2019年05月21日

90歳を超えた数十年来の常連さんたちは

 最近、今年98歳を迎える前になって、牛黄製剤や霊芝含有食品を主体に40年近く多種類の漢方薬類を愛用されていた女性が、麝香製剤大黄製剤疎経活血湯エキス製剤の3種類しか飲むのが困難になってきた。

 この女性は、あらゆる合成医薬品で副作用が激しく、一切受け付けない特殊な体質だったので、あらゆる疾患をすべて村田漢方堂薬局の漢方薬だけで解決して来たものだが、さすがに100歳近い高齢になると、身体的には大きな問題は皆無というのに、長年愛用していた漢方薬類も、最低限必要なもの以外は服用するのが困難になった模様。
 
 昨年までは、漢方薬類や漢方系の健康食品類を10種類以上、40年近くも、1日どころか1回も欠かさず服用されていたものだが、それでも、上記の3種類だけは欠かせないものらしい。

 過去、常連さんの中には、「霊芝+かわらたけ+梅寄生」の3種類の煎じたものを90歳になるまで数十年以上愛飲していた男性が、やや老衰もあってか、飲むのが飽きたということで、これを中止していたところ2〜3年後になって、はじめて悪性腫瘍が見つかったものの、まったくの無症状ゆえ、特別な西洋医学治療はしないまま、老衰で亡くなられた。

 蛇足ながら、数ヶ月前、ウチダ和漢薬の要請もあって、村田漢方堂薬局で長年多くの人に頗る評判のよかった上記の「霊芝+かわらたけ+梅寄生」の3種類とまったく同じ成分のエキス化が実現し、我が薬局の女性薬剤師のネーミングによる「霊竹梅」という製品名で、新発売された。

 ともあれ、村田漢方堂薬局の漢方薬の愛用者でもっとも長生きされた人は、あと数日で100歳を迎える一歩手前でお亡くなりになった男性は、最期まで救心製薬の「霊黄参」という牛黄製剤を長年愛用されていた。

応援のクリックをお願いします

2009年05月21日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年05月21日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:霊竹梅
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:13| 山口 ☔| 漢方薬や漢方系健康食品の長期連用によるメリット | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

我が家の4匹の天使たち

2019年5月16日の全4匹の我が家の天使たち
2019年5月16日の全4匹の我が家の天使たち posted by (C)ボクチンの母

 ようやく野良猫の2代目クロちゃん(1歳未満)も、5〜6歳の先住猫たちと馴染んで、一緒にくつろぐことも増えてきた、

応援のクリックをお願いします

2019年5月16日の二代目クロちゃん(一歳未満)
2019年5月16日の二代目クロちゃん(一歳未満) posted by (C)ボクチンの母

2010年05月16日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年05月16日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:天使

2019年05月15日

小谷野敦という物書きのおっさんに、過去、こんなことを書かれていた!

 このおっさんの本、過去には相当数読んで、大ファンだったのだが、この一件以来、大嫌いな物書きになった。
2014-11-10
http://murata-kanpo.seesaa.net/article/408277870.html
 『バカのための読書術』にアマゾンレビューを書いていたやつ。「イジケタ国家観」というのはどうせ天皇制のことだろうと思い、『天皇制批判の常識』を読め、とコメントしたら、買ったが埃をかぶっている読んでないと返答があった。匿名のやつは相手にしないことにしていたが、この村田恭介という漢方薬局店主であることが分かったので電話した。(10日12時10分)。

 ところが「いじけた国家観」とは何かと訊いても「東大出ていてそんな読解力もないんですか」と言い、「天皇制のことだろう」と言っても同じことをくりかえして「不愉快になってくる」と言って切りやがった。不愉快なのはこっちだ。

村田恭介。1950年下関市生まれ。大阪薬科大学卒。著書に『求道と創造の漢方』東明社 1985

 長州の村田清風の末裔でもあるのか。
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20141110より

 村田恭介は、村田清風の末裔ではなく、長州藩士、重藤林左衛門の末裔(戦前の戸籍には士族、重藤林左衛門と記載)である!

 証拠として、戦前の和紙に印刷された戸籍謄本が、しっかり残っている。

 ともあれ、昨今、物書きのおっさんでは、先日、俳優の佐藤浩市を非難した百田尚樹氏こそ、健全で日本人の鑑であると考えている。

応援のクリックをお願いします ⇒ 

2009年05月15日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年05月15日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:小谷野敦
posted by ヒゲジジイ at 16:10| 山口 ☀| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

カード決済を導入しない理由

 最近、カードは使えませんか?と聞かれることが増えている。

 しかしながら、恐らく半永久的に村田漢方堂薬局ではカード決済を導入するつもりはない。

 その理由は、カード会社に売り上げの4〜5パーセントの手数料を支払はなければならないからである。

 だからといって、カードを使用する人から手数料を請求することは規約違反になるので、違反を犯さないためには、現在販売している漢方薬類を、すべて4〜5パーセント値上げしないと(器械の導入費等の諸経費を相殺するためにも)採算が合わなくなる。

 以上が、カード決済を半永久的に導入しない理由である。

応援のクリックをお願いします

2012年05月13日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月13日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

 
posted by ヒゲジジイ at 17:17| 山口 ☀| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

「向こうの世界」でまた必ず再会できます

 「向こうの世界」でまた必ず再会できるといのは当然としても、いま現在でも、自身が気が付かないだけで、近くに寄り添ってくれている。

 この長い連休中に、村田漢方堂薬局の漢方薬を利用されていた人達で、2名の方が亡くなられた。

 いずれも90歳を超えておられた、女性と男性。

 「しばらく前まで元気な姿でいたのに、どうしても信じられないのと、まだ話し足りなかったこともあったように思われて、なかなか立ち直れません」と、ひどく落ち込まれている人も多い。

 でも、気付かないだけで、生前と同じように近くに寄り添ってくれている。

 どんな懐疑論者でも、以前、早川書房から翻訳出版された
魂の呼び声に耳をすまして』というローラ・リン・ジャクソン女史の書籍を読めば、少しは納得がいくはず。

 これを読んでも納得できない人は、単なる懐疑論者というよりも、救いようのない頑固アタマというべきかもしれない。

応援のクリックをお願いします

2012年05月09日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月09日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母