2019年02月05日

最期まで抗がん剤治療に苦しめられた身内の実例によるトラウマ

2007年02月05日の茶トラのボクチン(2歳)
2007年02月05日の茶トラのボクチン(2歳) posted by (C)ボクチンの母

 ご自身が末期がん(ステージ4)になられて、頑強に抗がん剤治療を拒否される人達の理由が、ご家族や親戚の人の中に、抗癌剤治療によって亡くなるまで、その副作用に苦しめられ続けたのを身近で目撃されていたからである。

 それでも、ほんとうに必要で有効性があるものなら、漢方薬類と併用しながら使って見られたらどうかという説得に乗られ、うまく副作用が軽減できて、かなり好転されるケースもあれば、ほとんど副作用を軽減できずに、抗癌剤治療を断念されるケースもある。

 現実には副作用をかなり軽減できるケースが多いのだが、抗癌剤の副作用に耐えれらず、断固拒絶して、漢方薬類だけに頼ることになった人達は、急速に体調が持ち直して、余命宣告の期日を過ぎること半年以上になっても、進行が遅々としている人達も多い。

 ともあれ、末期がん(ステージ4)といえども、たくさんの症例の中には、卵巣転移を生じていたスキルス胃がんの女性が根治して十数年、地元で生き証人がおられるのみならず、昨今でも肺腺癌で脳転移や骨転移があった人達が、いずれも基本的に消滅して、ときに胸部に転移が生じても直ぐに消滅したり、あるいは現在進行形で胸部の転移1つだけが残ってはいるものの、既に3〜6年以上経過している人達や、食道癌が気管支に浸潤していた人も基本的に消滅したまま5年をはるかに経過している人、悪性リンパ腫で全身にひろく転移が生じていた高齢者でも抗癌剤との併用で完全寛解して7年以上など、現時点でも、経過のよい人をあげればまだまだ相当数に上る。

 このような現実を知る数十年来の常連さんたちは、そういう段階の人達をたくさんかかえて「神経が参りませんか?」と心配されるが、この仕事を始めて初期の若い頃、自身の父親(脳転移などを生じていた食道癌)が漢方薬類によって比較的経過がよかったなど、それを知る医師による様々ながん患者さんたちの紹介などもあって、多くの末期がんの人達の漢方相談を受けることも多かったお陰で、日々神経を使いまくるのが日常的な習慣になっている。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年02月05日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年02月05日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 13:08| 山口 ☀| 抗癌剤の副作用や抗癌剤治療の是非の問題 | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

漢方系の健康食品の開発、『漢方の臨床』誌、本年の「新年のことば」

2012年01月30日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月30日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 今年も例によって、『漢方の臨床』誌1月号に「新年のことば」の特集が発行された。

 そこで、ヒゲジジイの書いたものだが、読み直してみると短文であるというのに、後半の文章が乱雑な悪文。いよいよ焼きが回ったかっ!?
新年、おめでとうございます。

 私自身も何度か繰り返してきた尿路結石。数年前、排石に有用な猪苓湯の効果をサポートする健康食品をコタローさんに提案して実現した商品「石流茶」は、さいわい好評を博しました。

 本年は、腹水に対する補気建中湯や分消湯の効果をサポート可能な健康食品を、今度は別の某社に提案して製品化まであと一歩となりました。この製品が実現しますと、それ以外の領域の多くの方剤の補完的な健康食品として貢献できた過去の実績もあるだけに、いよいよ最後の置き土産となるかもしれません(呵々。
1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年01月30日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月30日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:石流茶
posted by ヒゲジジイ at 12:16| 山口 ☁| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

20年以上経過して、いつの間にか白血球数7,000に下がった慢性リンパ性白血病だが

2012年1月25日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年1月25日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 このブログでも何度か書いたことのある慢性リンパ性白血病の女性。

 初期には白血球は3〜4万が続いていて、細菌感染やウイルス感染、リンパ節の腫脹などの問題が大きかったこともあって、最初の10年間は毎月欠かさずご主人の運転される車で直接通い詰め、それらの問題がほぼ完全にクリアされて以後の10年間は、通信販売に切り替えられている。

 1年前までは、まだ16,000前後だった白血球数が次第に下がって、最近ではいつの間にか7,000になるなど、正常範囲に下がっている。(実際にはリンパ球の占有率等の問題も大きいのだが)

 とはいえ、ご本人はやや怪訝な声で、いつもの漢方薬類の補充購入依頼の電話ついでの報告である。

 それで体調は如何?と問えば、あまり良いとは言えない、昨今歳のせいか、だるいのだといわれる。

 20年前にはしばしば問題になっていたウイルス感染や細菌感染については、どうか?と問えば、まったく問題ないと。

 ハハ〜ンっ!
 とすれば80歳近い年齢による体力低下に違いないので、やむを得ないのでしょう。漢方薬を長年利用中の事実をご存知の主治医の先生からも、何の問題の指摘もないのだったら、ほとんど根治に近いくらいに思っていてもよいのかもしれませんよ。

 感染症の問題もなければ、やはり歳のせいでしょうから、でも、百歳までいけるかもしれませんよ!

 これが励ましになったかどうかは不明(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年1月25日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年1月25日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 14:30| 山口 ☁| 慢性リンパ性白血病 | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

「試しに一度飲んで見られませんか?」などのおべんちゃらは、絶対にあり得ない

2011年01月23日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月23日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 少ないスタッフの我が漢方薬局においては「お話だけでもお聞きしたい」と直接やって来られる人達ほど、有難迷惑なことはない。

 いつも説得してご帰宅願うのに、一苦労である。仕事の邪魔になるばかりで、貴重な時間の損失は計り知れない。

 先日も、こちらのホームページを見たからやってきたという人も、文字通り「見た」だけで、読まれたわけではない。

 「お話だけでもお聞きしたい」という人達は暇人としか思えない人ばかりで、質問攻めのテクニックに長けておられるので、いかにしてお引き取り願うか、苦心惨憺、ほとほと疲れ果てる。

 いまさら、迷っている人や、お話だけでよい人たちにまで、漢方薬の優れた点を縷々説明して、「試しに一度飲んで見られませんか?」などのおべんちゃらは、絶対にあり得ない(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年01月23日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月23日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 13:00| 山口 ☀| ありがた迷惑な話 | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

アトピー性皮膚炎の状況変化による漢方薬微調整のご質問

2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:30〜39歳の女性
【 職 業 】:医療関係
【 地 域 】:関東地方
【 お問い合せ内容 】:こんばんは

 アトピー性皮膚炎でお世話になっている●●です。
 薬の注文をする前にご相談したくてメールを送らせていただいております。

 携帯を買いかえたら今までのメールが見られなくなってしまい、先生のメールアドレスがわからなくなってしまったので、こちらのメールフォームを使わせていただいております。

 アトピーは落ち着いています。
 ただ、季節的なものなのか薬を服用していると体がとても冷える感じになってしまいました。
 今、服用しているのは一回量で、茵陳蒿湯1包・猪苓湯1包・杞菊地黄丸3丸・ガジュツです。

 また、10日位前から首と肩の凝りや後頭神経痛が出ておりましてそれも冷えかなと思っています。葛根湯を何度か服用し、後頭神経痛はだいぶ良くなりましたが、首と肩凝りはあまり変化ありません

 後頭神経痛等が出たことで思い当たる点が一つあります。職場でインフルエンザが流行ってしまい、職場の指示でタミフルを数日予防で服用していました。飲み始めた次の日から後頭神経痛等が出始めました

お聞きしたいのは葛根湯はしばらく服用したほうが良いのか、それとも、今服用している薬を調整したほうが良いのか…です。
 お時間のあるときに返信くださると助かります。

2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:


 漢方薬を服用することによって身体が冷えるのは、茵蔯蒿湯がやや冷やす作用があるので、これを中止してみるとよいと思います。

 また、葛根湯は温める漢方薬ですが、「後頭神経痛」だけでも効果があるのでしたら、続けておくとよいと思います。

 というのも、アトピー性皮膚炎でも特殊なケースでは、葛根湯がフィットする時期が、意外にあるものですので、あきらかにアトピーに悪影響が出ない限りは、この寒い時期、しばらく続けておくのがよいと思います。

 茵蔯蒿湯は、また季節によっては必要になることがあると思いますが、現時点では休んでみるとよいと思います。
 取り急ぎ、お返事まで。
(最近、ブログが寂しいので、使わせてもらうかも・・・。)

2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール:

 早速のお返事ありがとうございます。茵陳蒿湯を中止はまったく思い付きませんでした!これから夜の漢方を服用するつもりだったので、さっそく試してみます。

 葛根湯は常用してはいけないものだと思っていました。
 葛根湯が必要になる時期もあるんですね…しばらく服用を続けてみます。

 あ、これがブログのネタになるならぜひ使って下さい!クリックいっぱいします!

 それでは、薬の注文もお願いします。送っていただきたいのは(以下略)

2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

折り返しのお返事メール:


 最近、ブログをなかなか更新できないので、助かります!

 現在のように服用する都度、冷えを感じるのは配合バランスが悪くなっている証拠ですので、いったんは、茵蔯蒿湯を中止して、そのかわりに温める作用のある葛根湯でしばらく様子を見るのが順当です。

 しかしながら、茵蔯蒿湯を中止して、葛根湯を続けることで、万一、痒みが出てくるようでしたら、そのときこそは茵蔯蒿湯を再開するとバランスが取れると思います。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月20日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 19:57| 山口 ☀| アトピー性皮膚炎や慢性湿疹など痒みを伴う皮膚病 | 更新情報をチェックする