2017年03月15日

どう見ても15歳は若返った男性の述懐

2010年03月15日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月15日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 今週は、月曜日が例によって店頭も発送依頼も重なって、1日中多忙を極めたので、昨日火曜日こそ暇になるだろうと高を括っていた。

 案の定、朝方1時間は静寂に包まれ、読書に専念していたら、天候に恵まれたせいか、突然、直接再来される人達が連綿と続き、昼食は午後2時半、座ると動けなくなりそうだったから、立ったまま菓子パンで済ませる始末。

 新規相談者も交えて閉店過ぎるまで、途切れる時間帯があまりにも少な過ぎた。

 そんな多忙を極めた最中にも、一ヶ月ごとに補充に来られている70歳前の男性が、突然15歳も若返ったように溌剌として登場されたのには驚かされた。
 まるで50歳代に豹変!

 昨年、進行がんのため、手術不能で抗がん剤と放射線治療を行う予定で、抗がん剤を始めた途中から、漢方を求めて来られていた。
 
 予定通り抗癌剤治療も放射線治療も終えたところで、怪しい影が残っているというので、さらに中草薬を追加して補強したところ、食欲が増し、元気をかなり回復され、今年になってCT検査で完璧にクリアできたと喜ばれていたが、愉快そうに次のように話された。

 実は抗ガン剤治療中に、主治医から何か飲んでいないか?と聞かれたが、何も飲んでないと返答したら、それならよいけれども、サプリメントなどを飲むと云々と、とんでもなく否定的な言葉を聞かされたので、内心こちらは漢方だからサプリメントとはわけが違う、と思いつつも、余計なことを言って禁止されてはかなわないと、しらばっくれていたのだと、高笑いされるのだった。

 ところで、世の中には、余命を宣告されるようなケースでも、主治医に漢方薬類の併用を禁止される人達から相談を受けることがタマにある。

 極めて理不尽な話だと思っても、こちらも立場上、理解に困しむ医師とは、かかわりたくないのが本音である。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年03月15日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月15日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:10| 山口 ☀| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

抗癌剤の副作用の軽減にも役立つ漢方薬や中草薬類

2011年03月12日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月12日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 がん患者さんに漢方薬の併用を推奨される主治医も珍しくない時代。
 数十年前とは、実に隔世の感がある。

 とはいえ、いまだに漢方薬を敵視される医師もまだまだ多い現実もある。

 それはともかく、個人差が大きいとはいえ、抗癌剤治療時に、適切な漢方薬や中草薬類を併用することは、多かれ少なかれ、病巣の縮小効果のみならず、副作用の軽減にも貢献できることは、一般的な常識となっているからこそ、漢方薬類の併用を奨励される主治医が目立って増えているように思われる。

 昨年には、主治医の推奨もあって、抗癌剤治療ともに、多種類の漢方薬類の併用によって、多数に散らばっていた転移巣が二ヶ月半で消滅するというスピード違反だと冗談を言いたくなる猛スピードで劇的な効果があらわれた例もある。

 先月だったか、婦人科癌による転移のため、抗癌剤治療と放射線治療を受けていた比較的若い女性の久しぶりの報告と補充購入依頼時のお話。

 点滴による抗癌剤治療時は、漢方薬類のお陰か、まったく副作用も出ずに楽勝だったが、その後に行われた放射線照射による泌尿器系の副作用が激しく、漢方薬を飲むどころではなくなったらしく、数ヶ月音信が途絶えていた。

 結局、激しい疼痛除去のためにオキシコンチンなどを連用することでようやく疼痛が軽減したので残っている副作用軽減も兼ねて、送ってほしいとの依頼。
 大学病院ゆえか?若い医師たちは、こんな例は初めて遭遇するとかで、オロオロするばかりで実に頼りなく、不安が増すばかりだったとか。

 今年も新たに術後数年にして、突然、転移が生じた人達、中には短期間で多臓器に転移が生じた人などの相談が続いている。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年03月12日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月12日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
posted by ヒゲジジイ at 10:57| 山口 ☀| 抗癌剤の副作用や抗癌剤治療の是非の問題 | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

夜食をすると翌朝、必ず血圧が上がる!

2011年03月11日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月11日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 わかっちゃいるけどやめられない。

 今も、冷凍の大きな「エビの天ぷら」を3つ、レンジして食べながらブログを打ち込んでいる。

 続けてアイスクリーム。

 最悪の組み合わせ!

 夜食をすると必ず起床時は140前後に上がって、寝起きの気分は最悪。

 釣藤散+牛黄で防御しているので、このくらいで済んでいるのかもしれない。

 ここ数年は血圧が120〜130の間で比較的安定しているだけに、上が140くらいでも気分が悪い。

 意外にデリケート。

 やめときゃいいのに、夜中12時過ぎて、寝ようと思っても、空腹のままでは眠ることができない。

 胃に物を入れると眠気が来て、睡眠薬がわりになるのだが、この夜食が朝の血圧を上げる原因になっていることは、重々承知の上だから始末が悪い。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年03月11日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年03月11日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 00:56| 山口 ☀| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

FCバルセロナのあきらめない執念と根性

2010年03月09日の茶トラのボクチン(5歳)が頭部を怪我して田七末を塗りたくっている
2010年03月09日の茶トラのボクチン(5歳)が頭部を怪我して田七末を塗りたくっている posted by (C)ヒゲジジイ

 さきほど早朝にライブで、凄いものを見てしまった!

 サッカーのホーム・アンド・アウエーのUEFAチャンピオンズリーグにおけるFCバルセロナ対パリ・サンジェルマンの試合。

 バルセロナはアウエーで0対4で負けているので、本日のホームゲームでは大量得点を挙げなければ敗退してしまう状況。

 ほとんど不可能と思われた。
 試合終了間際で5対1にはなっていたが、これでは敗退決定のところ、終了間際に劇的な得点により6対1で勝利。
 合計得点で、かろうじて上回って8強に進出!

 バルセロナは巧すぎる選手が多過ぎて、むしろ嫌いなチーム。

 ぎりぎりまであきらめなければ、僅かな可能性が見えて来るときもあり、奇跡というのが実際に実現することもある。
 だから奇跡といわれることだって、しばしば奇跡は起こるのだから、奇跡は奇跡でなくなってくる。

 同じようなことは、かなり厳しい状況下の疾患でも、あきらめずに頑張っていれば、実際に光明が見えて来ることも多い。

 ちょうど昨日も補充購入依頼の電話の中には、「あれから15年、肝硬変と腎不全で最悪の状態で漢方薬に救われたことを地元の医師に驚か」れた話を報告されたばかり。

 先日も、補充購入の発送依頼のついでに「既に4年、もうすぐ完治まで後一歩です」と報告を受けた。
 食道がんで肺まで浸潤していて、手術不能。
 抗がん剤と放射線のみならず、病院の協力も得て、胃瘻から多種類の漢方薬の注入の併用で、病巣は完全に消滅し、以後、4年近く再発は見られない。

 同様の類は枚挙に暇がないく、日々仕事上で遭遇することであるが、さきほども、あまり好きではないFCバルセロナが、凄いことをやってくれた(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年03月09日の茶トラのボクチン(5歳)が頭部を怪我して田七末を塗りたくっている
2010年03月09日の茶トラのボクチン(5歳)が頭部を怪我して田七末を塗りたくっている posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 07:31| 山口 ☁| 食道癌・進行した胃癌 | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

喫煙者が迫害される現代社会

2009年03月07日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年03月07日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 平和な時代にあっても、必ずターゲットを見つけて迫害せずにはおれない病的な人たち。

 だったらタバコの製造を禁止すればよい。

 ついでに、タバコよりも健康被害が大きいアルコール類も禁止すればよいだろう。

 アルコール類こそ、タバコよりもはるかに問題が多いはずだが、タバコを吸う人間よりも、アルコールに溺れる人間があまりに多過ぎるから、タバコほど強く文句が言えないのだろう。

 アルコールはよくて、タバコが悪いと誰が決めるのか?

 体質によっては、アルコールの匂いを嗅ぐだけで、吐き気を催す小児や子供、のみならず大人すら多い現実。

 愚娘の子供の頃は、祖父の部屋で、ビールの匂いが漂っているだけで、実際に嘔吐していた。

 ヒゲジジイ自身、アルコールは一滴も飲まないだけに、匂いを嗅ぐだけで吐き気がする。
 のみならず、酔っぱらって調子に乗っている奴を見ると、張り倒したくなる。

 臭いものには蓋をする、ご都合主義の卑劣な人間ども。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年03月07日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月07日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 21:27| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする