2017年04月22日

ステージ4の肺癌による胸水と疼痛を軽減できる漢方薬のご相談

2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:60〜69歳の女性
【 地 域 】:関東地方
【 お問い合せ内容 】:いつもブログを拝見させていただき、ありがとうございます。漢方薬のことで1点教えていただけませんでしょうか。

 私は今肺がんステージ4で、抗がん剤治療をしています。
 今のところ、咳や痰はなく、ご飯もある程度食べれています。

 右肺に胸水はありますが、腹水はありません。また歩くことや軽い家事はできます。
 長く歩かなければ、息切れもありませんが、胸の痛みと右脇の痛みがかなりあって、オキシコンチンを1日10mg飲んで、痛みを抑えています。

 先生のブログを読んで、「補気健中湯」を飲んでいたら、大分元気が出ましたので、続けております。本当にありがとうございます。

 ただ、胸水はあまり減らないので、胸の痛みが変わらず非常に困っています。
 胸の炎症をおさえて、胸水に効果があるという「柴陥湯」は私には使えそうでしょうか。

 また、「補気健中湯」と「柴陥湯」を一緒に飲むと、オウゴンの量が多くなってしまいますでしょうか。

 どうかご教示のほど、よろしくお願いいたします。

2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:お困りの症状、早速ですが、

 胸部の諸症状に対して、胸を温めるよりも、やや冷やすほうが気持ちがよいという状況であれば、という条件付きですが、
 その場合は小陥胸湯だけを補気建中湯に加えるのが適切です。

 柴陥湯の場合は、小柴胡湯+小陥胸湯の内容ですから、小柴胡湯中の黄芩が二重になる問題よりも、人参が二重になる問題と、浮腫にあまりよくない甘草が含まれますから、小陥胸湯だけを加えるのが無難ではあります。
 胸水が溜まってなければ、柴陥湯でもよい場合がありますが・・・。

 小陥胸湯だけの製品は製造されていませんが、小陥胸湯+蒼朮(ソウジュツ)・茯苓の内容の製品で、剤盛堂製薬から「結胸散」という名で市販されています。

 蒼朮や茯苓が二重にっても、配合上はまったく問題ありませんので、上記の結胸散を加えてみるのが順当かと存じます。

 取り急ぎ、お返事まで。

2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール:「結胸散」を紹介してくださり、ありがとうございました。
 明日さっそく近所で注文したいと思います。

 肺がんで右胸に胸水がいっぱいたまっていると言われていますが、補気建中湯を2週間ぐらい飲んで、息苦しさが大分解消できました。

 先生のおかげだと思っております。この漢方はずっと続けていきたいと考えています。

 さらに小陥胸湯で胸水の量を減らせれば、胸と脇の痛みも軽くなるかなと思います。

 なんとか漢方だけで対応し、抜かなくても(抜いたら弱るそうで)すむように、また、オキシコンチンの量を減らせるように頑張りたいと思います。

 本当に助かりました。

2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

4日後に頂いたメール:
夜遅くメールしてしまい、申し訳ありません。

 ご紹介くださった結胸散を数日飲んだところ、胸の痛みが軽くなり、本当にありがとうございました。このまま続けて、胸水を減らしていきたいと思います。

 たいへん恐縮ですが、もう1つご教示いただくことは可能でしょうか。
 背中や脇の痛みがまだ強く、麻薬の量をどんどん増やしているところですが、癌の痛み止めとして、何か強く効くような漢方はありませんでしょうか。

 私が調べたものでは、桂枝加術附湯などは甘草を含むものが多く、補気建中湯の邪魔になりそうで、飲むのをためらいます。延胡索や防己などが入ったな漢方が良いでしょうか。

 少しでも痛みを軽減でき、また補気建中湯の邪魔にならないものがありましたら、教えていただけるとたいへん助かります。
 どうかよろしくお願いいたします。

2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:残念ながら、メールでのアドバイスにはこれが限界です。

 疼痛の原因がはっきりしているだけに、体質とがんの性質にフィットした、腫瘍そのものが小さくなる作用のある中草薬類を少なくとも数種類以上を組み合わせる必要があると思います。

 かといって、これで確実に腫瘍が小さくなったり疼痛がしっかり取れるとは限りませんが、少なくともこれ以上のことは、お近くの中医学に堪能なクリニックか漢方薬局で直接相談されるのが最善です。

 取り急ぎ、お返事まで。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月22日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 00:15| 山口 ☁| 肺癌 | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

「肺癌で病巣が大き過ぎて手術不能を宣告されながら漢方薬を飲むうちに手術可能となって根治」 した人が、17年後に亡くなられたが、その原因は

2009年8月29日病床のボクチン(5歳)
2009年8月29日病床のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 肺癌で病巣が大き過ぎて手術不能を宣告されながら漢方薬を飲むうちに手術可能となって根治した実例の男性が、17年後の昨年亡くなられたと、先日ご家族から報告があった。
 七十歳手前の年齢だった。

 当時、ようやく根治を告げられた後も、気に入った漢方を一種類だけ継続されていたが、いつも電話でまとめて送付を依頼されながら、最近は次第に肺機能低下を生じていたことを知らされることもなかった。

 当時、手術後には漢方薬類だけでなく、放射線治療も受けていたとのことで、かなり広範囲に照射した影響が後年になって肺機能低下の原因となったらしい。

 その事実を早めに報告されていたら、もしかしたら、たとえば茯桂味甘湯のような弁証論治に基づいた古方の方剤を奨めることで、一定レベル軽減できていたかもしれない。

 それにしても、地元の各病院では完全に見捨てられていた方が、医師を含めた医療関係者のご家族の努力のお陰もあって、いったんは根治して17年。

 その当時のご努力は、十分に報われたというべきか。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年8月29日病床のボクチン(5歳)
2009年8月29日病床のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

タグ:肺機能低下
posted by ヒゲジジイ at 07:14| 山口 ☁| 肺癌 | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

漢方治療を考える前に、早急に肺癌や肺結核が潜んでないか、病院で受診すべきでしょう

2011年03月10日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月10日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:40〜49歳の男性
【 地 域 】:関東地方
【 具体的なご職業 】:会社員
【 お問い合せ内容 】:はじめまして。●●と申します。

 咳が出てなかなか治らないので、ご相談させていただきました。

 私は20代のころ肺気胸になりました。その後も習慣的に空咳が出ます。風邪をひくといつも咳だけが残ってしまいます。

 今回も1ヶ月ほど前に風邪を引き、風邪は治りましたが咳が続いています。
 しゃべったり、冷気に触れると咳がでます。

 喉に痰がからみ、時々咳払いをすることもありますが、咳をして痰がでることはあまりありません。
 また最近帰宅すると足、とくにふくらはぎがだるくて仕方がありません。
 便は今朝は下痢をしていました。このところべったりとした便です。

 生まれつきなのか、舌が大きいです。先端が赤く、舌辺に赤い点点があります。
 先日までは薄い色をしていたのですが、今朝みると少し赤みを帯びた色をしていました。

 ちなみに寝つきはよく、夜寝ている時は咳はでません。
 朝尿意を催して目覚めますが、夜中にトイレにおきることはありません。
 食欲はあります。

 5年ほど、アレルギー性鼻炎のため漢方内科にかかっていましたが、なかなか症状が改善しなかったので治療を継続することに疑問を感じていました。

 仕事が忙しくなり、遠方で通うのが大変になったので、昨年通院をやめました。

 近所ある漢方内科は平日のみの診療で通えず、連日の残業で疲れているので、土曜日は病院にいくことができません。
 近所に相談できそうな漢方薬局もなく、現在はインターネットで調べて自分で試しています。

 5年ほど前に咳が続いていた時、柴朴湯を飲んだら良くなったので、今回も柴朴湯を試しています。
 飲むとすこし咳はおさまるような気がするのですが、またしばらくすると咳が出だします。

 柴朴湯であっているのでしょうか?
 その前に清肺湯を飲んだり、麦門冬湯を飲んだりしましたが、継続して飲まなかったためか、完治せず、また効いているのかどうかよくわかりませんでした。

 何を試してみたらよいかアドバイスを頂ければ幸いです。
 よろしくお願いします。

2011年03月10日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月10日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 苔の状態が記載されてないので、なんとも言えませんが、通常は乾燥咳には不適であるはずの柴朴湯が一時的にでも効果があるというのは、咽中炙臠(いんちゅうしゃれん )に適応する半夏厚朴湯証が潜んでいて、舌には痰湿を思わせる白い苔がかかっているのでしょうか?(柴朴湯=小柴胡湯+半夏厚朴湯)

 だとすれば、ストレス性の咳嗽とも考えられますが、かといってそのような楽観的なことばかりを考えてもおれないかもしれません。

 そのような問題よりも、念のため、必ず呼吸器科で受診され、肺癌や肺結核などの恐れはないのかどうかを確認しておく必要があります。
 慢性過労状態であれば、免疫力の低下により、その恐れが僅かにでもナシとしません。

 当方の職業柄、本日も40代の新規相談者は、某所に違和感を感じて受診したところ悪性腫瘍が見つかり、半月後にはさらに大きくなり、通常よりも進行度がとても早いというもので、既に疼痛まで発している状態で、手術前から漢方薬を利用されたいとの希望で来られたばかりです。

 進行癌のご家族が、以前、当方の漢方薬を手術前から利用されて好結果を得た前例があったので、新規に相談に来られたわけですが、それにしても、昨今の当方の漢方相談者の悪性腫瘍関連では、30〜40代の年齢層の人がとても目立ちます。

 念のために、必ず病院に受診され、悪性腫瘍や肺結核などがないことをしっかり確かめた後に、漢方治療を考えても遅くはないはずです。

 なまじいに漢方薬を利用されて症状が治まった場合でも、根本的な原因が肺癌などが潜んでいたとしたら、大きな問題です。

 必ず、念のために早急に受診されることを強くお奨めします。

 取り急ぎ、お返事まで。

2011年03月10日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月10日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

翌日頂いた折り返しのお返事メール:

 おはようございます。
 昨日はお忙しいところ、早急にお返事をいただきありがとうございます。

 会社で年に1度の健康診断は受けていますが、心配になってきました。

 病院は苦手でずっと漢方薬のお世話になってきましたが、一度病院に行ってみます。

 ご忠告ありがとうございます。

 ちなみに、苔は先週までは白かったのですが、今は中央に黄色いものがついています。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年03月10日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月10日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 19:02| 山口 ☁| 肺癌 | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

多種類の漢方薬類の服用によって肺癌の疑いがほとんど晴れたとき

2015年5月18日のシロちゃん(2歳)
2015年5月18日のシロちゃん(2歳) posted by (C)ボクチンの母

2009年05月19日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年05月19日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 肺癌か炎症かという確定診断が直ぐには出来ないので、しばらく様子を見て、次の検査結果次第で手術すべきかどうかの診断が下されるまで、遠路はるばる村田漢方堂薬局に漢方薬を求めてやって来られていた人。

 そこであらゆる想定で多種類の漢方薬や中草薬類を服用してもらったところ、さいわいにもほぼ完全に近く消失していた。

 主治医の先生も、明るい笑顔で迎えてくれて大いに安堵。
 疑いがほとんど晴れたお陰で手術を免れた。

 そこで思い出したのが、もう15年以上も前のことだが、ヒゲジジイ自身が、腿に出現した、いびつな形で急速に大きくなるホクロが心配で、やや大きな病院の皮膚科を受診したところ、大変な厚遇を受けた。

 試験切除の日には、写真を何枚もパチパチと撮られながら、世間的な四方山話に花が咲くほどの厚遇だった。

 一週間後の検査結果が判明した日、初日と試験切除の日の2回の厚遇とは打って変わって、実に冷たい診断報告。
 「大丈夫だった」の一言で、次の患者さんを呼ぶようにと看護婦さんに指示して、こちらを見向きもしない。

 久しぶりに本物のメラノーマに遭遇できると期待されていたのか?
 あにはからんや、ホクロの癌ではなかったことに落胆されたように見える下種の勘繰り。

 たとえそうであっても、「よかったねっ」くらいの一言があってもよかったろう。

 これだから人間様は猫よりも劣る動物であると言いたくなるのである。

 たまには応援のクリックをお願いします!⇒ 

2010年05月19日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年05月19日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年05月19日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年05月19日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年05月19日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月19日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 07:25| 山口 ☔| 肺癌 | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

肺癌検診で異常ナシの太鼓判を得ていたのに、半年以内に大きな肺癌が見つかった事例2件

2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 ずいぶん前の話だが、半年前に肺癌検診を受けていたのに、半年後に偶然発見された肺癌が、既にピンポン玉の大きさに成長して発見された人がいた。

 直ぐに手術で摘出した後、その後の繰り返しの定期健診で再度、またもやピンポン玉大の肺癌が見つかったので、再度摘出後に抗癌剤治療中に、脳血栓を生じる副作用に見舞われた。

 その後は、癌の再発予防の様々な漢方を常用されたのがよかったのか、二度と再発も無かったが、高齢になって脳血管障害で他界されたが、肺癌の方は根治してその後はまったく問題にならなかった。

 ところで、最近も同様に肺癌検診など、いわゆる人間ドックで諸検査では発見されなかったのに、半年も経たないうちに、偶然検査した腫瘍マーカーがかなり上昇しており、原発巣を探したところ、5cm以上に増大した肺癌が発見された。

 摘出手術後の再発予防と他の疾患の漢方薬による治療効果を期待して、村田漢方堂薬局に相談に来られた。

 肺癌検診で大丈夫と太鼓判を押されても、まったく信用ならない事例で、半年も経たないうちに、ピンポン玉の大きさや、5cm以上の大きな肺癌が見つかることだって現実にあるのだから、肺癌検診の有効性を疑わざるを得ない。

 上記2名は、いずれも他の疾患の検査時に偶然、発覚したケースで、半年前の肺癌検診以後に、その僅かな期間で悪性腫瘍が急速に増殖したというのだから、検診で大丈夫と太鼓判を押されても、決して安心できないという結論になるだろう。

たまには応援のクリックをお願いします!⇒ 健康・ダイエットランキング
 こちらも一緒にお願いしますにほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年02月24日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 
posted by ヒゲジジイ at 00:02| 山口 ☀| 肺癌 | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

肺癌による胸水のご相談

2010年01月21日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年01月21日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:60〜69歳の女性
【 地 域 】:関東地方
【 お問い合せ内容 】:

 H26年4月に肺がん(右肺の下)その時は、軽い咳が数か月続いていた。

 現在胸水が、溜まってる事で呼吸が大変になり1週間入院して点滴、利尿剤を処方して頂いています。

 在宅酸素もやっています。

 両方の足(膝から下)が、ぱんぱんにはれて歩行も困難です。
 漢方で胸水が取れる処方剤はありますか?

 宜しくお願い致します。

 病院での治療は、していません手術も。在宅で代替治療です。

2011年01月21日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月21日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

>漢方で胸水が取れる処方剤はありますか?

 というご質問ですが、「ある」というよりも、その人の病状と体質によって、様々な配合が異なるのが漢方の特徴であり特長です。

 このため、メールで安易にお答えできる問題ではありませんので、体力が許す範囲のお近くの漢方薬局か、あるいはそちれでは漢方専門のクリニックなどもあると思いますので、なるべくお近で探して、直接ご相談すべきです。

 できれば、そのような症状が出る前に、病名が分かった時点で、漢方薬を利用されていたほうが、早めはやめに臨機応変に対処できていただろうと思います。

 同じ肺がんでも、肺腺がんや扁平上皮癌、小細胞肺がんなど、様々なタイプがありますが、いずれにせよ、現在の状況ではうまく利水することが必要です。

 そちらは日本最大の都会が控えている場所ですので、通える範囲か、あるいは往診してもらえる漢方専門のクリニックもあるかもしれませんので、ネットで探してみられるとよいと思います。

 お苦しいでしょうけど、お近くで探す努力はやってみるべきだと思います。うまくいけば、短期間で呼吸が楽になる場合もあります。

 取り急ぎ、お返事まで。

たまには応援のクリックをお願いします!⇒ にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2012年01月21日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月21日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年01月21日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月21日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年01月21日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月21日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年01月21日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月21日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母


タグ:胸水
posted by ヒゲジジイ at 06:09| 山口 ☀| 肺癌 | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

子宮体癌手術前の諸検査で発見された肺の5つの腫瘤

FSC_9208
FSC_9208 posted by (C)ヒゲジジイ

 二十年以上前から子宮体癌の疑いありクラスIIIbとのことで、長く経過観察を経て、五十代になって明らかに癌化した小さな病巣が出現したとのことで、結局は手術(子宮全摘)ということになった女性。
 ご両親も癌で亡くなられていることだから、念のため手術前から当方の漢方薬類を利用されることとなった。

 初期の段階だから手術でほぼ確実に根治するとのことで、早速手術の予定日も決まり、術前の諸検査が行われたが、予想外の検査結果が判明した。
 すなわち肺に5個(それぞれ1cm大)の腫瘤が発見されたのだった。これは子宮体癌の転移とは到底考えられないので、恐らく別の癌であろうとの診断で、まずは先に予定通り子宮体癌の術後に、肺の諸検査を行い、確定診断を行った後に治療方法を検討しようということだった。

 子宮体癌の手術前も手術後も熱心に漢方薬類を服用されていたが、いよいよ術後の体力も回復したので肺の検査を受けることになったのだが、驚いたことにあれだけしっかり5個も発見されていた腫瘤が完璧に消失して痕跡すら残ってないとのことだった。

 前後一ヶ月間の服用程度で漢方薬類が著効を奏したのか、主治医や回りの医師達も狐に摘まれたようにしきりに不思議がられていたのだった。

 あれから既に5年近くになり、いずれも再発の兆候は皆無であるものの、現在も決して怠ることなく熱心に漢方薬類の服用を継続されている。

 もしかして一生涯服用を続けるおつもりかもしれないが、過去の事例からも漢方薬類を数十年続けている人で新たな癌が出たり、痴呆症になった人は一人の例外(87歳でボケが生じた一例)を除いて、今のところ皆無であるので、年齢を考えると一生涯続けることは最高の健康法であるに違いない。

IMG_3460
IMG_3460 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 08:59| 山口 ☀| 肺癌 | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

肺癌で病巣が大き過ぎて手術不能を宣告されながら漢方薬を飲むうちに手術可能となって根治した実例

IMG_8342
IMG_8342 posted by (C)ヒゲジジイ

 患者さんは現在、肺がんが根治してご健在で現在も極少数ながら現在も予防で継続服用されている。
 といっても当方とのご縁は15年前、肺癌の病巣があまりにも大き過ぎて、近隣の大きい病院の3つともに手術を拒否されていた。
 そこで当方の多種類の漢方薬類と少数の健康食品を併用され続け、その間にご家族の医師が、手術を敢行してくれそうな病院を遠くまで探し続けておられた。

 そのうち、漢方薬類の効果か、病巣が少し縮まった風であり、もう少し小さくなれば手術が可能になると言ってくれる病院が見付かり、当方の漢方薬を継続しながら抗癌剤を点滴投与されたところ、一段と小さくなったので、手術を敢行してもらって一応の摘出は成功した。

 当然このように病巣が大きかった場合は、今後の転移が最も懸念される。そこで漢方薬類と健康食品はお守りがわりにしっかりと継続服用された結果、いつの間にか転移が見られないままいつしか5年が経ち、しばらくして根治と断定されるに至って、気に入ったものだけを継続服用され続けて現在に至るのだが、既に15年近く経っているのだった。

 まさに光陰矢の如く、時間は直ぐに過ぎ去って行く。

 なお、癌細胞の種類を当時聞きそびれており、また10年前から二度と癌の話しはしないでくれと釘を刺されているので、いまさら癌細胞の種類を訊ねることもできない。

IMG_4187
IMG_4187 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 22:45| 山口 ☔| 肺癌 | 更新情報をチェックする