2024年01月14日

コロナワクチン接種が続いた後の目立つ疾患の相談の中には重大なものが・・・

 昨今、頻繁に著名人のターボ癌発症の報道が目につく。

 我が薬局でも、常連さんやお馴染みさんのご家族が、いずれもコロナワクチン接種回数の多い人のようで、中にはほとんど無症状ながらステージ4と診断され、当然手術不能とて、漢方相談を受けることがやや目立つ。

 昨日も、過去何年も通って当方の流儀をしっかり心得られているお馴染みさんだった人が、ご家族の上記の問題で相談があった。

同じように過去、通われたことがあるという人のご家族が同じく急に癌が見つかり、漢方相談のお申し出はとても多いものの、記憶に残らない人たちが多いために、その多くを残念ながらお断りしている。それらを加えると昨今の悪性腫瘍の罹患者は驚くほど多いのではないかと疑っている。

 まったくの新規の相談とは異なり、ご本人もササヘルスなどを常用されていた過去があったので、まずは基本的な3種類のサポート薬類を続けてもらい、反応を見ながら追々薬味を追加することになった。

 昨日から溜まっていた発送依頼と当日の駆け込み依頼もあって多忙を極めた土曜日の半ドンだったが、さらに閉店間際の新規の相談だった。

 閉店後、昼食が終わると爆睡数時間。

 寝起きの気分はスッキリせず、国内外の不穏な出来事ばかりの重い空気に汚染されているのかもしれない。
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年1月14日の茶トラのボクチン6歳 posted by (C)ボクチンの母
ラベル:ターボ癌
posted by ヒゲジジイ at 09:56| 山口 ☀| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2024年01月12日

コロナワクチン接種が始まって以後、極端に販売量が増えた方剤は・・・

 一般的なものでは、当然ながら板藍茶(板藍根)や金羚感冒錠、あるいは柴葛解肌湯であるのは当然ながら、それらよりもはるかに目立って販売量が増加しているのは、五苓散である。

 その多くは各種ヘルペス。

 帯状疱疹が最も多いものの、水疱を形成する前から、前兆(皮膚がピリピリするなど)がある段階で、必ず板藍茶と併用すると即効が得られやすい。

 板藍茶(板藍根)は、ウイルスを弱体化させるというのが中草薬の常識であるから当然の組み合わせである。

 おまけに清熱作用もあるので、患部に熱感を伴っていても、茵蔯五苓散や茵蔯蒿湯を頼る必要はない。五苓散+板藍茶で充分である。

 水疱を伴っていればなおさら、この配合はほとんど必須で、口唇ヘルペスや陰部ヘルペスにも即効を得られることが多い。

 ヘルペス以外にも、各種ウイルス性胃腸炎(ノロウイルスやロタウイルスなど)にはもちろんのことだが、五苓散単独では頭痛などにも重宝されている。

 そうそう、頭痛の治療に愛用されている人もかなり多い。

 昨年末に在庫は60箱以上準備していたのに、本日のみならず明日の購入予定者もあるので、在庫が10個にまで減っている。

 来週は、直ぐにでも大量仕入れが必要である。

 蛇足ながら、昨今国内外で不安な出来事が続く世の中、シギロンなどの各種四逆散製剤のみならず、気付け薬でもある麝香製剤こそ、多くの人が愛用されて不安な世の中を何とか切り抜けられている。

 とはいえ、老人にとっては日々の仕事で疲れが蓄積して、明日土曜日の半ドンから日曜日にかけての休息日が、とても嬉しい!
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年1月12日 posted by (C)ボクチンの母
ラベル:五苓散
posted by ヒゲジジイ at 20:21| 山口 ☀| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2024年01月09日

孫たちの成長、恐るべし

 ようやく終わりなき日常が戻ってきた。

 正月は、4年ぶりに子供たちが孫を連れて帰省したが、4年会わないうちに、孫たちの成長ぶりに驚いた。

 大学生になったばかりの孫は、なんと1m85cmの身長!
 高校生になったばかりの孫は180cm前後か!?
 中学生の孫は170cm代ではあるが、今後、どれだけ伸びるか見ものである。

 幸か不幸か、孫たちは全員男ばかりで、その点だけは鮮やかな華がない(苦笑。

 といっても、昨今は男も女も区別してはいけない時代らしいので、興覚めという他はない。
 
 ともあれ、明日は恒例の水曜日とて、大量?の荷物の搬入日ゆえ、開店は10時になる。
応援したくないアンチの人が多いですね


2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 22:42| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2024年01月05日

新年最初の相談はインフルエンザ感染

 下関でもインフルエンザは意外に猛威をふるっているのか、お馴染みさんが御家族の看病を続けていると、ご自身も感染してしまったとのことで、風熱に対する漢方薬と気管支炎の漢方薬の補充購入の電話相談での発送依頼。

 さいわいにも高熱にはならない状況ながら、気管支への影響もあり、もともと同様の状況下で、過去、病院に受診するも、気管支炎が残ったまま、悪化の一途をたどったのを、結局は病院治療ではまったく効果なく、当方の漢方薬で快癒した実績があるので、今回も漢方薬の相談と不足分の補充で治したいというもの。

 これが新年の最初の相談だったが、あとは常連さん達の常用薬類の電話による補充購入の発送依頼や、地元の常連さんの店頭での常用薬の補充購入ばかり。

 なお、上記の常連さんの話では、他県で暮らすご子息はコロナワクチンを7回も接種しているのにコロナに感染して発熱したので、年末年始は絶対に帰省しないようにと釘を刺しておいたと言われる。

 その一人暮らしのご高齢(90歳)の常連さんは、過去の様々な西洋医学治療によるアレルギー反応などの痛い経験から、あらゆるワクチンを拒否して、長年漢方薬を頼りに予防兼体調管理をされておられる。

 数十年以上前には50代の頃、ご自身が60歳まで生きれないだろうと、当方の漢方薬に頼って来られた過去が懐かしいほど、現在はご高齢ながら、高齢者特有の神経痛などの持病があっても、精神的には元気そのもの。

 中でも愛用の伝家の宝刀3点セットならぬ2点セット(牛黄製剤と麝香製剤)こそ、命の原泉のごとしと言われる。

 だからということで、冗談にせよ、まわりの人達に「私が漢方を飲むのを止めたら2〜3ヶ月で死んでしまうで」しょうよ、と宣言?されるからか、子供さん達全員が漢方薬類の継続服用を応援し、協力してくれるのだといわれる。

 ともあれ、明日6日は半ドンの土曜日だから、8日の「成人の日」までの休業期間が終わるまでには、名残惜しい「正月前後の休業日」の不足感を解消できるかも。
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年1月5日の茶トラのボクチン6歳 posted by (C)ヒゲジジイ

2023年12月30日

年末年始の休業日は30日(土曜日)〜新年4日(木曜日)まで

DSC_6195cmc.jpg








年末年始の休業日は30日(土曜日)〜新年4日(木曜日)まで
但し土曜は午前中のみ
平日は9:00時〜18:00時まで
(水曜日のみ10:00時開店)
昼休みは12:00〜14:00

応援したくないアンチの人が多いですね




2011年12月30日の茶トラのボクチン7歳 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 09:44| 山口 ☀| 近況報告 | 更新情報をチェックする