2007年07月15日

すべてを受け入れていたら一週間以内に機能不全を起こすことは目に見えている

 昨日のブログを読まれたお馴染みさんが心配されてメールを下さった。ありがたいことであるが、既に村田漢方堂薬局に通われている人や、一度でも遠方から来られて薬をお出して、お互いに切磋琢磨している人たちには無縁な話なのである。

 皆さんに出来るだけの時間が取れるようにしているのも、当方では受け入れきれない内容のお問合せは悉くお断りしているから捻出できる貴重な時間である。
 当然、最低限のマナーすら守れない人のお問合せは悉くカットしている。

 我が愛すべき日本國は、既に過去の日本ではなくなっている。

 信じられないことに、各医療機関では医師に対する患者の暴言や暴力の頻発が大問題となっている。とりわけ女医さんに対する暴言や暴力は目に余るものがある。
 勤務医の過重労働に何の理解も示さず、そのツケはすべて国民に跳ね返って来ることだろう。


 このような地に落ちてしまったニホン社会において、各医療機関が防衛策を講じる中、村田漢方堂薬局では逸早く徹底した防衛策を講じている。
 その徹底した防衛策をもってしても、様々な暴言を受けることまでは完全には防ぎきれてないのが実態である。

 ケツメイシを求めて来られた三十代の女性、期待したメーカーの製品ではないといって、信じられない暴言を吐き散らして逃げる凄まじい形相は、先週あったばかりである。
 自分の気に入らないことがあれば、所構わず当たり散らす女性達のヒステリックな振る舞いは平成になって加速しており、村田漢方堂薬局内においては男性で目撃したことは皆無に近い。

 まったく見ず知らずの代理人に、もしも要望通りに安易に電話相談だけで緊急を要するからと情に負けて高価な高貴薬などを含めて複数販売した場合、そこでもしも効果が出なかった場合にどのような目に会わなければならないか?
 たとえ一時効果が出ても、状況から直ぐに効果が途絶えた場合など・・・お相手がまったく見えないだけに想像しただけでも空恐ろしい。
 善意が仇になった過去複数のとても苦い経験から、断じて応諾する訳には行かないのである。常連さんによる御家族の依頼とは全く事情が異なる。

 幸いなことに受け付けの女性薬剤師が徹底して家訓?を守ってくれるので、当方の常連さんはもとより、遠近を問わず新しいお馴染みさんもすべて紳士淑女揃いである。
 もちろん女性達こそ、皆さん大和撫子揃いであるからこそ、互いに腹を割って切磋琢磨出来るのである。
 こればかりは、大いに自慢出来ることで、男女ともども日本的な奥ゆかしさと品性に恵まれておられる方達ばかりだから、邪念なく漢方相談にのめり込むことが出来るのである。

 最も問題が頻出しているのは、日々連発してかかって来る一部の無遠慮な電話でのお問合せということである。

2007年07月04日

疲労が100倍になるお邪魔虫や無礼者の漢方相談

 真剣・真面目で村田漢方堂薬局の漢方にしばらく賭けるつもりで来られた突然の訪問者ならほどほど歓迎(これが仕事だから)ではあるが、同じ真剣・真面目でも甚だ迷惑な訪問者というものがある。
 関東からの先客(またも関東!)の最後の日だから、今後のメール相談の方法などアドバイスしている途中に来られたストレンジャー。

 応対に出た女性薬剤師に「御相談があるのですが・・・」と来れば、当然、漢方薬を求めて来られた遠来の御相談者と思い込むのが当然。ところが、

2007年04月03日 薬剤師が漢方薬・中医学を学んでその知識を活かせる道

 上記のブログで取り上げた内容に近い話で、相談というのは「将来、漢方薬局をやりたいので御相談がある」というのだった。

 同じ漢方相談でもこちらにとってはこんな仕事の真っ最中に全然有難くも面白くもない、短い人生の貴重な時間の一部を強引にもぎ取られるような不快を禁じ得ない。

 仕事中にこのような相談こそ迷惑な話で、これがまだ若い美人の女性なら多少はガマンして少しは愛想笑いの一つもしようが、先週から遠来の新しい人の漢方相談が連続している最中、どうして受付嬢はしっかりとお断りしてご帰宅を願わなかったのかと恨めしい。

 よりによってこのトウヘンボク爺のところによくぞ手前勝手な訪問が出来たものだと思うと同時に、これが現代のマナーを心得ない知識人予備軍の典型であろうか? その証拠に・・・
 今後このブログに訪れたら、ウェブランキングバナーのクリックを忘れないようにとの当然のマナーをほのめかしたところ、どうしようもなく怪訝な顔をするので、それがマナーというものだろう、手前勝手に人から得るものだけ得たらそれで良いというのはいかにもマナー違反だ、ギブ・アンド・テイクだよ、っと言ってもあまりピント来てない風情。
 これじゃ〜〜^貴君は接客業に向かないかもよっ(ユーモアもまったく通じないっ!)

 そうだ、マナー違反と言えば、先日、何年も前に当方で合わせたものがピッタリ合って調子良かったから、ネットで探して安売りのお誘い販売サイトから長年購入していたんだけど、今頃あまり威力がなくなったようなのでもっと良いのがあったら、またピントを合わせて推薦して欲しいという、信じられないほど虫のいい要求である。

 ア〜タ〜〜〜ネ^^、その間の経過が追えてないのだから、そうそう世の中、甘くはオマヘンデ〜〜〜っ、
 そのお誘い販売サイトで相談して下さいね〜〜〜っと、態よくお断りしたのは当然のプライドである。


 今ではそのお誘い販売サイトよりも悉く安価な漢方のスパー店に成り下がっていることを知らないのだからオメデタイことである・・・呵呵!

2007年06月21日

お気軽な御相談をお断りする理由

 お気軽な御相談をお断りする・・・といっても現実には漫画チックな現実も生じるから、我ながら苦笑せざるを得ないこともある。
 もともとお電話でのお気軽なお問合せは、やや警戒した口調で応対する受付嬢(昔のお嬢さん)にしても、ヒゲジジイが応対にでても、丁重にお断りするのはお手の物だが・・・

 薬局に直接お気軽さんが来られた場合、数十分から時に一時間もかけてお断りせざるを得ないこともあるから、何をやってるのやら?!と実に時間を無駄に浪費してしまうことがあるから、イヤになる。

 面と向かってお断りするには、なるべく気分を害さないように気を使うから生じることで、ところがお気軽なお相手は暇つぶしの要領を心得たツワモノであるから、言葉巧みに質問を浴びせかけるのである。

 質問されたらどうしても真剣に答えたくなるのが性格上の欠点?なるがゆえに、そこは踏ん張って上手に逃げなければならないのだが、べったりと人に寄りかかるように遊び上手なお気軽な連中と来たら、なかなか手に負えない。

 ようやく説得してお断り願った後では疲労困憊、その日一日は、グッタリして能率の悪い一日となる。
 どうして薬局と見たらこうもお気軽な人がやって来られるのだろうと思うのだが、止むを得ない。世間様の常識では「お気軽に御相談下さい」というのが漢方薬局の十八番となっているのだから。

 それでも昨今は、昔に比べたらお気楽な御相談が激減している。それもこれもHPやブログのお陰かもしれない。本音をブチあけて書き続けた成果が漸く実ってきた感じである。
 そうして真剣・真面目な御相談だけを受け付けることによって得られる利点は何か?
 多くの場合、当方の漢方に賭けてやって来られる真剣な人ばかりの応対であるから、ご自身の病態認識をみずから中医学的に学習してもらうことができる。

 といっても、そんなに難しい学問的なことを指導するわけではなく、漢方薬のピントの微調整の段階で、漢方処方それぞれの説明を繰り返し行うことから、それぞれの漢方薬のイメージをつかんでもらい、同時にご自身の身体に対する漢方薬の反応を感じてもらいながら、次第に必要に応じた加減を許容範囲内で、ご自身でも工夫してもらえるようになるからである。

 慢性疾患でこじれまくったものでは、虚実挟雑は当然のこととして、寒熱錯雑状況にあることがシバシバであるから、デリケートな微調整を繰り返さざるを得ないケースが多いのである。
 この時に、ご相談者が真剣に受止めてこちらに協力してみずから敏感に感じるところを報告されながら、ご自身でも主観的および客観的な判断を報告できる能力があるなしによって、病気の寛解スピードがは大いに異なって来る。

 ところが、高学歴の教養人と思われる人でも、意外に上記のことにサッパリ協力してもらえないこともあるから・・・不思議である。

2007年05月26日

電話で問い合わせるマナーの悪い女性達

 「態度が悪いですね!」という捨て台詞を吐く電話の女性。何を思い上がっているのやら。
 「アナタこそ態度が悪いですね」と女性薬剤師。

 ことの経緯は信じられない馬鹿馬鹿しい内容である。
「・・・の●●●●は置いてますか?」という、どこやらの健康食品らしい製品の問合せである。聞いたこともない製品だから、当然、置いていませんという返事に、
「漢字が分からないんじゃ〜〜ないですか。漢字を言いましょうか?」
「それには及びません。置いてませんから」
「上の人を呼んで下さい。アナタでは分からないから」
とどこまでも執拗である。
「私は管理薬剤師ですから、すべて分かります」
と女性薬剤師の返事に、ここで
「アナタ態度が悪いですね〜〜〜!」と来たのである。

 このような不遜極まりない思い上がった女性達の問合せ電話は、毎年数限りない。
 病院のような権威を維持すべき組織でさえ「患者」という錯誤・倒錯した敬語法が氾濫するこの日本社会である。今にこの国は滅びるだろう。
 
 雌鳥が鳴けば、國は滅びるのですよ。

参考文献:国家滅亡の原因
ラベル:患者様 無礼者

2007年05月10日

転々と腰が据わらない人々

 そもそも自他ともに認めるヘソマガリのヒゲジジイだが、このブログの毒舌?が大いに気に入ったと勇んでやってこられた奇特な人々が今年になって何人もおられたのにはビックリした!

 不思議とこういう奇特な人たちには明くる日から速効が出ているから実に面白い(笑)
 体質改善三点セットだけで吹き出物が明くる日には半減したスッピンでも目の覚めるような美人のお嬢さん。あとはどれだけ頑張って続けられるかの問題だけですよ。

 軽佻浮薄を好まないので、お気楽な相談や役人根性丸出し横柄な相談者も好まない。
不遜な態度で相談されてタマルか、というのが本音である。
意思の疎通と会話がなかなか成立せずに、イライラして仕事にならない。
苦労した挙句に適切な方剤を見つけてあげたのだから、他所で買ってくれと逃げた。

 今に始まったことではないが、気が多くて腰が据わらない人も多い。一定レベルの効果では満足できずに、転々と各地を渡り歩くのである。この連中には「石の上にも三年」という言葉は通用しない。お互いに切磋琢磨しようという根性もない。病気を甘く見過ぎている。

 今年も少数の人にピントがなかなか合わずにご迷惑をおかけしている反面、大多数の人には比較的短期間に速効をもたらせている。ところがその多くの人に速効が出ているからといって、頑固な慢性疾患が短期間で治ってしまうはずもないだろう!

 最初に速効があったからといっても複雑な慢性疾患や難治性疾患なのだから、今後も様々な紆余曲折だってあり得るくらいの想像力が働かないものだろうか。
 こんな当然の理屈が分からない人も混じるのだから、時に合わせ甲斐のない話である。
 石の上にも三年、というコトワザも既に死語となりつつあるのかも知れませんね。

2007年03月12日

日常茶飯事(付録:深部静脈血栓)

※「病院に行くほどではないと思うから、病院に行く前にマズ漢方薬でも試してみようかな〜〜〜と思うんですがね〜〜〜(と物見遊山!)」
 「そんな気楽さで来られたんじゃ〜カナワナイ。先に病院に行って! 重大な病気が隠れていたらこちらだって困りますからねっ。病院にも行かせずに薬局に留め置かれたなんて、あらぬ嫌疑をかけられたんじゃ〜〜、たまったもんじゃない!」

※「病院でもらった薬(合成薬)を飲んだら、却って気分が悪くなったんですよ」
 「じゃ〜〜、先生にはっきりと報告すべきですよ」
 「とってもいい先生なもんで、言い難いんですよ。調子いいでしょう〜〜っと、言われると、ついついハイッ!て返事してしまったんですよ」
 「バッカジャナイノ〜〜〜ッ」

※「〜〜〜が痛いんですが、飲んだら直ぐ効く漢方薬って〜〜のはないんでしょうね〜〜?!」
 「ハイッ、ご期待通りありません!」
本当はあっても確実な保障は出来ない。

※「歩行すると足が痛くなるんですが、今直ぐに出してもらえる漢方薬はあるんでしょうか?無理ですかね〜〜?」
 「病院では治らないのですか?」
 「いえいえ病院に行くほどでもないんでね〜〜〜」
 「それじゃ〜〜逆に病院に行って下さいよ。体格と年齢の若さから言って、もしも深部静脈血栓などがあったら大変ですからね。一度診断を受けていた方が安心ですよ。ところでどの程度悪いのですか?」
 「一時間も歩くと踝が痛くなるんですよ。大したことは無いんですがね」
 「じゃ〜〜無理ですね。漢方薬を服用しながら一時間歩いては試されたんじゃ〜〜かなわない。きっと、効かない効かないと苦情を持ち込まれるのがオチでしょう。」
その程度の軽症で人をおちょくってるんじゃないのこの人っ! ともあれ、様々な原因による深部静脈血栓の漢方治療の相談はしばしばあるが、必ず病院での診断が下っている必要がある。本日あったばかりの事例

※「漢方薬は効き目が出たら止めてもいいんでしょうか?」
 「止めるやめないは、アナタのご自由ですよ」


※「漢方薬は効き目が出たら止めてもいいんでしょうか?」
 「ええ、構いませんよ、もちろん。でも、再発の可能性が高いことだけは保障しますよ」

※「漢方薬は効き目が出たら止めてもいいんでしょうか?」
 「ええっ、構いませんとも。再発すれば、また再開すればいいんですよっ」
本日あったばかりの事例。ケース・バイ・ケースで、同じ質問でも返事がこうも違ってくる!?

※「〜〜〜が漢方薬で治りますか?」
 「治るかどうかは、やってみなければわかりません。直ぐにピントが合うこともあれば、ピントが合うまでお互いに根気勝負となる場合もあります。ピントが合っても四季折々、臨機応変に配合を変化させる必要が生じる場合だってあります」
 「だったら私の病気はどうなんでしょうか?」
 「察するところアナタの話の雰囲気からは根気がなさそうですので、ほとんど無理でしょうね、きっと」
中途半端な気持ちで来られても長続きしないだろうから、治る病気も結局は根気が続かずに治らないことになりがちって〜〜こと

※「漢方薬って意外に安いんですね〜〜〜っ!」

※「漢方薬って意外に高いんですね〜〜〜っ!」

2007年02月07日

患者さん達の権利意識の強さに疲れ果ててド田舎に退散した同年代の医師の話

 さきほどちょうど風呂に入る前のNHKの某番組で、ヒゲジジイと同年代の地方都市の病院に勤務していた医師が、患者さん達の権利意識の強さに疲れ果ててド田舎に退散して、現在はのんびりと生活しているという話が遠くから聞こえた。
 風呂に入る前だったから、テレビから流れるその内容を聞き取ったままで、前後のことは見ていない。

 退散しないまでも、身内や身近な医師の中にも同様な嘆きをシバシバ聞かされる問題である。
 その権利意識の高さにおいては、意外にも医療関係者(医師のみならず医師以外の医療関係者)も多いそうだ。生半可な知識がある分、主治医に対する尊敬の念どころか、常識的な礼儀すらわきまえない人も年々増えているという。

 その点では、自慢じゃないが、ヒゲジジイの薬局では、どのような立場と職業の人でアレ、礼儀を弁えない権利意識旺盛な人は、あらゆる方便を使ってお断りしている。
 日々神経をすり減らす仕事に、いちいち本末転倒した気遣いを要求するような、駆け引きをするような連中と付き合うつもりはない。
 
 保険医療の病院関連では、どのような患者さんでも法的に診療を拒否できないからお気の毒である。
 その点、薬局であっても保険医療とは無縁の医薬品販売業としての薬屋さんの場合、税制上の優遇措置が皆無である分、患者さんに対する拒否権は必要に応じて発動できる。
 単なる物品販売業と違って、医薬品という人体に作用を及ぼす特殊な販売業であるから、その人に対して販売するに相応しくないと判断すれば、販売を拒否する義務と権限を有するのが薬屋さんの薬剤師である。
 だから、お断りするのは意外に簡単である。だから、ヒゲジジイの薬局には、経営者以外は皆さんマナーがよく、現代風の異様な権利意識旺盛な人は皆無なのである。