2017年01月06日

皮脂の過剰分泌とニキビのご相談

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:20〜29歳の女性
【 職 業 】:会社員(事務系)
【 地 域 】:中国・四国地方
【 お問い合せ内容 】:初めまして。16●cm.4●kgの女性です。

 皮脂とニキビ(顔と背中と首)について相談にのってもらいたくお問い合わせさせていただきました。

 皮脂の過剰分泌(とくに生理前はひどくなる)顔を洗ってもすぐにベタベタ、お化粧をしても1時間ほどでベタベタです。

 頰に芯のある赤い硬いニキビや、こもった無色のニキビ、たまに白い小さいニキビ、また鼻のあたりは黒い角栓が詰まっています。
 顔だけでなく、首や背中にも赤い硬いニキビが無数にできます。

 17歳の頃から生理は2ヶ月や3ヶ月おきで、不順なため、今年の四月に産婦人科へ相談したところ、桂枝茯苓丸加薏苡仁と柴胡桂枝湯を出されました。
 すると1ヶ月ごとに生理は来るようになり、今は桂枝茯苓丸のみの処方になりました。

 ですが、生理は3日で終わり、(量も多い) 生理中の腹痛もひどく、ルナルナという鎮痛剤を飲まないと外へでれません。生理前のイライラや不安感もひどいです。
 のぼせや汗も沢山かくので、11/30に漢方薬局へ行くと、排膿散及湯、黄連解毒湯、十味敗毒湯を2週間分だされ、のぼせや汗はすぐに収まり、12/14日に黄連解毒湯、排膿散及湯、清上防風湯をだされ、二週間飲みましたが、ニキビや皮脂は全く変わりがありません。

 背中と顔と首のニキビと顔の皮脂の過剰分泌に良いアドバイスがいただけたらと思っております。
 私の体型は、上半身細め、下半身普通体型です。

 むくみやすい、色素沈着が残りやすい、血行が悪いせいか顔の色は黒いです。肩こりもあり。運動は週に2回ランニング、ウォーキングをしています。
 便は毎日2回、黒っぽかったり、軟便だったり普通だったりと様々です。
 雨の日にたまに頭痛になったりもします。
 血圧は88-50、舌は赤色ですが、白い膜が付きやすいです。喉もよく乾きます。
 どうかよろしくお願い申し上げます。

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:


 メールの内容からは、体質全体をしっかり改善しないことには、短期間ですぐすぐ改善が得られるとは思えません。
 そのためには、なるべく近くで1〜2週間毎に通えるところに、数年間は通うつもりで頑張る必要がありそうです。

 現在行かれている漢方薬局に、通いつめれば、必要に応じて配合の微調整を行ってくれるはずですから、そのうち徐々に改善できると思います。
 どこの漢方薬局へ行っても、おそらく短期間では改善できないと思います。

 病院の保険漢方は使用できる漢方薬に制限がありすぎますので、自費の漢方薬局の方が無難かもしれません。

 いずれにせよ、同じところで数年は頑張れる根気が必須だと思います。

 取り急ぎ、お返事まで。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 13:35| 山口 ☁| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

日々集中的に問合せメールが続く中、お返事メールを受信拒否された内容を、ご本人がご覧になるのを期待して掲載

2012年05月27日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月27日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

受診拒否されたお問合せメール

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:30〜39歳の女性
【 地 域 】:近畿
【 お問い合せ内容 】:

 4月から吹き出物が出始め、5月初めに皮膚科に行ったところ、十味敗毒湯と桃核蒸気湯を処方され3か月ほど飲み続けていました。

 症状はよくなるどころか、膿をもった大きい赤ニキビが次々と出て抗生物質を飲んでるのですが、治りも遅く非常に悩んでいます。

 漢方薬が体にあっていなかったのでしょうか・・・。
 また体にあう漢方はどんな漢方か教えてください。

2012年05月27日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月27日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

受診拒否されたお返事メール:

 大変お困りの様子、どうしたことか、病状は異なっても、日々同様のご質問が多く、お返事に十分な時間がとれないので、思ったままをストレートにお返事をしていたら、「傷つけられた」という、やや苦情めいたお返事が帰って来ることがありますので、貴女の場合にも、本音でお返事することをやや躊躇してしまいます。

 かといってスタッフが少ない関係上、十分な時間が取れないので、時間が取れた合間ゆえ、お世辞抜きにストレートにお返事させて頂きます。

(期待されるようなお返事ではなくて「傷つかれる」ようでしたら、申し訳ないことながら、今から謝罪しておきます。)

 昨今、メールの問合せで、

>体にあう漢方はどんな漢方か教えてください。

 というような安易なご質問が多いのですが、何度もこちらに通った人でもないのに、分かるはずがありません。

 少なくとも効果がないどころか、三ヶ月も服用して却って悪化するのは、ぜんぜんピントがあってない証拠でしょう。

 通常なら10日も服用すれば、効果があるかないか、あるいは逆効果であったかどうかくらいは、ご本人と投与された先生のどちらかが、しっかり判断できるはずです。

 少なくとも7〜14日毎に通って、繰り返し微調整して、しっかりフィットする漢方薬の配合を見つけてもらうべきです。

 そちらは都会地なのですから、もっとましな病院か、経験豊富な漢方薬局も多いはずですので、しっかりお近くで見つけられ、根気よく通って相談されるほうが無難でしょう。

 以上、取り急ぎ、お返事まで。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年05月28日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月28日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 18:36| 山口 🌁| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

脂漏性皮膚炎や酒さ等と診断され

2011年01月05日の茶トラのボクちん(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:20〜29歳の男性
【 地 域 】:関東地方
【 お問い合せ内容 】: 恐れ入ります。

 高校生の頃より、皮脂による皮膚炎に長年悩まされております。後頭部に痒みを伴う皮膚炎、顔面にも(目の周りを除き)皮脂の過剰分泌と赤みが生じております。

 皮膚科に通いましたが、脂漏皮膚炎や酒さ等と診断され、抗菌剤やステロイドを処方されるのみでした。
 その後、都内の漢方専門の病院に通いまして、茵蔯五苓散と荊芥連翹湯を処方され、半年以上服用しております。

 後頭部は、やはり痒みは時々生じますが、皮膚炎となるほどの赤みは減りつつあります。しかし、顔面を中心とした皮脂の過剰分泌や赤みは全く変化がないのが現状です。なお、先生には、後頭部の調子が多少なりとも改善しているのなら、このまま同じ処方で続けると言われております。

 もちろん、仮に体質改善となりますと、半年程度の服用で大幅に症状が改善するものではないということも十分承知しております。もっとも、長期にわたる服用が必要だとしても、あくまで「ピントのあった」処方で改善をすべきと思いますので、そうしますと、後頭部の皮膚炎にわずかな改善が見られたことのみをもって今の処方を続けるというのも不安に感じます。

 先生のご経験からしまして、ピントのあった処方でしたら、未だ改善が特に見られない顔面の皮脂過剰分泌や赤み等はこの半年で既にある程度の改善は見られているべきものでしょうか。

 また、村田先生のホームページを拝見し、中医学にも通じていることの大切さを感じましたので、「中医」を看板に掲げている先生に伺ったほうがよりピントのあった処方が可能なのではないかとも考えております(ちなみに、都内にあります●●●先生が開業され今は別の先生が引き継がれている「○○○○○クリニック」を考えております)。

 多少の改善をもってピントがあっていると判断するべきなのか、今のままの処方を続けるべきなのか、悩んでおります。お忙しいところ恐縮ですが、ご意見を頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 茵蔯五苓散と荊芥連翹湯を半年の服用によって、

>後頭部は、やはり痒みは時々生じますが、皮膚炎となるほどの赤みは減りつつあります。

 というのであれば、もしも舌の奥に黄色い苔が存在しているようでしたら、という条件付ですが、
 荊芥連翹湯+茵蔯蒿湯に切り替えてテストしてみるとか、
 さらには舌の先が明らかに赤いようであれば、清上防風湯+茵蔯蒿湯でテストしてみるとかの比較検討があってもよさそうなものです。

 あるいは体質によっては、単純に黄連解毒湯だけでもフィットするケースもあり得るわけですので一概に断定はできません。
 患部の観察だけでなく、詳細な舌の状態の早くが重要ですので。

 皮脂の過剰分泌の体質改善には、相当な期間が必要なケースがあっても、漢方薬がしっかりフィットすれば、酒さ様の皮膚の赤みはもう少し早めに軽減できるはずのものです。

 その病院では患部の観察だけでなく、舌の状態をしっかり観察されているかどうかが重要です。
 また、上記に類似した配合変化によるテストを行ってもらえる可能性が低いようであれば、転院するのもアリかもしれませんね。

 取り急ぎ、お返事まで。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 07:17| 山口 ☀| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

脂漏性皮膚炎のご相談

2009年01月23日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年01月23日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:20〜29歳の男性
【 地 域 】:関東地方
【 具体的なご職業 】:大学院生
【 お問い合せ内容 】:お忙しいところ、恐れ入ります。

 私は、皮膚科において脂漏性皮膚炎との診断を受け、漢方を主体とした治療を3年ほど受けているのですが、あまり改善が見られないため、只今服用しています漢方の服用の是非につきまして、ご意見を頂戴したくメール致しました。

 現在の私自身は、身長17○cm、体重5●kg、肌が色白(後述の通り、顔は赤みがかっていますが)で、2●歳です。

 高校生になった16歳くらいから、後頭部の頭皮に赤みがかった湿疹ができるようになりました。痒みを伴い、フケ状のものが出るようにもなりまして、近くの皮膚科の診療を受けましたところ、脂漏性皮膚炎との診断を受け、湿疹部分に塗るように弱めのステロイドを処方されました。当然、塗れば確かに湿疹は消えるわけですが、フケは相変わらず出続け、塗るのを止めればまた湿疹が再発するという繰り返しでした。

 その後、顔全体が脂っぽくなり、目の周りを除いた顔面が赤みががるという症状まで出始め、洗顔をしても毛穴が詰まった感じで、すぐに顔面がベタつくという状態になりました。後頭部の湿疹に関してもステイロドを使った今までの対症療法ではいけないと思い、20歳を越えた頃に、都内で有名な皮膚科を受診したところ、脂漏性皮膚炎との診断は同じでしたが、漢方を使った治療となりました。

 まず、当時はフケがひどかったのですが、「大柴胡湯」と「桂枝茯苓丸加ヨクイニン」を処方されました(特に舌の問診等はされておりません)。これを飲み始めたところ、不思議とフケが収まり、後頭部の湿疹も軽減しました(当時、シャンプーをフケ対策用に変えたこともあり、必ずしも因果性が明らかなわけではないのですが)。

 もっとも、上記の2種類の漢方を2年以上飲み続けはしましたが、相変わらず、目の周りを除いた顔全体が赤みがかり、脂ぎっている点は変わりがなく、後頭部の湿疹も完全に出来ないというまでには至りませんでした。

 そこで、去年の11月頃に、顔が脂ぎり赤くなる点をどうにかして欲しいと訴えたところ、顔の皮脂を減らすということで、グリチロン配合錠と「桂枝茯苓丸」「桂枝加芍薬湯」の二種類に漢方を変更されました。これらを飲み始めたところ、確かにすぐに皮脂が以前に比べて減ったと実感できましたが、2ヶ月ほど飲み続けている現在も、皮脂及び顔の赤みはあまり変わっていません。

 また、皮脂が減ったせいと思われますが、洗顔後の顔に乾燥が目立ち(しばらくするとベタつくのですが)、頬に痒みが出始め、保湿剤の処方を受けました。先の皮膚科医からは、皮脂を減らすことを優先するため、しばらくはこれの処方で続けたいとのことでした。先生の説明によりますと、男性ホルモンが原因らしく、そこをついた漢方の処方だそうですが、減少する40歳くらいまでは完治が難しいとも言われました。

 果たして、かかりつけ医のいう通り今のような漢方を続けて宜しいのか、私自身も分からなくなってしましまして、ご意見を頂戴できれば幸いです。私自身、体温が36度後半で比較的高めであるのに、今の時期は手足が非常に冷えるという症状があることに最近気がつき(気がついた頃にはそうなっていましたので、厳密にいつからかの症状は分かりかねますが、小学生の頃は体温が低かった記憶はあります)、何か関係がないか先生に伺ったのですが、「脂漏性皮膚炎の患者さんにそういう人が多いのは事実で、桂枝茯苓丸は手足の冷えを改善する効果もあるので調度良いのでは」と言われたまででした。

 お忙しいところ申し訳ありませんが、ご意見のほう宜しくお願い致します。
 長文、失礼致しました。

2010年01月23日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年01月23日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

 脂漏性皮膚炎の多くは、症状自体が、重症のアトピー性皮膚炎のような派手さがないぶん、あまり即効性は期待できないと思います。

 また、体質的な問題が大きいだけに、地道に体質を改善しなければ、症状自体も劇的に改善できるものではないように思われます。

 アトピー性皮膚炎であれば、一時的には劇的な効果が出て、このまま治ってしまうのでは?と錯覚を起こすほど、みるみる改善することはあっても、やはり根本的に体質を変えるには、現実には数年以上かかるのはザラです。

 一方、脂漏性皮膚炎は、放置しておいても、中年以降になれば、皮脂腺が老化して萎縮するころには、いわゆる脂性体質も治まってくる人が多いようです。

 ところで、現在服用されている漢方薬は正しいかどうかまでは、メールだけではまったく判断できませんので、何とも言えないのですが、いずれにせよ、数年以上、あるいは10年近くの体質改善が必要ですので、信頼できるお医者さんであれば、そのまま信頼して続けるのもよいかと思います。

 但し、これまで数年続けても、あまり改善が得られてないようでしたら、いくら有名でも一般的な皮膚科にかかるよりも、出費が多くなるかもしれませんが、保険のきかない漢方専門のクリニックか、漢方専門薬局で相談されたほうが、もっとピントのあった漢方薬が得られるかもしれません。

 漢方知識においては、専門性の高い領域だけに、臨床経験と専門知識において、先生によっては信じられないほどの雲泥の差がありますので、そろそろ他の漢方専門のところへ変わってみるのもよい頃かもしれません。

 取り急ぎ、お返事まで。

たまには応援のクリックをお願いします!⇒ にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2010年01月23日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年01月23日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年01月23日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月23日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年01月23日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月23日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年01月23日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月23日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 00:03| 山口 ☀| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

病気の原因はストレスにあり、という典型的な例証

2008年8月3日のボクチン4歳
2008年8月3日のボクチン4歳 posted by (C)ボクチンの母

 先日、肌のきれいな女性から直接聞いた実話。

 二十代前半のOLだった当時、イヤな上司が赴任して来た途端、いままで出たこともなかった顎ニキビがびっしりと生じた。

 病院治療はもとよりエステや漢方など、あらゆる手を尽くしても一向に治らない。

 どんな治療方法もまったく無効だったという。

 そのうちイヤな上司に次第に可愛がられるようになったものの、それでも顎ニキビはびくとも変化がない。

 ところが、上司が転勤になっていなくなった途端、顎ニキビはきれいさっぱり即効的に完全に消滅してしまった。

 以上、最近、聞いたばかりの実話であるが、心と身体の相関関係はかくのごとし。

2008年8月3日のボクチン4歳
2008年8月3日のボクチン4歳 posted by (C)ボクチンの母



 
タグ:顎ニキビ
posted by ヒゲジジイ at 07:53| 山口 ☀| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

頑固に慢性化した皮膚病は完璧な治癒を望んではいけない理由?!

KSC_6500
KSC_6500 posted by (C)ヒゲジジイ

 若い頃に中医学書籍や雑誌類をメモを取らずに濫読するばかりだった弊害かもしれないが、タイトルの言葉はヒゲジジイ個有のフィルターを通して記憶した名老中医の名言である。
 皮膚病といっても慢性化した吹き出物の話しだったように記憶する。

 頑固に慢性化してしまった皮膚病(吹き出物?)はすべてを治そうとしてはいけない。
 一部は残しておかないと無理に治そうとすると内攻する恐れがあるので、皮膚病治療に完璧は望むべきではない。

 このような主旨だったと記憶するが、ヒゲジジイのフィルターを通して記憶された中医学の格言として、長く記憶に残っている。
 ヒゲジジイ持ち前のフィルターを通して理解された文言だから、原文とはおそらく微妙に異なるところがあるに違いないが、けだし名言だと思うのである。

 遠路はるばる毎月通われている皮膚疾患(アトピーではない)で一定の効果が出ているところへ、今夜のメールでも完璧・理想的な皮膚の状態を追い求めておられるので、この人には上記の名老中医の言葉を書いて、さきほど返信したばかりである(苦笑。

DSC_2076
DSC_2076 posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 22:58| 山口 ☁| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

様々な症状に伴うニキビ体質の病院検査のご質問

年齢 : 20歳〜29歳
具体的な御職業 : トリマー
お問い合わせ内容 : はじめましてm(__)m
 私は11歳頃からニキビができはじめ25になった今でも治らずにいます。いろいろな漢方薬局で見てもらいましたがどの薬も効果がありませんでした。(今日から柴胡桂枝湯を飲み始めました。)

 ホルモン検査や甲状腺の検査をしても異常はなく一生このままではないかと不安で外に出るのも億劫になっています。私の症状は顔全体が真っ赤(化粧をしても隠せないほどです。)、顔全体にニキビ、胃が弱い(胃痛で点滴にかようときもあります。)、冷え性、のぼせ、頻繁に頭痛、生理前にニキビと赤みがよりひどくなり、腰がだるくなり冷える。生理痛はありません。

 犬猫、イネ科、ブタクサ、スギ花粉、ハウスダストなどのアレルギーがあります。何種類もの漢方薬を飲んでも効き目が現れないので本当に不安なのですがホルモン検査などの他に病院で検査してもらうには何を調べれば良いでしょうか??


お返事メール:病院の検査の問題についてのご質問は、むしろ皮膚科の専門医にお訊ねすべき問題で、こちらでは何ともお返事のしようがありません。

 漢方薬について、少しだけアドバイスができるとしたら、全身にわたって虚弱性を含めた五臓六腑の様々な領域で基礎物質(気・血・津液)の量的な過不足や流通面での過不足を調える必要がありそうですので、単一の漢方処方だけで体質改善を試みても、薬力不足であろうと推測されます。

 たとえ柴胡桂枝湯がある程度フィットする部分があっても、これ単独ではあまりにも非力ではないだろうか?と想像するわけです。

 貴女のような虚弱体質が基礎にあり、おまけにアレルギーも存在する場合、かなり正確な弁証論治にもとづいた各種の方剤が必要であろうと思われます。しかも体質を変えるにも数年くらいの期間が必要であろうと想像されます。

 一つの処方を転々と変えても、たとえそれがフィットしていても、処方数の不足から、いつまでももう一歩効果が出にくいのではないかと想像するわけです。
 長年の経験上、そのように憶測しましたが、あくまで頂いた文面から想像したに過ぎません。

 いずれにせよ、ご質問の主旨がやや不明に思ったのが正直な感想です。
タグ:ニキビ
posted by ヒゲジジイ at 00:25| 山口 ☀| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

鼻炎・脂性・ニキビの漢方薬の御相談



性別 : 男性
年齢 : 20歳〜29歳
ご職業 : 学生
簡単なご住所 : 関東地方
お問い合わせ内容 : はじめまして、24歳の男性です。(私は●●県◎◎の出身で、村田先生のHPを拝見して相談させて頂きました)お忙しい所すみません、よろしくお願い致します。

 2年くらい前から、慢性鼻炎に悩み、最近耳鼻科で勧められた辛夷清肺湯を使っており、やや改善しています。
 10代の頃からかなりの脂性、にきびにも悩んでおり、荊芥連翹湯を試したいと思っています。
 (以前住んでいた所の漢方医に相談した所、勧められたのですが、私が遠方に引っ越してしまい、現在、直接相談ができない状況です)

 荊芥連翹湯も鼻炎に効果があるとの事ですが、今服用している辛夷清肺湯と併用することにより、相乗効果が期待できるのか、併用するのはやめたほうがいいのか判断がつきかねて相談した次第です。
 何卒、よろしくお願いいたします。


お返事メール: 辛夷清肺湯が有効な鼻炎は、多くの場合、副鼻腔炎のはずですが、若い年齢層の人では、脂性でニキビも合併しているケースでは、辛夷清肺湯と荊芥連翹湯を併用することで、鼻炎にもニキビにも脂性にも相乗効果を発揮する体質の人がいるのは確かです。

 昨今は、ニキビの悩みで来られる人が、村田漢方堂薬局に限っては激減していますが、以前は同様の配合で一石三鳥を狙ってしばしば成功していたものです。
 十数年前にも同じ関東の医学生が村田漢方堂薬局で、同様な処方で寛解しています。

 但し、貴方に直接会ってご相談したわけではないので、必ず貴方に合っているとは断定できるものではありませんが、以前住んでおられた漢方医?に奨められていたのなら、ますます可能性は高いかもしれません。

 気をつけなければならないのは、辛夷清肺湯と荊芥連翹湯の配合比率です。漢方薬の濃度は多ければよいというものではなく、配合中の薬味の比率というものも重要です。

 まずはお近くの漢方専門薬局か漢方専門クリニックでも見つけて、直接相談されて指導を仰ぐべきです。ネット通販などで安易に購入するのは、後々のご相談で困ることもあるので、必ず一度は直接出向いてご相談されるべきです。


【編集後記】 そういえば昨今、ニキビで悩まれる若い年齢層が来られるケースは激減している。
 アトピー性皮膚炎のように小さい頃から病歴の長い人は若くとも相当深刻な悩みとなっているので、20代前後でも多くの場合、真剣さが異なる。だからヒゲジジイの神経質な弁証論治に耐えられる。
 ところが、ニキビの悩みがいくら深刻でも、やはりアトピーの人達と比べて真面目さや、素直さの点でやや異なる部分が見えるので、ヒゲジジイ特有の「テスト」を行うと、やはり直ぐに退散される。そんなことを繰り返しているうちに、気が付けば昨今、ニキビの相談者がほとんど来られなくなった。これで良いのだ(苦笑
 ともあれ、脂性体質を治すには上記の方剤だけでは実際にはやや不足の場合があり、弁証論治によって茵蔯蒿湯や猪苓湯などでバックアップした方よい場合が多い。



折り返し頂いたメール:
 村田先生、お忙しい所早速の返信、本当にありがとうございます。

 脂性やニキビは年齢が進めば落ち着いてくるものと思っていましたが、なかなか好転せず悩んでいたところです。
 近日中に近くの漢方医に相談の上、ためしてみたいと思っています。

 先生が他の質問で言われていたとおり、改善には半年、1年と時間はかかるかもしれませんが、地道に頑張りたいと思います。また報告させて頂きます。
 本当にありがとうございました!
posted by ヒゲジジイ at 00:05| 山口 ☁| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

角栓の悩みの御相談

ボクチン

年齢 : 10歳〜19歳
簡単なご住所 : 関東地方
具体的な御職業 : 大学生
お問い合わせ内容 : はじめまして。
 僕は今年の四月から地元の漢方専門薬局に通っています。

 主な症状4年前から顔の鼻、おでこ、頬の毛穴という毛穴からびっしりと角栓と呼ばれる脂の塊がつまって飛び出ておりまた口のまわりや頬の外側からは黄色っぽいヒゲのようなザラザラが大量にできています。
 これらのものは指でこすってしまえばボロボロととれますが、そのかわり角栓がとれたせいで毛穴がぱっくり開いてしまい、また十日もすれば元通り毛穴という毛穴から角栓がつまって飛び出した状態になります。

 今まで様々な自己流の治療や何軒もの皮膚科に行きましたが良くならず、挙句の果てには二十五日間の水しか摂取しない断食も行いましたが良くならず、最後の望みとして漢方薬を服用しています。
 今の薬局はとても信頼していて根気よく続けていこうとは思っているのですが、約四ヶ月経ちますが一ヶ月の内に一週間ほどは角栓が細くなったり小さくなったりはするのですが角栓そのものが出なくなることはまだなく本当に治るのかとても不安です。

 そこで質問なのですがピントのしっかり合った漢方薬を相当根気よく続けて行けばこのような体質は改善する事は出来るのでしょうか?
 また角栓が出なくなった後の開いた毛穴や黒ずみの改善や体の中からしっかりと綺麗な皮膚を作ることが出来るような体質になることは可能でしょうか?

 本当に真剣に悩んでおり、もし改善できるのであれば十年ぐらいかかっても根気よく漢方薬による治療をしていきたいと思っております。
 またその後も美容のために漢方薬を使用することは有効ですか?四年間ずっとこのような状態でものすごく辛く綺麗な肌に対して強い憧れがありますので。本当は通っている薬局に聞くのが筋ですが、どうしても村田先生の御意見が聞きたくメールさせてもらいました。
 どうぞ宜しくお願いします。


お返事メール:文面を拝見しますと、相当に重症のようですが、根気よく地元の漢方専門薬局で地道に体質改善を数年がかりのつもりで頑張りぬくことです。
 一種の体質病ですから、根本的に脂性体質を改善しないことには一朝一夕にはよくなるものではありません。アトピー性皮膚炎を治療するよりも期間がかかると思います。
 
 アトピー性皮膚炎であれば、かなり重症の人でも、多くは一年半もあればかなり改善してしまうことが多いものですが、貴方のような脂性体質が根本に巣食っている場合は数年がかり、つまり3年以上かかる場合も無いとは言えません。
もっと軽症であれば、一年もあればかなり改善することでしょうが、やはり文面からお察しするところでは3年以上はかかるかもしれません。

 このことは、村田漢方堂薬局で症例数の多いアトピー性皮膚炎も同様で、軽症の人では一年以内に目途がたつものの、重症では一年半〜3年近くかかる場合もあるわけです。

 といっても、真の意味の体質改善を行うつもりの人では、脂性体質改善のために20年間漢方薬を続けた男性もおられます
 その男性は現在でも膝関節が悪くなって漢方薬を求めて来られたり、腰が悪くなればまた漢方薬で、結局、漢方でのお付き合いが三十数年以上となっていますが、今ではすっかり脂性体質は改善されています。
 というか、多くは齢を重ねることによって脂性体質も次第に減じていくことが多いものです。

 その男性の場合は、脂性体質改善と予防に荊芥連翹湯という処方が適合したのですが、処方を少なく絞り過ぎたために改善するまでに随分期間がかかってしまいました。(今から思えば茵蔯蒿湯など湿熱を除去する方剤をもっと積極的に加えておくべきだったと反省されるところです。)

 貴方のような若い年代では、往々にして焦りばかりが先行して、真の体質改善にはとても時間がかかることを悟れず、一年も続かないことが多いようです。石の上にも3年という諺を肝に銘じて、その親切な薬局さんで頑張り抜くことです。
 3年頑張られればかなり効果が出て来るでしょうから、あとは惰性でも構わないから合計20年は続けるつもりで長期戦を覚悟されるべきだと思います。

 人間の寿命は80前後という問題を考えれば、体質病を改善するには、時に長期戦を覚悟すべき内容の体質病もあるわけです。
 とりわけ脂性に関わる問題では、重症であればあるほど長期戦(3年くらい)の覚悟は必要であろうということです。

 なお、油物を摂取することは出来るだけ避けるのが重要です。


折り返し頂いたメール 夜遅くに迅速な返信どうもありがとうございます。
 これからも村田先生のおっしゃる通り根気よく地元の薬局で頑張っていきたいと思います。
 それでは今後も先生のブログを愛読させていただきます。どうもありがとうございました。

posted by ヒゲジジイ at 00:09| 山口 ☁| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

赤いできものが皮膚科で治らないとき

性別 : 女性
年齢 : 20歳〜29歳
ご職業 : パート・アルバイト
簡単なご住所 : 関東地方
お問い合わせ内容 : 体に赤いできものがたくさんできました。
 お腹、お尻、足などにでています。
 皮膚科へ行ったら夏に多くなるものだと言いました。。。が涼しくなってもまだでます(:_;)
 かゆみもなく痛みもほとんどありません。でも中心にうみをもっていて周りが赤いです。
 こうゆう症状にきく漢方薬はありますか??
 死にたい程悩んでいます。助けてくださいm(__)m


お返事メール:こんなに遠方ではまったくお助けすることは不可能です。
 病歴も短いのですから、病院を変えてみるなり、あるいは地元の漢方専門薬局に行ってみては如何ですか?

 メールによる僅かな情報だけでは、何のアドバイスもできません。

 世の中には全身、重度の痒みを伴ったアトピー性皮膚炎で10〜40年以上も苦しみぬいている人が沢山おられます。仕事にも行けなくなって家に引きこもっている方もおられます。それらの人に比べたら、貴女の場合は痒みがまったく無いだけしあわせです。

 病院を変えるか、自費で経費はかかるかもしれないけれど、地元の漢方薬局に行かれるか、あるいは両方を選ぶか、早速行動です!


折り返し頂いたメール:お返事ありがとうございますm(__)m
 そうですよね(>_<)もっと苦しい人はたくさんいますよね。アドバイス通りにしてみます。
 遅い時間にもかかわらずありがとうございましたm(__)m
posted by ヒゲジジイ at 01:15| 山口 ☔| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

ニキビ治療の御相談

性別 : 女性
年齢 : 20歳〜29歳
ご職業 : 会社員
簡単なご住所 : 東海地方
お問い合わせ内容 : 初めまして。
 ミクシイというサイトで漢方の名医がいると紹介して頂いたのが先生にご相談したいと思ったきっかけです。
 ご相談内容ですが、顎、頬、おでこにできるニキビで悩んでます。
 先生のサイトを見させて頂いて、病院に通うのがまず第一と理解しました。ニキビに悩んで5年・・自分では色々やってきたつもりです。病院にも数箇所足を運びました。化粧品が悪いとか、不規則な生活をしていないかなどどこも世間一般で言われているような診断でした。
 処方の薬では治らないし、新しいニキビもできました。それほど顔中にニキビがあるというわけではありません。
 ただ、必ずどこかにニキビがあり、痕も残ってしまうのでどうにかしたいのです・・。
 漢方の力を先生の力を貸してください。


ヒゲジジイのお返事メール:拝復
 長年、ニキビが治らないでお困りの人は多いようですが、軽症だからといって簡単に解決がつく問題ではありません。ニキビの場合、重症の人の方が、半分治ったくらいでも、明らかな効果が見えるので、短期間で半減して大いに喜んでもらえても、徹底的に完治するまでは、かなり徹底した体質改善を行う必要があるために、8割緩解で諦める人も出てきます。

 貴方の場合のようにニキビ歴が長いとは言え、それほど重症ではない、むしろ軽症であるというケースでは、病歴が長いだけに体質改善そのものをかなり徹底的に行わなければ、根治しない可能性が高いのです。
 だから、軽症だけに目立った効果が直ぐに出るとは限らず、気長く少なくとも1〜3年くらいのピントの合った体質改善的な漢方処方が必要になります。

 見かけが軽症だからといって直ぐに治ってしまうわけではないということです。ニキビも脂漏性皮膚炎も同類ですが、気長く体質改善を行った人は、最終的にはほとんど根治してしまいますが、長期的なピントの合った体質改善方法を行う必要があるであろうということです。

 こちらでは、アトピー性皮膚炎も含めてニキビや脂漏性皮膚炎など、女性の美容に直結した問題で来られる方は多いのですが、真剣真面目に続ける人は全員、体質改善に成功していますが、数回の微調整が耐えられず、直ぐに他の治療方法に目移りする人は、いつの間にかサヨウナラ、で今年だけでも既に2人の脱落者が出ている始末です。
 こちらから言えば、あまりにも根気が無さ過ぎる。根気のない人は、何をしても成功しないだろうと、こちらでも割り切っています。

 逆に、根気があり、漢方薬のピントの微調整に耐えられ、一定レベルの経費もつぎ込める人(軽症のニキビであっても根本的な体質改善には一ヵ月分に換算すれば1万円〜3万円くらいかかる)でなければ、自費の漢方治療というのは不可能です。

 難病だから経費がかかり、ありきたりな病気だから経費がかからないとは限らないのです。例えば、最近でも某膠原病の女性に、当帰四逆加呉茱茰生姜湯加地竜の配合で、月額換算すれば1万数千円の経費であり、同様なある膠原病でも、茵蔯蒿湯と独活寄生湯製剤の併用で、やはり月額1万数千円の経費で、お二人とも順調に緩解しています。

 ともあれ、貴女は遠方ですので、上記のおつもりで地元の漢方専門薬局などで、体質をシッカリ見極めて御相談に乗ってくれるところに訪問され、適切な体質改善を行ってもらうその根気があれば、1〜2年もすればほとんどニキビとオサラバ出来ることでしょう。体質によって漢方薬や体質改善方法も異なりますので、必ず直接出向いて御相談されるべきです。

 以上、メールでのご相談ではこれ以上のアドバイスを差し上げることは不可能ですので、悪しからず御了承下さいませ。
                     頓首
村田漢方堂薬局 村田恭介拝


折り返し頂いたメール:お返事ありがとうございます。

時間がかかるのは百も承知です。
体質改善から始める決意もあります。
実際私も体質が問題の1つだと思っています。
費用もそれなりに覚悟があります。

やはり遠方ですと直接アドバイスは頂けないんでしょうか。。
1度近くの漢方へ相談し、●●●を処方されましたが、
私の話はあまり聞いて頂けず、途中でやめてしまいました。。

もし先生とのお付き合いが難しいのであれば、どうしようもありません。

◎◎◎◎◎で先生のような方いらっしゃらないでしょうか。。


折り返しお送りしたメール:拝復
 当方のサイトを本当に真剣に読まれていたら

> もし先生とのお付き合いが難しいのであれば、どうしようもありません。

 このようなやや失礼とも思える文面をお送りされること自体、理解に困しみます。
 だから当方では、チェック体制をしっかり行っているのです。

漢方と漢方薬の将来のために直接来局の方、あるいは電話のお問合せで、漢方薬販売をお断りした事例集

 こういうブログをやっているのも、本気の人、マナーが守れる人、そういう方としかお付き合いがしたくないからです。
 現実には、当方には関東や関西方面からでも、重症の人から軽症の人まで、体質改善が行いたいからと、泊りがけでやって来られる若い人が絶えません。それだけの気概のある人でなければ、やや大袈裟に言えば互いに切磋琢磨して漢方治療を行うことが出来ないからです。

> やはり遠方ですと直接アドバイスは頂けないんでしょうか。。

とありますが、当然のことです。
 遠方の人でも、本当に真剣に真面目な人というのは、こちらがたとえお断りすることがあっても直接やってこられ、しかもマナーがしっかり守れる人だからこそ、こちらも真剣にアドバイスも出来るし、長いお付き合いも出来るのです。
 単なる慈善事業をおこなっているわけではないので当然ではないでしょうか?!

 ところで、「●●●を処方された」とあるのは、朝鮮人参のことでしょうか? もしもそうだとすると、相談を中止されて大正解です。あまりにも幼稚すぎます。

ともあれ当方は儲け主義でやっている薬局でもなければ、かといって単なる慈善事業でやっている薬局でもない、お客様は神様ではない! 「イヤな客には売るな!」石原明著(PHP研究所)

http://cyos.exblog.jp/  http://cyosyu.jugem.jp/  ということです。 
                              頓首


【編集後記】 土曜日の仕事を終わってストレスが溜まりにたまって、またまたブログに八つ当たりとは年甲斐もないが、ことのついでに、というかどさくさ紛れに本音を書いておくと、今頃の日本がますます嫌いになる理由はこれである
http://cyosyu.jugem.jp/?eid=49
自国の国旗や国歌に敬意を払えない教師達

 自国の国旗や国歌に敬意を払えない先生方に、大事な子供をあずけるわけには参らぬ。

 父や母、祖父や祖父母、曽祖父や曾祖母をはじめとしたみずからのご先祖様に敬意を払えない不遜な輩と非難されても致し方ないのではなかろうか?

 そんな不遜な輩にどうして大事なわが子を託すことが出来ようか!?

 実に不倶戴天と表現するに相応しい。
 価値観の相違で済まされる次元とは到底思えない。


posted by ヒゲジジイ at 13:07| 山口 ☔| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

ニキビについての疑問

御質問者:東海地方の内科医師

 いつも参考となるお知恵を拝借できて助かっています。私にとっては、大変切れ味のよい懐刀のようで、頼もしく感じています。

 さて、本日はにきびについてお教えください。20台の女性です。長期にわたるうつ病があり、精神科を受診され、抗うつ薬を各種内服しています(効果はあまり良くないそうです)。
 舌は紅で、無苔、排便は当然ですが便秘があります。にきびは眼の周囲を除いた顔面に認められ、一部は感染しているせいか黄色調の分泌物があります。白虎加人参湯+猪苓湯の合包を処方し、ややニキビの数は減っているようです。

 ここで質問です。眼の周囲は全く綺麗でにきびは存在しないのですが、眼の周囲は特別な部位なのでしょうか。そういえば、眼の周囲ににきびがブツブツできているかたにはあまりお目にかかったことがないかもしれませんが。

ヒゲジジイのお返事メール:拝復
 確かに目の周囲にニキビが出ている人はみないな^^と、若い頃にニキビの多かった愚妻とも話し、おそらく皮脂腺が少ないのではないかと西洋医学的な詮索をしたところで、これは中医学的な問題よりも西洋医学的に理由があるのだろうから、身内に皮膚科の医師がいれば訊いてみようと思いましたが、内科系や小児科ばかりで、皮膚科が専門の医師は身近にはおりません。
 そこで、むしろ先生の身近に皮膚科の先生がおられたら、むしろそちらでお訊ねになったほうが正確なことが分かるだろうと思います。

 と、このようなお返事を考えておりましたところ、薬局を閉める夕方6時前に来られた二度目のアトピーの若い女性が来られ、12日間の服用でまずまずの様子に安心して、ちょっとした話題としてニキビのこの話をしたところ、彼女の高校生時代のクラスメートに、逆に目の周囲にだけニキビが多発して、皮膚科に通っては潰してもらうものの、なかなか治らなかった男性を目撃しているそうです。

 ところで中医学的には考えたこともありませんでしたので???です。
 以上、取り急ぎお返事まで。 
                         頓首

村田漢方堂薬局 村田恭介拝
タグ:ニキビ
posted by ヒゲジジイ at 00:18| 山口 ☀| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする