2024年03月30日

頭の切り替えに苦労した耄碌ジジイの3月の最終営業日

 毎月、月末は皆が忙しいのか、最終日は決まってヒマな1日となり勝ち。

 しかも本日は土曜日とて半ドンで、珍しく発送依頼も皆無。

 そこで気分は半分休日シフト。

 ヒマにまかせて、古典書籍(といっても『方丈記』)の世界にどっぷりと漬かっている最中のことだった。

 あらためてじっくりと再読する『方丈記』の中の「地震」を、当時は「なゐ」と発音し、読んでいたことに感心するやら驚くやら。

 しかも当時の悲惨な社会状況の世界にどっぷりと漬かっている最中に、突然、感染症の予防兼治療関連の漢方一式を補充購入に来られたお馴染みさん。

 ちょうど女性薬剤師は用足しに別棟に移動している最中だったので、レジ打ちに苦労すること甚だしい。

 それぞれの販売価格を思い出すのに苦労して、みじめな耄碌ジジイの哀れな姿をたっぷりと晒してしまった!

 それでも嬉しい報告もあった。

 ご親戚の肝臓癌患者さんのその後は、一時は影が濃くなりかかっていたものが、昨今またまた影が薄くなっているので、西洋医学治療はせず、さらに様子見を続けることになっているとのご報告。

 この様子見のままが1年以上も続くのは、我が薬局の「伝家の宝刀3点セット」を主体にした漢方薬類が明らかに有効に作用している証拠だろう。

 ついでに言えば、昨日補充購入に来られた前立腺癌ステージ4の男性も、腫瘍マーカーがほとんどゼロに下がったまま、自覚症状も皆無で食欲・体力ともに万全とのこと。
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年3月30日の茶トラのボクチン(6歳半) posted by (C)ボクチンの母

2024年03月28日

ときには標準治療の抗癌剤が寿命を縮めるかもしれない

 経済評論家の森永卓郎さんが、最初はステージ4の膵臓癌といわれていたが、実際には末期の不明癌ということが判明したという。

 まったく無症状で自覚的には何の問題もなかった時期に、たまたま検診で発覚したものだといわれる。

 ご本人に何の異常も感じない自覚症状が皆無の段階で、ステージ4の膵臓癌と宣告され、さっそく始まった抗癌剤治療が、まったくアダとなり、激しい副作用のオンパレード。

 危うく抗癌剤で命を亡くすところだったようだが、少なくともかなり寿命を縮めたのではないかと思われる。

 こんなことなら、無治療で放置しておいたほうが、かなり長期間元気で過ごせていたかもしれない。

 現在は自費で超高額な「免疫療法」を受けられているというが、手前みそながら、根治は望めないなら、我が薬局の「伝家の宝刀3点セット」を服用されれば、もっと元気を回復して、少しは寿命を延ばせるのではないかと思ってしまう。

 親子で経済評論家で名を上げ、これからますますご活躍を期待されながら、世の中良いことはいつまでも続かない仕組みは、この世のほぼ確実な掟(おきて)となっているとしか思えない。

 蛇足ながら、ここで思い出すのが、いつまでも通訳を必要とする大谷選手も、まさに絶頂期を迎えていた時に、急転直下。

 海外で活躍するサッカー選手達と違って、何年経っても現地語(彼の場合は英語)が自由に話せないことが悲劇を招いたとしか思えない。
応援したくないアンチの人が多いですね


2012年3月28日の茶トラのボクチン7歳半 posted by (C)ボクチンの母
ラベル:抗癌剤

2024年03月26日

「フランスの聖母」から我が誕生日祝いのメール、に対する絶望的なお返事

どうしてどうしてっ!

 冥土の旅の一里塚である誕生日を、老齢の進行という、いよいよ絶望的な記念日が、若いころと違って、間違っても嬉しいはずがありません(涙。

 フランスで出現したルルドの聖母と思いきや、〇〇〇さんもかの聖母のような嬉しいお便りであって欲しいものです(苦笑。

 それにしても各年代で様々な異なった場所に出現される聖母マリアさんの奇跡あるいは奇蹟の数々は、間違いなく彼岸が存在するアカシに違いありませんね。

 とはいえ、日本の観音さんと違って聖母マリアさんは、もっぱら慈愛溢れる、というばかりではなく、時にはやや戦闘的なお励まし、もおありであることに、竹本忠雄氏の著書でも、些か驚かれていますね。

 さいきん、竹本忠雄著『未知よりの薔薇 全八巻』を読了するにあたって、過去、マルロー氏との関係で、フランスと日本は精神世界でも深く通じることろがあったことに驚いています。

 まずはともあれ、悲しい誕生日なれど、おたよりありがとうございました。

 このメール、お名前を伏せて、そのままブログに貼り付けようかと企んでいます。
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年3月26日の茶トラのボクチン(6歳<半) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:聖母 聖母マリア

2024年03月24日

「哲学の煙」は本人はともかく副流煙を被る人には最悪!

 我が薬局の女性薬剤師は、長年後鼻漏と折々の咳嗽に悩まされ、常に辛夷清肺湯と天津感冒片(先年製造廃止)の常用を必要とすること多年。

 原因は明らかに男性薬剤師が家庭内でも「哲学の煙」を嗜むからであった。

 ところが10年以上も前だったか、一念発起して、家庭内では吸わないことにして、必ず裏庭に出て、空の下で嗜むことにしたところ、ほどなくして後鼻漏がなくなり、めったに咳が出ることもなくなった。

 といっても、外で吸った後に、しっかり肺の空気を吐き出すことを怠って家に戻ると、呼吸から漏れる僅かな煙の残りが影響して、咳き込むことがたまにある程度となっている。

 少なくともここ10年以上は、まったく辛夷清肺湯を必要としなくなっている!

 ひるがえって、前回のブログで取り上げた前期高齢者の常連さんは、ご主人がいまだに家庭内で換気扇もしないまま、プカプカ煙をバラまき続ける日々。

 それが原因で、黄色の後鼻漏や慢性気管支炎で、折々に咳き込んで、胸が痛くなる小陥胸湯証が固定的であり、しばしば辛夷清肺湯や竹葉石膏湯なども一時的に必要とする日々を送られていた。

 それゆえ、今回のように柴葛解肌湯を必要とする急性熱性感染症に罹患したものの、いったんはそれで治りかけても、急性副鼻腔炎と急性気管支炎を同時に惹起して高熱を発したものと思われる。

 とはいえ、新型コロナが目立って流行っている地区だけに、これに感染した可能性大であるが・・・。

 さいわい先の配合で、半日で平熱となり、1週間でほぼ気管支炎も治まったので幸いだったが、彼女のご主人が、我が薬局の男性薬剤師のように「哲学の煙」を戸外で嗜む習慣を身に着けない限り、今後も一生涯、この常連さんの女性を苦しめることになるだろう。

 たとえ嗜む本人には有益でも、副流煙を被る身近な人達には、多かれ少なかれ害毒となることは想像以上にひどいものである。
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年3月24日の茶トラのボクチン6歳 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 16:10| 山口 ☔| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2024年03月22日

昨今でも新型コロナ感染により肺炎で死亡する人が・・・

 2024年03月12日 新型コロナが九州の某県では大流行中! の続報。

 11日に、前期高齢者の常連さんの女性が、柴葛解肌湯証を呈して服用後、12日の報告では、昨日1日4回の服用でほとんど快癒しつつあるとのことだったが、午後になると急に38度6分の発熱をみて、気管支炎症状が激しく、胸苦しさと気怠さに食欲不振。

 近隣でもコロナから肺炎になって死亡された人がおられるので、心配されるのも御尤もである。

このような急変症状の報告が13日の朝あったので、急遽、辛夷清肺湯・竹葉石膏湯・小陥胸湯加減製剤+地竜+白花蛇舌草+板藍茶+金羚感冒錠少量トローチなど多種類の併用に切り替えてもらったところ、翌日の14日には一気に平熱となり、気管支の症状も急速に改善したものの、もともと気管支が弱く、慢性的な軽度の副鼻腔炎が潜在している人なので、しばらくこのまま続けるようにアドバイスしていた。

 このような超即効には、いたく感動されていた。

 それから1週間、本日は問題の胸部のみならずあらゆる部分の熱感が引いて、むしろやや冷えるくらいで、もとの元気な状態にほとんど回復したとの報告を得たので、継続していた辛夷清肺湯・竹葉石膏湯・小陥胸湯加減製剤はいったん完全に中止して、もともと愛用されていた柴胡桂枝乾姜湯主体に切り替えるようにアドバイス。

 というよりも、ご本人自身もそろそろ同様の切り替えをすべきだろうと予測されていた。
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年3月22日の茶トラのボクチン6歳 posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:新型コロナ