2017年05月12日

一部の古本業者の書籍に対する情けない見識

2011年05月12日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年05月12日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 アマゾンさんで古書を探すとき、しばしば業者の文言
帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)
とあるのを読むたびに、毎度のことながら、むかっ腹が立つ。

 書籍の帯を一部の商品とみなさない、これは宣伝ビラと同等のものであるとまで嘯く業者すらある。

 こんな見識のない業者が跳梁跋扈するのだから、何をかいわんや。

 といいながらも、どうしても納得がいかないので、さきほど注文した書籍を出品している業者の「出品者に連絡する」という通信欄を利用して
 「中古品 - 非常に良い」と記載されるからには、「帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)」と続くのは、大きな矛盾があると思います!
 古書の世界では、帯があるかどうかで、書籍の評価は大きく異なってきます。
 そもそも帯を「商品の一部とみなしておりません」とは、失礼ながら些か納得のいかないもので、これがまかり通っていれば、書籍の真の価値が後代に伝わらなくなってしまいます。
 願わくば注文書籍には、帯が付いていることを祈るばかりです。
 と抗議をしておいた。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年05月12日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年05月12日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ


【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:12| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

頑固なコリン性蕁麻疹で、通える期間が限定的であれば、頻繁に通える地元で

2009年05月11日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年05月11日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:50〜59歳の男性
【 職 業 】:派遣社員・契約社員・嘱託社員
【 地 域 】:近畿地方
【 お問い合せ内容 】:

 今から25年ほど前にコリン性蕁麻疹を発症しましたが、そのときは3、4か月ほど症状が出ていましたが、何かのきっかけで自然に治りました。

 何が原因だったのかよくわからないのですが、丁度花粉症の時期と同期していたので何かのアレルギーが原因かもと推測しています。

 その後ずっと症状は出ていなかったのですが、今回の勤務で去年の10月にまたもや急に減汗性のコリン性蕁麻疹が発症してしまいました。

 前回のときは抗ヒスタミン系の薬を処方されましたが、全然効果を感じられませんでした。今休暇中で〇〇に6月の末くらいまで滞在していられる予定です。その間に治療の目処がつけることができたらと思っています。

 漢方での治療を試みてみようと考えているので一度そちらに伺いたいのですが、火曜から金曜がいいでしょうか?

 何卒よろしくお願いします。

2009年05月11日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年05月11日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

 コリン性蕁麻疹は、ときに一筋縄では治らない場合がありますので、遠路はるばる来られるよりも、〇〇近辺では、

●●●の『◎◎◎◎◎薬局』の先生は、とても研究熱心で腕もよさそうですので、そこに頻繁に通われる方が、無駄な経費を浪費せずに済むと思います。

 是非、そちらに問い合わせてみて下さい。

 取り急ぎ、お返事まで。

2011年05月11日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年05月11日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

折り返し頂いたメール:

 メールが迷惑メールのフォルダーに入っていたためご返信が遅くなりました、申し訳ございません。

●●●ならそんなに遠くはないので早速ご助言の通りお伺いしてみようかと
思っております。

 誠にありがとうございます。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年05月11日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月11日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 13:42| 山口 ☀| コリン性蕁麻疹 | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

連休中には、アマゾン河からはじまって、ガラパゴスにも寄り道して、マレー諸島まで辿り着いたが

2010年05月09日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年05月09日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 連休中の大冒険。
 これをフェイクだと誤解されると困るのだが(苦笑、

 ウォーレス氏やベイツ氏とともに、あるいは時にはスプルース氏とともに、アマゾン河の奥地の大冒険。

 また、折々に時間を強引に巻き戻して、ダーウィン氏に同伴してガラパゴスに立ち寄ってみたり、連休中は大英帝国の博物学者さんたちと、手に汗握る大冒険。

 最後のシメに、マレー諸島では様々な島を廻っている途中、ウォーレス氏がダーウィン氏に「自然淘汰による進化の可能性を簡潔に記した論文」を送付したところにも立ち会った(笑。

 自然淘汰はともかく、ウォーレスさんとは最も気が合って、心霊主義に走った先見の明には敬服するばかりだったが、種痘を否定し続けたことだけは、いただけなかった。

 連休中の主な乗り物
 『博物学者アルフレッド・ラッセル・ウォレスの生涯』や『ダーウィニズム―自然淘汰説の解説とその適用例』(いずれも新思索社)と『世界の名著 ダーウィン』(中央公論社)など多数。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年05月09日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月09日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
 

2017年05月07日

乳がんの骨転移に対する漢方サポートを求めるには

2011年05月08日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年05月08日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:50〜59歳の女性
【 地 域 】:関東地方
【 お問い合せ内容 】:お世話になります。

 お忙しいところ、申し訳ありません。
 私は乳がんで、骨転移に対してランマークという薬を使っていましたが、左上の顎骨壊死の副作用があり、膿が出てしまいましたので、中止しました。

 現在は「漢方専門薬剤師による漢方薬方剤漫遊記」というブログを参考いたし、
半枝蓮+白花蛇舌草、玉屏風散、荊防敗毒散補気建中湯(腹水予防のため)の5種類の漢方薬を飲んでいます。

 膿も少なくなり、かなり効果が出ているようです。心から感謝しております。

 ただ、ランマークを中止したため、骨転移が進むことが心配です。
 何か骨転移対策の漢方を一つ追加したいのですが、牛車腎気丸はよくないのでしょうか。

 骨転移に効果的な漢方を1つだけでも結構ですので、ご指導いただけますでしょうか。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年05月08日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年05月08日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 残念ながら、メールで安易にお返事できる問題ではありません。
 メールだけで、ことが簡単に済めば、これほど楽なことはありませんが、そのようなことは現実にはほとんど無理難題です。

 当方でも、直接通える状況の人達だからこそ、微妙で複雑な配合によって実現できる場合があるのであって、かといって全員に完璧な効果が得られているわけでもありません。

 関東地方こそ、立派な自費の中医学専門のクリニックや漢方薬局が多数存在するはずです。
 お近くで直接受診しやすいクリニックや漢方薬局に直接出向かれるべきです。

 ご希望の効果を僅か一つくらいの中草薬で実現できるとも思われず、複数の微妙な組み合わせが必要となるはずですので、病状と体質そのほか、詳細に直接出向いて相談や受診できるところで、綿密にフィットしそうなものを求められるべきです。

 体質と病状に応じた中医学的に綿密な配合をやってくれる専門家を見つければ、相当程度の効果が得られる場合も多いはずです。

 取り急ぎ、お返事まで。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年05月08日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年05月08日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 10:11| 山口 ☁| 乳癌(肝転移や脳転移・骨転移なども含む) | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

あくせくと働く齢でもないので、本当に漢方薬を必要とする人以外は・・・

2012年05月05日の茶トラのボクチン(ほとんど8歳)
2012年05月05日の茶トラのボクチン(ほとんど8歳) posted by (C)ボクチンの母

 もはや、あくせくと働く齢でもないので、本当に漢方薬を必要とする人以外は、遠慮願いたい。

 昨今急に目立つようになった、直ぐにキレやすい馬鹿者どもは、もってのほか。

 「商売人のクセにっ!」

 この言葉を吐かれたら最後、ケンモホロロにお帰り頂く。

 そのような人間に限って、男のくせに意識過剰の美容問題。

 治さなければならないのは、人を人とも思わない、クレマー丸出しの腐りきった根性だろう。

 相談に来るところを間違っている。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年05月05日の茶トラのボクチン(ほとんど8歳)
2012年05月05日の茶トラのボクチン(ほとんど8歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 20:43| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする