2018年06月26日

抗癌剤の副作用問題は、患者も賢くないと、医師任せでは危険なときがある

2012年6月26日の体調を壊した茶トラのボクチン(8歳)
2012年6月26日の体調を壊した茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

 抗癌剤のような毒性の強い医薬品は、専門医によって適切に使用されるべきだが、往々にして杜撰に扱われることが多いらしい。

 先日も、静岡がんセンターで、男性が抗がん剤の副作用で肝機能障害を起こし、血液検査では基準を超える値が出ていたのに、担当医らが結果を見逃して抗がん剤投与を続けた結果、2週間後に劇症肝炎を生じて亡くなられたという。

 身近な例でも、先日も少し取り上げた、イレッサの副作用が想像以上に激しく,GOTやGPTが一挙に300以上に跳ね上がり、極度の疲労倦怠感と食欲不振に顔面に猛烈な皮膚湿疹を発症して、あまりの苦しさにイレッサ継続を拒否されたケースでは、これを使わなければ余命半年だと告げられていた。

 しかも本人が希望すれば、なおも続ける意向だったというから恐ろしい話である。そのまま続けていたら静岡の例と同様に、劇症肝炎を発症して、命の危険に晒されていた可能性があった。

 個人差があるにせよ、往々にして固形癌においては「癌より怖い抗癌剤」となるケースも珍しくない現実がある。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年6月26日の体調を崩した茶トラのボクチン(8歳)
2012年6月26日の体調を崩した茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 17:10| 山口 🌁| 抗癌剤の副作用や抗癌剤治療の是非の問題 | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

一般的な糖尿病は、真面目に続ければ漢方薬類のみでコントロールできるのだが・・・

2009年6月24日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年6月24日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 以前、救急医療の専門医の先生が、真面目な医師ほどHbA1cが6以内にしっかり治めようと、血糖降下剤やインシュリン投与を続けられるが、このために急な低血糖を生じて、救急車で運ばれて来ることが年々増え続けているという、やや皮肉っぽい表現ながら、警告されている記事を読んだことがある。

 とはいえ、通院治療ではなかなかHbA1cが下がらず、漢方相談に来られる人達では、相対的に女性達は真面目に続けられるので、遅かれ早かれ、血糖降下剤も、インシュリン投与を受けていた人達でさえも、いずれは不要となって漢方薬類だけでコントロールできるようになる。

 漢方薬類だけでは、どんなことがあっても、低血糖を生じることはあり得ないので安心だが、当初は血糖降下剤などと併用せざるを得ない時期があるものの、HbA1cが7以内になりはじめると、とりわけ6以内となれば以ての外であるから、早急に主治医に休薬の相談をしてもらって、急な血糖降下による事故を未然に防ぐように進言して、いずれも成功している。

 ところが、男性になると、総じて女性に比べて、理屈っぽい割には、真面目に続ける人ばかりとは限ない。

 これは糖尿病に限らず、他の生活習慣病の人達に言えることで、真面目な女性達に比べて、男性の好い加減さが目立つ昨今、だから男性が相対的に長生きしにくいはずである。

 かく言うヒゲジジイは昨今、「練乳かき氷」という氷菓子に夢中になり、毎日、恥ずかしくて人に言えないほど食べ過ぎては、藿香正気散を常用する始末。

 氷菓子の過剰摂取は、身体に最悪であると分かっていても、これがやめられないとはいえ、もしも同様な悪事を働いている漢方相談者がいれば、とうぜん職業柄、厳重注意を与えることは必定で、これは個人生活と仕事上は、まったくの別問題という訳で、そこには矛盾というものは皆無である(呵々。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年6月24日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年6月24日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:糖尿病
posted by ヒゲジジイ at 15:57| 山口 | 糖尿病 | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

食道癌の漢方サポートには、六味丸が基本方剤となりやすい中医学的理由

2010年6月22日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年6月22日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 中医学入門当初から、だから30年以上も前の中医学書籍によって理解していたので、食道癌の漢方サポートにおいては、六味丸を基本方剤に据えることが多かった。

 最近6月、日本で出版された季刊『中医臨床』誌の通巻153号において、鄒大同氏が『がん治療における補剤〜最近の研究動向〜』と題された論説でも、同様な記事が掲載されていた。
食道がんは中医学では「噎膈」といい、陰虚をベースに、気・痰・瘀が交阻し、胃の通降が失するのがおもな病機であり、陰虚はその基本である。
と書かれており、基本方剤としては加味六味地黄湯ということで、六味丸を基本に白花蛇舌草など、いわゆる抗癌中草薬類を各種配合したものを提示されている。

 要するに、食道癌の中医学的な病理機序は、陰虚をベースに、気・痰・瘀が交阻し、胃の通降が失調している状況が比較的よくみられる、ということである。

 実際に、村田漢方堂薬局における進行した食道がんで、手術不能ながら、抗がん剤と放射線治療に加えて、設置した胃ろうから、六味丸を基本とした多種類の漢方薬類や中草薬類を注入すること1年。

 その後は、主として上記の漢方薬類のみで、既に5年近く、根治が期待できる状況を迎えつつある実例がある。

 なお、六味丸の詳細な解説としては、『六味丸 (六味地黄丸)の中医学的文献』が参考価値が高いと思われるが、ここにも食道癌に関連した以下の記載がある。
本方は食道上皮細胞の異常増殖(食道癌の前駆的病変)に用いて一定の効果があり,異常増殖の好転と癌細胞化防止を促進する一定の作用を示す。
1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年6月22日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年6月22日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:食道癌 食道がん
posted by ヒゲジジイ at 13:40| 山口 ☁| 食道癌・進行した胃癌・ステージ4 | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

不快な咽喉の違和感が、熱湯茶の愛飲を中止したら3週間で7割消えたというが

2010年6月21日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年6月21日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 2018年05月29日 食道癌の危険性から、熱湯茶を愛飲している女性に、即刻やめるように厳重注意! のその後の経過である。

 先日、常用されている胃腸関連の補充購入に来られた折の報告。

 数十年続いた熱湯茶の愛飲を完全に中止したところ、ここ3週間で、あの悩ましい咽喉の不快な違和感が7割取れたと喜ばれていた。

 しかしながら、既に食道に発癌の恐れがないか、検査するようにアドバイスしたものの、行きそうにない雰囲気である。

 彼女の場合、熱飲を中止して以後、症状は7割改善しているのだから。熱湯茶を中止しても、症状が不変だったり、増悪するようであれば、即刻検査に向かうべきであるが、あきらかに軽減しているだけに、大丈夫とは思っても、万が一ということもあるので、念のため、検査に行くべきだとは伝えていたのである。

 ともあれ、癌は早期発見、早期治療が、必ずしもよいとは言えないこともあり、たとえば前立腺癌の一部がよい例で、知る人ぞ知る。

 実際の臨床医こそ、本音のところではそのように思っている医師も少なくないのが実情だが、オマンマのくいっぱぐれの憂き目にあいたくないばかりに、世間の常識に同調しているだけ、という医師は、いないとは思うけど・・・(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年6月21日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年6月21日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 13:13| 山口 ☁| 食道癌・進行した胃癌・ステージ4 | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

数年ごとに尿路結石の激しい疼痛発作を繰り返し・・・

2018年6月17日のスコちゃん(雄5歳)
2018年6月17日のスコちゃん(雄5歳) posted by (C)ボクチンの母

 頂き物の酒類がたくさんあるので、日々嗜んでいたら、突然持病の尿路結石発作が再発したという男性。

 夜中1時に、救急車を呼ぼうかと思うほどの地獄のような激しい疼痛発作!

 例によって例のごとく、久しぶりに、4包ずつ残っていたのをさいわいに、猪苓湯+石流茶を続けて2回服用することで、事なきを得たとて、昨日、慌てて補充購入に来られた性懲りない男性がいた(苦笑。

 蛇足ながら、ヒゲジジイ自身は、哲学の煙は嗜んでも、酒類は一切無縁。

 昔むかし、酒の席で醜態をさらす男女の醜い振る舞いを目撃するにつけ、アルコール酒類は、絶対に飲む気にはならないのだった。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2018年6月17日のスコちゃん(雄5歳)
2018年6月17日のスコちゃん(雄5歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年05月19日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年05月19日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:尿路結石 石流茶