2022年12月23日

昨今、芸能人の死亡報告が頻繁であるが、その誘因は

 芸能人の死亡報告が頻繁であるのは、噂される通り、ほかでもないmRNAワクチン接種が誘因になっていることは、ほとんど間違いないように思われる。

 常連さんのご親戚の中にも、ワクチン接種後に、短期間で持病のすい臓がんが急速に悪化して亡くなられている。

 また、村田漢方堂薬局の常連さんの吾輩と同年代の女性が、ワクチン2回目の接種後に持病の肺疾患が急速に悪化し、両肺真っ白になり、西洋医学ではお手上げのところ、多種類の漢方薬類(エキス類10種以上)の服用によって、九死に一生を得た例などは、既にこのブログで何度か書いた通りである。

 その同年代の女性はその後、第7波のコロナに感染したものの、金羚感冒錠+板藍茶で1週間くらいで快癒し、持病の肺疾患が悪化することはまったくなかった。

 そのほか、常連さんやお馴染みさんからの報告でも、ワクチン接種後に近隣の人や友人や身近な人が亡くなられたり、くも膜下出血や脳梗塞、手術を要する内臓疾患などが生じたり、様々な重大な副作用の報告は後を絶たない。

 そもそも超過死亡数が、例年よりも異常なほど増えているのが、何よりも証拠となることだろう。

 超過死亡数の爆発的な増加の原因は、自由に病院にかかれなくなったからだという無知な人が多いが、とんでもない!

 ヨーロッパの各国で行われる医療関係のストライキがはじまると、日々の死亡者が減少するが、これは何を意味しているかを考えてみるがよい。

 過剰な治療行為によって、日々、殺されている人が、医療機関のストライキによって、過剰な治療行為が激減するから、日々の死亡者数が減るのである。

 mRNAワクチン接種こそ、この危険な遺伝子製剤によって健康な人まで危険な状況に陥れ、超過死亡数が増え続けるのである。
山路徹氏 兄の急逝を報告「コロナワクチンを接種してから2日後」「死の真相をはっきりさせたい」
ヤフーでは
山路徹氏 兄の急逝を報告「コロナワクチンを接種してから2日後」「死の真相をはっきりさせたい」
応援のクリックをお願いします

2010年12月23日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年12月23日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 00:14| 山口 ☔| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年12月06日

たられば

 後半すぐに三苫選手を入れていたら、同点にされることはなかっただろうに、堂安選手を最後まで使えば、追加点を奪えたかもしれなかろうに、と思えば歯がゆいが終わったこと。

 今回ばかりは、クロアチアとの延長戦のお陰で就寝できたのが午前3時で、起床が午前6時。

 老体にはこたえる。

 このため睡眠不足のまま、午前中はほとんど仕事にならなかった。

 多くを女性薬剤師まかせで昼食後に1時間仮眠して、ようやく立ち直った。

 それはともかく、mRNAワクチンがなければ、副作用死や重大な副作用が生じなかっただろう。

 たとえば最近でも、常連さんの中年のご親戚の人が4回目を接種したのち直ぐに嘔吐が止まらなくなり、胃炎かと思っていたら急性の胆嚢炎とて、即手術になったとのこと。

 ワクチンは、3回目までファイザーで4回目はモデルナ。

 ワクチンの副作用はあらゆる領域に及んでいるようだが、もしもmRNAワクチンの接種がなければ、このようなことにはならなかっただろう。
応援のクリックをお願いします

2011年12月06日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年12月06日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 17:47| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年11月19日

まるでロシアンルーレット

 繰り返しmRNAワクチン接種を受ける人達の変調が増え続けるお陰で仕事が減らない。

 新規を受け入れなくとも、仕事量がそれほど減らないのは、ワクチン接種を繰り返した人達のお馴染みさん達が体調を崩して相談が続くからである。

 中にはご本人がワクチン接種の繰り返しが原因だと自覚がない人もあるが、自覚がある人では既に4回接種した人の中には、3回目の接種後だったか、これまで罹ったこともない帯状疱疹に罹患したり、治ったと思ったら今度は、これまた長年罹ったこともない膀胱炎で、猪苓湯+白花蛇舌草でスンナリ快癒していた。

 ところがワクチンの4回目の接種後には再度膀胱炎に罹患して、今度ばかりは猪苓湯+白花蛇舌草では快癒せず、というのも猪苓湯を服用すると利尿が過ぎるので、服用を中止したために効果が出にくかったのかと反省されていたが、結局、今回はクリニックで抗生物質の投与を受けて治ったということだった。

 猪苓湯の作用は利尿によって細菌を洗い流す作用があるので、せっかくの効能なのに、惜しいことをされたかもしれないが、4回目接種によって治りが悪くなった可能性も否定できない。

 また、数年に一回、尿路結石でのたうち回るたびに、猪苓湯+石流茶で超即効を得ていた人が、ここ2回は石流茶のみの購入で快癒されていたが、きっと猪苓湯は、やや精度が劣るかもしれないものの、他社製をどこかで入手していたのだろうと思い込んでいた。

 先日も数年ぶり、とても顔色が心配になるほどの様子で訪れ、下半身の浮腫まで生じて病院では、石のお陰でかなり腎臓の状態が悪いと言われているとて、またまた石流茶だけを購入されようとされるので、猪苓湯と併用は必須ですよと告げると、驚いたように、ここ10年以上、まったく猪苓湯を併用したことはなかったと、併せて購入されたが、急にここまで悪化したのは、繰り返しのワクチン接種を疑わざるを得ない。

 ところで、多くの常連さん達は、こちらから余計なアドバイスをしなくとも、このたびのmRNAワクチンの危険性を早くから警戒して、未接種の人が半数以上であるが、そのほとんどの人は、我が拙いブログの存在すら知らない数十年以上の常連さんで中年以降の人達が多い。

 比較的若い人達でも、漢方に熱心な常連さん達も、未接種の人は多い。

 しかしながら、10年前後のお馴染みさんや、数十年以上のお馴染みさん達で、途切れ途切れのお付き合いの人達こそ、多くの人達がワクチン接種を繰り返しているので、そのお陰で体調を崩して、様々な相談が出て来るのである。

 先日も、東京都で70代の男性が、5回目のワクチン接種後の短時間で亡くなられたとの報道があったばかりだが、まるでロシアンルーレットという非常に危険な、ワクチンとは名ばかりの遺伝子製剤は、それでも盛んに接種を奨める医者が後を絶たないのだから、この国は全く以って狂っている
応援のクリックをお願いします

2011年11月19日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年11月19日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 20:41| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年11月09日

性懲りなく「感染症専門医」が4〜5回目のワクチンを推奨する不気味

 九州地方の某有名病院の感染症の専門医がテレビに登場して、第8派がいよいよ到来しつつある模様ゆえ、さかんにオミクロン株用のmRNAワクチン接種を促していたが、本当に感染症の専門医なのだろうかと、驚くばかり。

 これほど副作用の激しく、時に命を奪いかねない危険なmRNAワクチンをいまだに推奨する専門医がいるとは、実に驚きである。

 挙句は変異を繰り返すコロナ風邪に対して「集団免疫」なる絶対にあり得ない発言。

 変異を繰り返すウイルスに対して感染症専門医の口から洩れるというのだから、まことに不思議でならない。

 大丈夫か?この日本。超有名な病院の感染症専門医ですらこのレベルである。

 これを書いていたら、40代の女性がオミクロン株派生型「BA・5」に対応した米ファイザー製2価ワクチンを接種後、短時間で死亡した記事が飛び込んできた。
 4回目のワクチン接種だったという。

ワクチン接種後に女性死亡、愛知 BA・5対応、関係不明
ヤフーニュースでは、
ワクチン接種後に女性死亡、愛知 BA・5対応、関係不明

 いよいよもって、殺人ワクチンと命名べきか。
応援のクリックをお願いします

2011年11月09日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年11月09日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 15:20| 山口 ☀| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年11月08日

とうとう明るみに出だした世紀のペテン

 mRNAワクチンは「百害あって一利なし」というのは言い過ぎで、「一利」があったことは、まったく否定しようもない事実。

 「一利」があったのは、他でもない、ワクチン利権に群がった政府の人間やマスゴミ、それに加担した節操のない専門家と称する医師を代表とする医療関係者など多くの強欲な連中である。

 ところが、いよいよmRNAワクチンが国民にとって大きな害悪を流し続けている事実がようやく日本全国各地で明るみに出ようとしている。

 吾輩の職業柄、実際に見聞きするところでも、新型コロナに感染して死亡した人は今のところ皆無で、感染後の後遺症も漢方薬の利用で一ケ月以内に治まっているが、そのコロナ感染後の後遺症で相談を受けたのはタダの1例のみ。

 しかしながら、ワクチン接種後の長引く様々な副作用の相談は数十例に上るだけでなく、最悪の事態で漢方薬によって急死に一生を得た人は、既にこのブログでも報告した通りである。

 さらなる最悪の例では、慢性リンパ性白血病で20年以上、多種類の漢方薬類の継続で、実際の健康状態だけでなく検査でも完全寛解していた人が、突然肺炎で亡くなられたのこそ、ワクチンによる副作用だったのではないかと疑っている。

 のみならず、常連さんやお馴染みさんの親戚や友人や知人の人達が、ワクチン接種後に急死された報告は10例以上、持病の悪性腫瘍が急速に悪化して亡くなられた例の報告すらあった。

 日本政府や一部の医療機関では、性懲りもなくテレビを通じて4回目、5回目のワクチン接種を促しているが、ワクチンを接種すればするほど感染拡大を促進するばかりか、ワクチン死を増やし続ける事実を隠し通すことはできない状況下、もはや「未必の故意」というべき犯罪行為である。
応援のクリックをお願いします

2012年11月08日の茶トラのボクチン(8歳)この日の夜に亡くなる
2012年11月08日の茶トラのボクチン(8歳)この日の夜に亡くなる posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 08:16| 山口 ☀| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年11月04日

腹を抱えて思わず大笑い

 山際氏が統一教会とズブズブだった問題から経済再生大臣を更迭された4日後には、なんとナント!!!コロナ対策本部長に就任とは、この国の浅墓で救いようがない状況を象徴している。

 いつまでもコロナ利権を継続させたい強欲な政府の面々が、統一教会との関係が深かった功労者として論功行賞ということで、今度は「コロナ対策本部長」というから噴飯ものである。

 実に怒りを通り越して、あまりに見え透いているので、腹を抱えて思わず大笑いしてしまった。

 この国の体たらくは、北のミサイルで日々戦々恐々の臆病者の政治家集団であるばかりか、カネに目がくらんでいつまでもコロナ利権を継続することに余念がない異常なほどの情熱。

 この両者を併せて傍観するに、やっぱり人間は猫よりも劣る最低の動物だったと、あらためて思い知るばかり。
応援のクリックをお願いします

2012年11月04日最愛の茶トラのボクチン(8歳)が亡くなる4日前
2012年11月04日最愛の茶トラのボクチン(8歳)が亡くなる4日前 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 08:10| 山口 ☀| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年10月07日

とうとうこの国はここまで腐ってしまった

 連休前、常連さん達の補充購入は、電話でもメールでも頻繁に入る最中、2本の電話が同時にかかったのは良いが、一つは常連さん親子の補充注文だったが、一方は、頻繁にかかるgoogleマップの掲載がどうのこうと勧誘仕切りで断った後には、太陽パネルの設置の勧誘電話。

 常連さんの注文を聞いている最中には、運送屋さんからの荷物の搬入とそれらの勧誘電話や自宅訪問の勧誘員のインターホンも重なってテンヤワンヤ。

 自宅のチャイムを押す人物は、壁の塗り替えの勧誘に、市会議員選挙のご挨拶のパンフレット持参の議員候補。

 自宅の訪問はインターホンを通じて、その人物を映像で見ながらケンモホロロにお断り。

 おまけによっぽど暇なのか、こちらが超多忙を極めているというのに「某張り紙を無料で印刷てあげる」という有難迷惑な電話も重なるのだから、まるで電話地獄。

 しかも「不要!」だと断っているのに、何度も電話をかけてくる取引先の代理店が、仕事の邪魔だと何度言っても、信じられないほど日本語が通じない。

 おまけに某某教団の聖書が云々とて、直接勧誘に訪れたのには、呆れ果てる以前に思わず笑ってしまった。

 コロナの感染者が少し減ったからか、突然皆が示し合わせたかのように様々な勧誘電話や直接の勧誘訪問がウルサイこと、まことにもって限りなし。

 世の中がおかしくなっている元凶は、日本の政治家達が、某オカルト教団とは切っても切れないズブズブの体たらくが長年続いているからに違いない。

 これこそ先祖の祟りというべきなんでしょうかね〜っと、イヤミったらしく茶化して愚弄する言葉に事欠かない。

 その呪われた日本政府によって、取り憑かれれたかのようにmRNAワクチンを、百害あって一利なしと知りながらも、延々と国民に打ち続けようと躍起になる様は、まったくもって地獄の奈落に落ち続ける哀れな連中という他はない。

 といとうこの国は、ここまで腐ってしまったというわけである。
応援のクリックをお願いします

2008年10月7日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年10月7日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 19:27| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年09月08日

幻滅

 この国の為政者たちにも、医学界の感染症専門医達にも完膚なきまで幻滅させられた。

 すなわち反日カルト宗教団体とズブズブの日本の政治家たちの醜怪さ。

 ウイルス学や免疫学に悲惨なほど無知な感染症の専門医たちが、過去に繰り返し捏造データによる犯罪的な薬害を起こして何度も賠償金を支払っているビッグファーマの口車に乗って、怪しいmRNAワクチンを手放しに推奨するカネの亡者達。

 この国の将来を想像するだに恐ろしい。
応援のクリックをお願いします

2010年9月8日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月8日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 10:12| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年08月15日

功罪相半ばする近藤誠医師が13日に突然亡くなられた

 近藤誠氏(73歳)が13日に、突然の虚血性心不全で亡くなられた。
 
 『医者に殺されない47の心得』や『患者よ、がんと闘うな』など、とりわけ有名な「がんもどき」理論で有名な異端の医師であり評論家で、お騒がせ医師でもあられた。

 あの世では、近藤理論を信じて助かったという人達がどれだけおられ、どれだけの人数で感謝のお出迎えをされていることだろうか。
 
 もしかしたら近藤誠氏を信じて亡くなられ、そのために後悔と憤怒の癌患者さんたちが、大勢で、恨みつらみのお出迎をされているかもしれない。

 そもそも漢方薬の効果を全否定されるような医師が、医学・薬学分野で正しい評論ができるはずもないだろう。

 癌で亡くなられなかっただけでも、天のお情けであることだろう。

 百歩譲って、功罪あいなかばする特異な医学評論家であられたというべきか。
応援のクリックをお願いします

2012年8月15日の体調を崩して2ヶ月以上過ぎた茶トラのボクチン(8歳)
2012年8月15日の体調を崩して2ヶ月以上過ぎた茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 09:22| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年08月10日

この国は完全に壊れている

 コロナ禍も2年半以上経つのに、検査とワクチンばかりに専念して、これらを延々と繰り返すのみで、治療はまったく二の次。

 ワクチン接種に関しては、接種が始まって1年半、その間に4回目のワクチン接種を済ませた人が増え続け、その5か月後には5回目のワクチン接種が、当然のことのように促されている。まったくもって、狂気の沙汰と言わざるを得ない。

 さらに、もっと恐ろしいことには、コロナに感染しようものなら、相変わらず多くの患者が自宅放置され、本来の医療のあるべき治療義務を完全に放棄している。

 他の疾患であっても発熱を伴っていれば、コロナ感染ではないかと疑がわれ、クリニックや病院に診療を依頼しても、ケンモホロロに拒否され、医療放棄によって殺されかねない。

 おまけに長年、反社会的な集金マシーンのカルト集団と結託した政治家の面々が国の舵取りを行っている。

 マスコミもマスゴミで、裏で結託したかのように、これまで何十年間も一切記事にすることなく、隠蔽し続けた不作為の罪は大きい。

 まことにもって、この国は完全に壊れている。
応援のクリックをお願いします

2010年8月10日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月10日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 00:27| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年07月30日

世の中は見しも聞きしも汚くて欲得地獄の日本なりけり

 家庭崩壊を量産する新興宗教との癒着で、悪臭漂う日本の政治家たち。

 ワクチン利権に群がる似非専門家や医療機関および政治家や官僚たち。

 ワクチン死や重篤な副作用の被害者が悲惨なほど増え続けているのに、超例外の超高齢者(上級国民の身内なのだろうか?)以外はぜったに認めようとしないペテン国家。

世の中は 見しも聞きしも 汚くて 欲得地獄の 日本なりけり
応援のクリックをお願いします

2009年7月31日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月31日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
 
posted by ヒゲジジイ at 09:54| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年07月22日

これを名付けて地獄という

 ワクチン接種の無限ループによるコロナ変異株出現の無限ループ、これを名付けて地獄という。

 効果が怪しいばかりでなく、ワクチン死や重篤な副作用という恐怖のmRNAワクチンを新興宗教「ワクチン教」の勧誘員である似非専門家や無知な医師たちによる執拗な勧誘のお陰で、この世は延々と新型コロナの繰り返し、次々と続く新たな変異種による感染爆発の蟻地獄。

 ところで本日、70代の1年に1回注文があるかないかのお馴染みさん?の報告では、今月中旬に4回目のワクチン接種を受けたところ、1分間に130の頻脈となり、胸に貼る不整脈治療薬を貼って収まったが、同じ副作用はこれで2回目だということだった。

 「ワクチン教」という新興宗教の勧誘員にそそのかされて、いよいよ5回目のワクチンでご昇天ということにならなければよいが・・・・クワバラ、クワバラ。

 かくまで呪われたmRNAワクチン接種を繰り返せば繰り返すほど、変異が猛スピードで早まるという無限ループに気が付かない似非専門家や無知な医師たちが跳梁跋扈する日本。

 やんぬるかな。
応援のクリックをお願いします

2012年7月22日の体調を崩して1ケ月半になる茶トラのボクチン(8歳)
2012年7月22日の体調を崩して1ケ月半になる茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母


 
ラベル:無限ループ
posted by ヒゲジジイ at 09:54| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年07月16日

善悪の彼岸

 安倍元首相を殺害した男には、大いに同情すべき理由があったことに、些か驚いている。

 そういえば、我が下関市内でも、過去、地元では優良企業のイメージが強かったのに、某宗教団体に入れ込んだために、中小企業が3社も!廃業に追い込まれた事実がある。


 同じ記事が、以下の通り、ヤフーにも転載されている。


 すなわち、このままでは日本の明日は、かなり絶望的であるということ。

 ロシアのラスプーチンや、日本の道鏡など、近年では残忍極まったオウムといい、宗教の怖さは常識となっているはずが、近年規模が大きくなり過ぎている。

 かくまで、人間は愚かなままということだが、気が付くと、ここまで汚染されていた。

 やんぬるかな。

ラベル:宗教
posted by ヒゲジジイ at 18:04| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年07月11日

まさかっ!?は、いつ起こるか分からない

 わが郷土の誇り、安倍元首相が狙撃され、殺害されたショックで、なかなかブログに書くことができなかった。

 土日の休業日を経て、ようやく激しいショックから立ち直りつつある。

 まことに口惜しいばかりだが、返す返すも歯痒いのは、まさかっ!?ということが、いつ起こるか分からないというのに、SPや数十人もいた警察官たちの警備の心構えと行動が、タガが緩みすぎてあまりに杜撰だったこと。

 平和ボケの日本は、ならず者に安倍さんが突然襲われたように、近隣のならず者国家によって、いつ何時、まさかっ!?が起こらないとも限らない。

 SPや警察官たちの警護の油断は、まったくもって国防の油断に通じるもので、安倍さんが突然狙撃されることで短時間で絶命されたように、ならず者国家にとつぜん侵略されると、一気に日本は亡ぶ。

 安倍さんの犠牲は、国防についての自覚を促す教訓と受け取るべしと、安倍さんが身をもって警告してくれたように思えてならない。
応援のクリックをお願いします

2010年7月11日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年7月11日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 
ラベル:安倍元首相
posted by ヒゲジジイ at 00:16| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年07月03日

ウクライナ戦争の結末次第では

 ウクライナ戦争の結末次第で、日本の将来の運命が決まる。

 すなわちウクライナがロシアに事実上敗北し、属国になり果てれば、日本は、ロシアのマネをしたくてウズウズしていた近隣の「ならず者国家」によって、ウクライナのように蹂躙されて滅亡に向かう。

 もしも幸いにして、ウクライナが少なくとも侵略される以前の領地を取り戻し、強い立場で停戦に向かえば、日本は近隣の「ならず者国家」に蹂躙されることはないだろう。

 21世紀という時代も、19世紀や20世紀と同様、戦争と伝染病と自然災害に見舞われる大変な時代であるが、以前と異なるのは人類を容易に全滅することが可能な核兵器が、ならず者国家に豊富に蓄えられているということである。

 ウクライナ戦の結末がどうなろうと、日本が「ならずもの国家」に侵略されないためには、小学生でも分かる通り「核保有」さえすれば大丈夫。

 この理屈が分からない政治家や一般国民が多いらしいが、要するに彼らは馬鹿以下の「脳足りん」というほかない。

 そもそも岸田首相が、広島出身というのを誇らしげに「非核三原則」を墨守することを自慢にするくらいだから、広島県の各所に「あやまちは二度と犯しませぬから・・・」という些か意味不明な看板が立てかけてあるお国柄。

 原爆を落としたアメリカを戦争犯罪として訴えることもなく、逆に、このような卑屈で自虐的な看板を並べるのか?

 真の歴史を学ばないと、自虐史観ばかりが日本国中に蔓延するのだろうが、馬鹿も休み休み言い給え。
応援のクリックをお願いします

2009年7月3日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月3日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 
posted by ヒゲジジイ at 19:01| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年06月27日

今年に入ってさらに死亡者数が激増とは

 今年1〜3月死者数激増≠フ謎 厚労省データ SNSでは「ワクチン接種で」との声も「乱暴な議論、複合的な要因と考えられる」

ヤフーニュースでも

今年1〜3月死者数激増≠フ謎 厚労省データ SNSでは「ワクチン接種で」との声も「乱暴な議論、複合的な要因と考えられる」

 この異常な死亡数の増加は、ワクチン死である可能性大だというのに、あらゆる理屈をつけて、それを否定しようとするワクチン利権で得をしている連中の話は、読むに堪えない。

 ワクチンビジネスが、いかに巨大マーケットであるかの一端を示すものである。

 ここまで明白になっても、なおワクチンの4回接種とは、さらに国民の免疫を枯渇させ、集団慢性免疫枯渇自死を企んでいるに違いない。

 一回のワクチン接種量が、体格の劣る日本人に対して、体格のよい西欧社会の人達と同量を接種し続ければ、なおさら副作用の発現率は高まって当然である。

 そういう配慮がまったくなされないまま、ワクチン死の多発を否定することに躍起になる似非専門家達の見苦しい反応は、以下のように海外のデーターの恣意的な解釈による哀れな記事に反映されている。

「ワクチンによる死者は増えていない」専門家が根深い“誤情報”に断言、大規模データから見えたもの【2022年上半期回顧】

 日本におけるワクチン死多発問題を何としてでも否定しようと、このような牽強付会を行っても、躍起になればなるだけ、却って証明しているようなものである。
応援のクリックをお願いします

2009年6月27日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年6月27日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 22:57| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年06月24日

この話を持ち出すと自民党系の地方議員でも顔が青くなっていたが

 何年も前の話だが、来局された自民党系の地方議員さんと、意気投合して様々の話題で話し込まれていた折、日本の核武装の必要性を訴えたところ、とたんに顔色が真っ青となり、取り巻きの連中を促して、慌てたように退散されたのを思い出した。

 自民党系の地方議員でさえこの通りであったが、日本もウクライナのように、ならず者国家に侵略される危険性が日に日に増す昨今、核武装国であれば、絶対に侵略される恐れはないという現実に目覚めた議員がいるのかどうか、この期に及んでも、親中派が蔓延るお花畑の連中には、無理な話かもしれない。
応援のクリックをお願いします
ラベル:核武装
posted by ヒゲジジイ at 09:48| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年06月19日

風前の灯火

 「非核三原則」堅持の岸田首相にこの国をまかせていたら、日本の明日は、ない。

 ウクライナの現実が証明するように、いつなんどき日本がならず者国家によって侵略されるか分からない。

 平和ボケの政治家に国をまかせていて、あとで後悔してもはじまらない。

 いまさらながら、「非核三原則」を堅持する政治家や国民が、日本中に溢れているという、まったく信じられないオメデタサ。

 世界史をまともに学べば、戦争と疫病の繰り返しで、なかでも国家の存続には強力な武力と国民の愛国心を保持したところだけが存続できている。

 このような歴史を学ばない連中は、あまりにも世界史に対して無知過ぎる証明だろう。

 いずれにせよ、おめでたい「非核三原則」堅持の岸田首相にこの国をまかせていたら、明日はない。

 昨日の土曜日には、常連さんのご夫婦が、長年かかってようやく妊娠・出産され、6ヶ月になる素晴らしく明るく可愛い赤ちゃんを連れて来られた。

 次世代を担う子供さん達のためにも、この国を絶対にならず者国家に侵略されてはならない。
応援のクリックをお願いします

2011年6月19日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年6月19日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:非核三原則
posted by ヒゲジジイ at 19:52| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年06月03日

介護疲れの人達

 常連さんの中には、高齢のご両親や、身内の高齢者の介護に奔走されている人達がとても多い。

 中にはヒゲジジイと同い年の女性で、高齢のご両親お2人の介護に奔走されている人がおられるが、以前、ご本人自身は某悪性腫瘍の漢方サポートに何年も熱心に毎月欠かすことなく通われて成功したものの、少し油断した頃に、2度ほど再発の可能性が疑われたことがあったものの、それもしっかり克服して10年以上、いまだに予防的な漢方サポートを続けられている。

 現在、介護されている母上とて、やはり10年近く前だったか、見つかった某悪性腫瘍に、高齢なるがゆえに、治療せずに経過観察しようという主治医に従って、その間に、我が薬局の漢方サポート1年継続で運よく病巣が完全に消滅して以後再発はないものの、なにせ高齢ゆえ、昨今は介護を必要とする90歳をかなり超えられている。

 ご両親の介護には大変なご苦労がありそうで、最近は以前のようには県外から遠路はるばる通うことは不可能となり、漢方薬類の補充には、もっぱらクロネコ代引きで届けている。

 たまたま最近も、県外でもかなり遠方の地方から、西洋医学的な治療法の少ない悪性腫瘍をかかえて90歳を超える母上の介護をされている人から、問い合わせがあった。

 今から3年近く前に、村田漢方堂薬局に直接通うつもりでいたところへ、運悪くコロナ禍の世界となり、新規はお断りとのことだが、なんとか相談に乗ってもらえないだろうか、というものである。

 さいわいにもお住いの近県に知り合いの漢方専門薬局があるので、そこを紹介させてもらったことだった。

 世の中、老々介護の時代というのに、コロナ禍のみならずウクライナの侵略のプーチンのお陰で、世界中が食糧不足に陥るのみならず、日本こそウクライナと同様に他国から侵略される恐れが増大している昨今、たいへんな時代を迎えたものである。
応援のクリックをお願いします

2012年06月03日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年06月03日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:老老介護
posted by ヒゲジジイ at 20:21| 山口 ☀| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする

2022年06月01日

こんなに「オメデタイ日本」は救いようがない理由

 日本では、国民の命と財産を守るよりも「護憲」、既に錆びついて使い物にならなくなってしまった憲法を死守」するほうがはるかに大事で、国民の命なんてどうでもよいのである。

 憲法さえ守れば、国民の命なんて、どうでもよいという素晴らしい信念の政治家や馬鹿な国民が跳梁跋扈しているのだから、呆れ果てる。

 本末転倒という他ない。

 左翼政治家やリベラル連中は日本の敗戦以来、フリーズして完全に思考停止したまま、誰が何と言おうと命より大事な「憲法」なのである。

 10年後の日本は、きっと無くなっていることだろう。
応援のクリックをお願いします

2009年06月01日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年06月01日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:護憲
posted by ヒゲジジイ at 22:03| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする