2021年01月04日

連休が何日あっても足りない

 今年ばかりは、コロナ騒動のお陰で、新年を迎えても、まったくおめでたくない。

 それはともかく、年末に送られてきた、たくさんの荷物の整理や経理の作業で、休み中であっても、ぜんぜんノンビリできない。

 膨大な数の郵便は、選別するのが精いっぱいで、未開封が増えるばかり。

 だから当然、送られてきた年賀状を見るヒマもない。

 といっても、サッカーやボクシングの観戦だけは、必須の別行事(笑。

 毎年お正月に『漢方の臨床』誌の「新年のことば」を投稿していたが、今回ばかりは締め切りが昨年末28日までだった。気が付いた時には後の祭り、依頼に応じることができなかった。

 ともあれ、コロナの問題では、このまま行けば、残念ながら、完全に自由主義諸国の敗北で、独裁国家の一人勝ち。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年01月04日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月04日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母
 
ラベル:コロナ
posted by ヒゲジジイ at 09:18| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

人類は過去、伝染病によって一時的な人口減少を繰り返して来た

 最も人口減少を生じたのは、繰り返しのペストの流行が大きかったのだが、今後は、未知のウイルスによって、一時的な人口減少を繰り返すことだろう。

 それにもかかわらず、人口が増え続けたのは、それにも勝る人類の生殖行為が過度に盛んだったに過ぎない。

 今回の新型コロナウイルスの猛威は留まるところを知らないが、この調子で行けば、少なくとも日本もアメリカやヨーロッパの後追いは必死の状況。

 到底オリンピック開催など、夢のまたユメ。

 その頃には、気温の上昇によって、多少はマシになるかもしれないが、甘く考えている政治家たちの気が知れない。

 経済優先を口実に、感染爆発を招いて、我々高齢者の人口減少を企んでいるとしたら、たいした策略だが、高齢の菅総理や二階幹事長らも道連れである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年01年01日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01年01日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2020年12月30日

計算間違いでなければ・・・

 アメリカではコロナによって、現時点で人口1,000人に1人が亡くなられているという。

 【新型コロナの国別感染者数】12月29日夕更新 によると、
 アメリカでは感染者19,301,543人に対して、そのうち死亡者は334,836人。

 このアメリカで現在までにコロナに感染した人数から計算すると、約16人に1人が既に感染した計算になり、感染者の死亡率は1.7%前後ということになる。

 このままいけば来年の春までの推移を想像するだに恐ろしい。

 日本もアメリカの後追いをしている状況だけに、よほど自覚をもって皆が自粛しなければ、日本に限らず、世界中が、もっともっと悲惨な状況を免れないだろう。

 日本の現状は、これまで223,120人が感染し、そのうち死亡者が3,300人で、感染者の死亡率は1.48%。

 ともあれ、常連さんの中には、薬の相談と補充購入を済ませたあと、女性薬剤師に向かって、いつまでも世間話が終わらない人がいる。マスクのみで、フェイスシールドをしてもいないのに、いつまでも終わらない。

 世間話は、早々に切り上げるように女性薬剤師に強く警告しているのに、人に気を使い過ぎるのか、どうしても遠慮してしまうらしい。

 薬の相談が終わると、奥に引っ込むことが多いヒゲジジイだが、こんなことが続いているので、次回からは世間話を邪魔して、早々に退散を促す必要がある。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2011年12月30日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年12月30日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ



 
ラベル:コロナ

2020年12月29日

本日で店頭販売も発送業務も終了で、来年は6日(水)が仕事始め

 日本国中にコロナが蔓延したお陰で、我々高齢者にとっては、あの世が、より身近に感じられるようになってしまったが、まだまだ日本は他国に比べればマシな方かもしれない。

 ところで、本日で今年の仕事は終わり、発送業務も電話では午後3時までであれば、ギリギリ間に合うかどうか? メールでは午後2時まででなければ、多忙であったときには、メールに気が付くのが遅れて、来年の6日の発送になるかもしれない。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年12月29日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年12月29日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 
ラベル:コロナ
posted by ヒゲジジイ at 09:47| 山口 ☀| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

もしかして・・・

 新型コロナウイルスの感染力の強い変異種が世界中に拡がっている。

 南アフリカでは、若い健康な人達の重症化が目立つという。

 いつまで経っても収束する目途がつかず、中国から発生して以後1年経って、ますます感染拡大は凄まじく、アメリカでは人口比で、既に1,000人に1人がコロナで死亡しているという。

 もしかして、今回の新型コロナウイルスは、動物の中でも最低最悪、邪悪極まりない人類を、完膚なきまで滅ぼす戦略を立てているのかもしれない。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年12月28日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年12月28日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ