2014年05月31日

昔から人気の高い朝鮮人参の落とし穴

2010年5月31日のボクチン(6歳)
2010年5月31日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 ほんの少し前まで過剰に温める生姜ブームに踊らされた日本国中が、昨今ではグリーンスムージーなど生野菜や果物による腹部を冷やしまくるという真っ逆さまの野蛮な健康ブームに踊らされる日本人は、ほんとうにバカである。

 ともあれ、本日も昔から人気の高い朝鮮人参のお話である。

 高血圧で、しかも暑がりのような人が、朝鮮人参だけを大量に服用すると「危険」である。
 朝鮮人参を加工した「紅参」は高血圧に良いと宣伝するところもあるようだが、とんでもない話だと思っている。

 特定の製品を名指しすることはできないが、朝鮮人参エキスにニンニクエキスなどが含有した製品を服用して、目を充血させ、同時に血圧も異常に上昇しても、それらが原因であることに気がつかないまま、相談にやってくる人が毎年続いたことがあった。

 高血圧がひどくなったり、むくみっぽくなったり、というのはザラにある。

 朝鮮人参ばかりを大量に服用するからいけないのである。
 漢方薬はその人の現時点における寒熱虚実をしっかり配慮した配合が必須であり、適切な他の生薬を何種類か配合して用いるべきである。

 漢方薬に限らず、食品でも何であっても単一の品を一度に大量に摂取するのが一番よくない。

 単品を一度に大量に摂取すると、利点よりも欠点のほうがモロに出てくることが多いからである。
 言い換えれば、身体に良いといわれるものでも、単品をあまりに大量に摂取すると「毒性が出現する」といったほうが、オーバーな表現のように見えても、かなり的確である。

 もちろん例外も多い。

 確固たる目的によっては生薬の黄蓍や中草薬の白花蛇舌草などは大量を必要とすることがあるが、これらは例外的なものである。

 ともあれ、連日の朝鮮人参の大量使用で高熱を発した例があるのを中国の専門文献に実例が記載されている。

 高血圧の問題については、ヒゲジジイ自身の実験では、もともと人参主体のドリンクを飲んで気分がよかったのは中年前までのこと。 
 中年以降、血圧が上昇気味になってここ5年くらい、人参主体のドリンクを服用すると一気に血圧が上昇してふらつき、ぶっ倒れそうになる。

 ところが人参が配合されていても、釣藤散や竹葉石膏湯などを服用してもまったく問題ないが、同じ人参が配合されたものでも補中益気湯などの補剤を服用すると、てきめん血圧が上昇する。

2010年5月31日のボクチン(6歳)
2010年5月31日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年5月31日のボクチン(8歳)
2012年5月31日のボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

2014年05月30日

時代劇で結核患者に「朝鮮人参」を服用させるシーンをよく見かけるが・・・

2012年5月29日のボクちん(8歳)
2012年5月29日のボクちん(8歳) posted by (C)ボクチンの母

 漢方界では常識である。

 肺結核は中医学的な分析では、肺陰虚や肺陰虚に肺熱を伴うことが多く、このようなケースに朝鮮人参を単独で使用すると、かえって死期を早めかねない。

 すなわち朝鮮人参がむしろ慢性的な「毒殺」という結果となりかねない。

 新撰組の沖田総司が結核に倒れたとき、浪士たちが朝鮮人参をプレゼントするシーンをNHKドラマでやっていたが、これによって沖田の死期を早めたに違いない。

 時代劇で病人(多くは結核)が出ると、判を押したように「朝鮮人参」の出番となるが、不気味といえばブキミである。

 人参をどうしても使いたいなら、西洋人参(広東人参)だろうが、当時は日本に流通してなかったはずである。

 要するに温性の性質が肺陰虚や肺熱に災いするのである。

 肺陰虚に肺熱を伴うような場合、どうしても朝鮮人参を使用したいなら、他の漢方薬を巧みに配合して、朝鮮人参の温性の性質を相殺することが必須となる。

 だから、中医学に堪能な専門家でなければ、朝鮮人参にはうかつに手を出さない方がよいのである。

 たとえば清熱生津・益気和胃の竹葉石膏湯などは、朝鮮人参を上手に操って巧みな配合方剤となっている。
 石膏・竹葉・人参・麦門冬・半夏・甘草・粳米という七味の配合で傷寒論に記載される方剤である。

 便利な竹葉石膏湯エキス製剤がヒゲジジイの強い奨めを受け入れ、小太郎漢方さんから日本ではじめて製造発売されるようになった。

 現代では熱病の回復期で微熱や気管支炎が続くケースに応用されるが、やや風邪がこじれたときや熱中症など気陰両虚の証候があれば、応用範囲は広い。

 また肺陰虚に肺熱を伴っているときにも、状況によっては的確な効果が得られる。
 肺胃の陰虚に使用される麦門冬湯が基礎になっているので当然である。

トラちゃんはもう直ぐ避妊手術
トラちゃんはもう直ぐ避妊手術 posted by (C)ボクチンの母


2013年04月20日

寒熱の変遷によって臨機応変の配合変化を怠ったために生じた極端な事例

_IGP0408
_IGP0408 posted by (C)ボクチンの母

 関東から一週間前に来られた人で、病状や服用された方剤を記すと、個人的にその漢方薬局さんに特定されたら困るので、その詳細までは書かないで欲しいという希望である。
 (地元の漢方薬局に行った理由は、病院漢方で無効だったため。)

 人参や乾姜(乾燥生姜ではない)が配合された温補剤を販売され、四日間は劇的に調子がよくなったが、その後は身体が過度に温まる一方で、全身が燃えるように熱くなり、動悸も止まらなくなり、挙句の果ては胃を障害して食べれなくなった。
 めまい感やふらつきもあり、この歳(中年)になるまで、これほど気分の悪いことは生まれて初めてというほど異常な体感であったという。

 そこで直ぐにその薬局さんに相談に行くが、正邪相争の状況で、病邪と漢方薬が戦っている最中に中断されると、治るはずのものも治らなくなるので中止してはいけないということだった。

 ところが日々悪化する一方なので再三再四訪れて配合変化を依頼するも、最初に効いた漢方薬は最後まで続けるのは漢方医学や中医学の常識だから、断じて配合は変えるべきではないとのたもうのだった。

 それでも執拗に通い続けると、仕舞いにはあからさまに嫌な顔をされるので、通うのをやめて漢方薬を中断すると、燃えるような熱感は2割ほどは軽減したが、胃障害は続いたまま全身の熱感はそれ以上の改善はみられない。

 という次第で遠路はるばる下関までやって来られ、大柴胡湯・加味逍遥散・黄連解毒湯・杞菊地黄丸で胃症状はしだいに改善し、同時に全身の熱感も波打ちながら一週間経つうちにはかなり軽減して来た。
 メマイ感もようやく8日目頃にはほとんど消失し、ちょと早めながら昨日やって来られたばかりである。

 今後は黄連解毒湯による冷やし過ぎに注意が必要で、だから臨機応変に増減ができる錠剤を使ってもらっている。

 温補剤に限らず清熱剤においても、短期間で急転直下寒熱が逆転する場合があるので、臨機応変に配合変化が必要になるのは常識であるが、巷では上述のように一度効いた漢方薬は最後まで続けるべきとの間違った考え方が漢方専門薬局や病院漢方でも定着しているのかもしれない。

 同様に昨日も、気管支拡張症で来られた男性が、最近、朝方寝汗をかいて緑色の痰が出るというので、病院での治療薬を効くとクラリスなど西洋医学治療の常套手段に混じって、10年前の大腸の手術後から今に至るまで大建中湯を毎日続けているという。
 おそらく大建中湯による温補過剰により肺陰を損傷すると同時に肺熱を誘発している可能性が大きいので、もはや惰性で服用されている大建中湯は中止すべきことを進言したばかりである。

_IGP0399
_IGP0399 posted by (C)ボクチンの母

ラベル:大建中湯

2009年01月20日

やっぱり間違いだらけの漢方薬・・・朝鮮人参の副作用(血圧上昇)など

 最近、お馴染みさんが常用漢方の補充にみえたとき目が充血しているので、「どうしたの、何かあったの?」と女性薬剤師が根掘り葉掘り心配して質問攻めで判明したことは、友人から高血圧に朝鮮人参がよいと奨められ、その悪影響がもろに出ていることが判明した。

 巷では朝鮮人参が高血圧によいと噂されているそうだが、釣藤散のようにバランスのよい配合で使用されない限りは、過剰に使用すれば逆効果になることはザラにある。

 かくいうヒゲジジイ自身が一昨年、実験して朝鮮人参単独で服用してみたところ、ふらついて倒れそうになり血圧が一気に上昇して200近くになった経験を持つ。

 同様に清熱剤中心に運用すべきアトピーの人達の多くが、当方に訪れる前に、朝鮮人参入りの補中益気湯や六君子湯を延々と投与され続けて、次第に悪化して泥沼に嵌ってきた人も多い。

 また、川芎(センキュウ)や当帰もアトピーにはときに要注意であるが、温清飲を投与されて却って増悪して来られた人は後を絶たない。

 たまには温清飲で効果が出る人もあるから、巷では常識的な方剤となっているようだが、村田漢方堂薬局では絶対に使用しない。
 絶対にである。

 六君子湯などをアトピーに使用する発想もないが、子供さんのアトピーの相談にも乗っていた時代には、六君子湯や小建中湯で悪化して来た子供さんたちにシバシバ遭遇していた。

 子供さんの場合は脾虚が主体となりやすいので適応する人もあるのだろうが、大人のアトピーでは滅多にあるはずもない。

 脾腎両虚の発想が出来ない専門家?もいて、既に好結果が出ているにも関わらず、当方で行っている補中益気丸合六味丸の配合を批判した信じられない中医学派がいたので、それで本当に中医学派かと耳を疑った。
 だから馬鹿とは付き合っておれない。

 ついでにいえば、葛根湯に天津感冒片の少量を加える応用問題に理解困難な専門家も多いので、絶句するのみ。

 教科書中医学しか知らない限りは、永久に上記の配合の方意を理解することは困難だろう。

 たとえば、アトピーで黄連解毒湯や辛夷清肺湯や瀉火補腎丸などで寛解中の人が、花粉症の時には藿香正気散(カッコウショウキサン)がよく効き、風邪の初期症状には良質な葛根湯製剤がよく奏効する。同時に同じ人物が天津感冒片がアトピーの痒み止めとしてもよく奏効している現実がある。
 さらには同様の人物が毎晩、就寝前に葛根湯製剤を服用するとぐっすり眠れて朝の目覚めがスッキリすると喜んでいる。
 これを真似すると多くの人は却って不眠症になる可能性があるので、絶対に真似しないようにっ!

 また、アトピーの女性でも、日頃は清熱涼血法の配合方剤や天津感冒片を常用している人が、生理が始まると急転直下、大建中湯去膠飴と補中益気丸および加味逍遙散の併用で体調もよく、排卵日以後は通常の清熱涼血法の配合方剤や補腎剤の配合に戻る。その繰り返しでほとんど寛解している。

 このような現実は、日常茶飯事だが、ちょっと齧りの専門家?には葛根湯加天津感冒片の発想は永久に理解困難というから、教科書中医学では応用がきかない現実をしって、だからトウヘンボクな村田漢方堂薬局がいまだに潰れずに存続する理由が判明した。

 教書中医学の域にとどまっている限りは、五臓六腑を主体にした臓腑経絡系統毎に寒熱虚実にそれぞれ食い違いが折々に生じる現実を永久に理解することはできないようである。

 昨今珍妙な時代になったもので、どちらが効いたか分からなくなるので漢方薬は飲まないでくれ、という要求を出されるのは、医者ばかりではなく鍼灸師などの治療院の横槍に時々遭遇するが、お好きにどうぞっと面倒が嫌いなヒゲジジイはサッサと手を引くことにしている。

 当事者である病人さん自身の意思次第のはずだが、面倒に巻き込まれたくないので逃げるが勝ち。

2007年03月07日

病院の奨める岩盤浴や自己治療による温熱食品の常用によって病状を悪化させた挙句

 行き着いた先は・・・村田漢方堂薬局である。

 中医学的には明らかに熱証のややご高齢の女性が、頭部・顔面のある不快症状で来局された。
 明らかな熱証タイプの上に血行障害を呈しているご様子。

 ところが、これまでの治療が悉く間違っている。間違った方法だけは直ぐに見分けがつくものである。
 通院中の医院とタイアップした岩盤浴に二年間、毎週二回通い詰め、折々にニンニク健康食品を自家製造して飲用し、健康食品店で奨めれた高麗人参を常用し、それで自覚症状は次第に悪化して耐えられなくなり、昨日の岩盤浴の予約を取り消してまで村田漢方堂薬局に救い?を求めて駆け込まれた。

 以上の療法は悉く間違いだらけで逆効果ばかりであることを強く指摘すると、先日の若い女性の時とは異なって、思いがけずご聡明な女性で、一々納得される理解力には却ってこちらの方が驚いたくらいだ。

 上記の間違った療法をすべて中止すれば、恐らくは半分は軽快するだろうから、さし当たって必要最小限の敢えて濃度の薄い四逆散製剤を10日分お渡しして、経過を観察することにした。

 間違った温め療法を長期間行ったことによる弊害を除去するには、それらを即刻中止することが急務であるから、それによって蒙ったストレスによる気滞を軽く解消してあげれは、気が通れば血の滞りもおのずと解消する道理である。
 この熱盛血瘀を治療するひとつの手段として、涼性の理気剤(少量の四逆散)で様子を見るに限るのである。

 とりわけこの婦人を悩ませたのは週二回の岩盤浴で、岩盤浴が終わった後には決まって2〜3時間は患部の頭部・顔面が強烈な膨張感を伴った熱感で、今にも卒倒しそうな不快症状が続く為、必ずご家族同伴の自家用車で送り迎えしてもらっていたことであった。