2019年05月08日

今年の花粉症で遭遇した四方山話

2019年5月8日のシロちゃん(雌6歳)
2019年5月8日のシロちゃん(雌6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 先月、東北地方の女性に、下半身の浮腫を軽減する目的で、防己黄耆湯を他薬と併用してもらうようになったところ、花粉症にこそ、かなり効果を感じるといわれた。

 こちらは、花粉症もあるとは聞かされていなかったような気がするのだが、嬉しい副効果である。
 配合中の黄耆が役立ってることと思われる。

 生理不順と不妊症の治療を兼ねて、新規で来られていた九州地方の女性が、例年通りに花粉症がはじまって目がとても痒いというので、従来の婦人科系の漢方薬とともに、あらたに茵蔯蒿湯エキスも併用してもらったところ、わずか10日間の併用で、ほとんど治まり、その後は茵蔯蒿湯は不要になっているという。

 腎機能低下で数年以上、茵蔯蒿湯+六味丸+猪苓湯が主体で、クレアチニンの正常化を得ている男性は、花粉症がひどく、上記の配合では花粉症にはビクとも効果がないので、当時、衛益顆粒(玉屏風散エキス製剤)も併用してもらったところ、超即効を得ていたが、翌年くらいからはこれを併用せずとも、花粉症が再発することはなくなっている。

 以上は、愛猫のシロちゃんの写真を貼る口実を見付けて、昨今遭遇した事例を書に過ぎない(笑。

応援のクリックをお願いします

2019年5月8日のシロちゃん(雌6歳)
2019年5月8日のシロちゃん(雌6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年05月08日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年05月08日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

ラベル:花粉症
【関連する記事】

2019年05月05日

野良猫のクロちゃんは、交通事故後の後遺症も少なく、家猫の仲間入り

2019年5月5日2代目のクロちゃん(1歳未満)
2019年5月5日2代目のクロちゃん(1歳未満) posted by (C)ヒゲジジイ

2019年04月08日 野良猫に右手を噛まれて、さあ大変! の続報。

 野良猫のクロちゃんは、交通事故による下半身の打撲がひどいので、1週間以上入院させてもらって、かなり回復したところで、家に連れ帰っても、以前のように懐かず、家の中では逃げ隠れして手に負えないので、やむを得ず、以前のように外庭に放す。

 するとどこかえ消えていき、朝と晩だけ、食事を請いにやって来るものの、他の野良猫に威嚇されることが多く、不自由な身体で歩行も不自然で、怯えた日々が続いていた。

 そんな状態が1週間以上も続いていたが、1日に3度くらい食事を請いに来るようになったころから、少し元気が出てきた模様。

 そしてある日、突然、家の中に突進して入り込むと、一目散に10m以上ある廊下を、やや不自由な動作ながら勢いよく走って、家の中のどこかに消えてしまった。
 これは家で飼ってほしいというデモンストレーションに違いないと、ようやく一安心。

 ここ1週間は、交通事故前のように、先住猫3匹分と同量の大食が続いている。

 しだいに5〜6歳の先住猫たちと、僅かずつではあるが馴染みつつある昨今。
 まだまだ怯える兆候が残っているものの、あとは時間の問題だと思われる。

応援のクリックをお願いします

2019年5月5日2代目のクロちゃん(1歳未満)
2019年5月5日2代目のクロちゃん(1歳未満) posted by (C)ヒゲジジイ

2012年05月05日の茶トラのボクチン(ほとんど8歳)
2012年05月05日の茶トラのボクチン(ほとんど8歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:野良猫

2019年04月28日

間質性膀胱炎をますます悪化させていた原因は美容目的の生野菜の大量摂取!!!

 医療関係者ながら、間質性膀胱炎で、極めて長期間、あらゆる治療や繰り返しの手術にも抵抗して治らず、終日続く続く下腹部の鈍痛と排尿時の不快感。

 明らかに冷えが原因となっており、あらゆる状況から当帰四逆加呉茱萸生姜湯+猪苓湯を10日間服用してもらっても、案に相違して、まったく無反応!

 手足も、肝腎な腹部も温まる兆候は皆無で、諸症状も不変だという。

 ところが、初回にチェックし忘れていた大問題を発見!

 10年以上前から、美容目的で日々大量の生野菜やグリーンスムージー、刺身なども含めて、生ものの大量摂取のオンパレード!

 資格が必要な医療関係者であっても、これがいつまでも間質性膀胱炎を治らなくさせている原因であることを疑いもしなかったことに、こちらは驚くばかり。

 こういう食事を続けている限り、いつまでも治らないばかりか、よっぽど大量の当帰四逆加呉茱萸生姜湯を使用しない限り、ほとんど効果も得られないだろう。

 というよりも、現在の食習慣をすべて改め、即刻、煮た野菜類を中心に、果物もレンジして食べるくらいに徹底して、生(なま)のつくものは、一切摂らないようにするなど・・・最近は、ダラダラとブログを書くのが面倒になっているので、過去に書いたブログ

2014年08月05日 生野菜や冷えた果物の常食によって膀胱炎を慢性化させてしまっていた実例 

 などを参照されたい。
 その他のところでも比較的詳細に何度も繰り返し、書きなぐったはずである。

応援のクリックをお願いします
 
2012年04月28日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月28日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ
 
ラベル:間質性膀胱炎

2019年04月23日

27日(日)〜令和元年5月6日(月)まで、9日間の長期休業が続くので

 我が薬局では、今月27日の日曜日から、来月の6日(月曜日)までの9日間の長期休業になる。

 さすがに用心深い人達は、昨日22日(月曜日)には、長期の連休を見越して、やや早めに補充購入に来られる人や、発送を依頼する人で、とりわけ午前中が、ごった返した。

 運送のクロネコさんも日々、集荷と配達荷物が増え続けて気の毒なほど。

応援のクリックをお願いします

2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ボクチンの母

 
posted by ヒゲジジイ at 07:51| 山口 ☀| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

補陽還五湯エキス剤を本来あるべき効果を発揮させるための工夫

 日本で製造される補陽還五湯のエキス製剤は、本来この方剤としては、かなり大量に配合されるべき黄耆が、1日量が僅かに5gというのでは、この方剤の立方趣旨から考えても、あまりに少な過ぎる。

 中国における標準的な黄耆の配合量は、1日量で30〜120gであるから、せめてそれに少しでも近づけるには、衛益顆粒(玉屏風散エキス製剤)を併用すれば、1日量に黄耆がさらに6g加わって、合計11gに増やすことができる。

 補陽還五湯は、脳溢血で急性期を過ぎて出血がしっかり止まって以後の後遺症の治療目的として創方されたものであるが、各種の脳血管障害の後遺症に効果が期待できるもので、それ以外でも頚椎症による両手のシビレなど、様々な領域にも応用が可能である。

 それゆえ、補陽還五湯だけを様々な角度から論じた書籍が中国で発売されており、極めて参考価値が高いだけに、日本語に翻訳出版が期待されるくらい重要な方剤である。

 村田漢方堂薬局では、補陽還五湯がフィットしていると思われるケースで、期待するほどの効果を発揮してくれない場合には、必ず上記の衛益顆粒など、玉屏風散エキス製剤を併用してもらうことで、ようやく効果を発揮できたというケースもある。

 但し、本来大量の黄耆が主薬だけに、気虚が明らかでない場合は、使ってはならない。

 ともあれ、漢方薬は、適切な薬用量も重要だが、多くの場合、品質問題のほうが、より大きいケースも多く、それゆえに前回のブログで、重要な参考文献として
成川一郎氏の「漢方製剤の偽装」を読んで感じたこと
というリンクを貼り付けて、薬用量以上に、製造メーカーによっては、品質問題の方が重要ではないかという実例(保険漢方で効果がなかった茵蔯五苓散+猪苓湯が、保険適用外の二分の一濃度のエキス剤で著効を得たという証人の多い実例)に注意を喚起したものであった。

 しかしながら、たとえ品質優良であっても、時に薬用量が足りないために、まったく効果を発揮していなかったというケースもあるが、これを見分けるのは比較的至難の業かもしれない。

 最近遭遇した実例では、ご高齢者の進行した肺腺癌で、進行が早く、胸水が溜まってかなり呼吸が困難になりつつあるのに、五苓散料エキス製剤の通常量では、まったく効果を発揮しなかったのが、薬剤師のご家族の提案もあって、中国で一般的に使用される四分の三量まで増量したところ、一気に胸水が減じて呼吸が楽になったという報告を得たばかり。

 日頃から定評のある五苓散料エキス製剤であったが、病状の内容によっては、品質問題のみならず、薬用量の多寡によって、無効か有効かの大きな分かれ目が生じるケースもあるのが現実である。

 翻って、日本で販売される補陽還五湯は、方剤の趣旨から考えても、黄耆の配合量が極端に少な過ぎるので、せめて衛益顆粒(玉屏風散エキス製剤)の併用するなどの工夫は考えておく必要があるだろう。

応援のクリックをお願いします

2012年04月20日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月20日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ