど)で、ようやく半減するに至った。

 ここ2日間、暇な日が続いたのも幸いした。

 それにしても、安価なHDMIケーブルという便利な文明の利器こそ、恐るべし!

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年11月10日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年11月10日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 17:04| 山口 ☀| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする