2017年06月11日

スキルス胃癌で術後3年で生じた腹膜播種

2010年6月11日のボクチン(6歳)
2010年6月11日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 抗癌剤治療を始める前に、漢方サポートを求めて来られ、補気建中湯+分消湯を主体に各種中草薬類を多種類。腹満感や軽度の疼痛は、次第に消滅。

 いよいよ抗癌剤投与を受けるにあたって、漢方サポートを続けたい旨を伝えると、「前例がない」からという理由で主治医に禁止されたが、幸いにも病院薬剤師の親切な協力があって、主治医に漢方の有効性を説明・説得してもらったとか。

 内服の抗癌剤とともに、点滴治療も、1クール目は全く副作用が皆無だったが、2クール目からは激しい副作用(激しい嘔吐と頭痛、血圧上昇など)で、直ぐに中断せざるを得なかった。

 漢方サポートがありながら、ここまで副作用が激しく出るのは珍しい!(もしかして・・・?)

 その後は病院の抗癌剤なしで、多種類の漢方サポートだけですぐに元気を回復して腹部症状も皆無となり1ヶ月半、昔の健康体とまったく変わりがなく、旅行を楽しむこともできた。

 そこでCT検査を受けたところ、腹腔内の各所に散らばっていた腫瘤の癌病巣部分が明らかに小さくなっているとの診断。
 漢方のお陰だろうと思わずつぶやくと、「漢方は効かないよ」と、どこまでもイヤミな主治医である(苦笑。

 そこで抗癌剤を再開ということになって、今度は副作用が出ない半量に減らしてもらってるという。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年6月11日のボクチン(6歳)
2010年6月11日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 07:36| 山口 ☁| スキルス胃癌・印環細胞癌によるスキルス胃癌 | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

スキルス胃癌で抗癌剤がいつも逆効果の反応、最初の術後6年後には卵巣転移を生じながらも、結局は根治した幸運な事例

2009年7月2日のボクチン(5歳)
2009年7月2日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 一昨日、何年も前に根治と診断されながらも、このような幸運な事例は滅多にないので、いまだに中草薬類を継続され、その補充購入に来られたのを機会に、相談カードをじっくりと見直してみた。

 平成12年に印環細胞癌によるスキルス胃癌と診断され、目に見えた転移はないものの患部以外にも胆嚢とリンパも切除。
 36歳の発病だったようである。

 術後は、抗癌剤シスプラチンと内服のTS1。

 併行してキノコ類4種類を飲用されていたという。
 
 平成15年、継続していたTS1の内服を中止すると、CEAが11.7⇒8.0に下がった。

 しばらくして再度TS1を前回までの濃度を下げて再開すると、今度は一気に26.2まで上がったので、結局完全に中止となったといわれる。

 その間もその後も、キノコ類やフコダインなど、よいといわれる健康食品を転々と変えて飲用されていたという。

 ところが平成18年になって卵巣転移を生じて摘出後、点滴の抗癌剤をするとCEAがますます爆発的に上昇し49!

 過去から現在まで、抗癌剤を使うとかえって腫瘍マーカーが上昇するので、主治医がなおも奨める他の抗癌剤もすべて断って、村田漢方堂薬局の漢方薬類に賭けられるという。(賭けられる方は、堪ったものではなかったが・・・苦笑)

 そこで中草薬類を主体に数種類に絞り込んで、その分、かなり高濃度で使用してもらったところ、短期間でCEAが正常化し、その後、二度と上昇することなく、いつの間にか根治を告げられるまでに至った。

 その後も現在に至るまで、回数をやや減らしながらも継続されている。

 こうして久しぶりに相談カードに記載されていた過去の記録を眺めてみると、この女性にとっては、使用された抗癌剤は悉く逆効果に働いていた。

 このような事例もあるのだから、固形癌については、抗癌剤を決して過信してはならないだろう。

 近藤誠医師の「抗癌剤だけはやめなさい」という主張は、彼女に関しても、結果的にはまったく同意である。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年7月2日のボクチン(5歳)
2009年7月2日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2009年7月2日のボクチン(5歳)
2009年7月2日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 00:03| 山口 ☁| スキルス胃癌・印環細胞癌によるスキルス胃癌 | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

通常の胃癌と異なって、スキルス胃癌の漢方相談はかなり少ないが

2009年03月15日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年03月15日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 スキルス胃癌で36歳で発病し摘出手術後、6年後に卵巣転移を生じ、病巣の摘出手術後に抗癌剤治療で却って悪化したために、西洋医学治療をすべて断念して、漢方サポートだけに依存して、結局は根治した生き証人が地元におられることは既に何度か書いた。
 十数年以上経っても、現在も漢方薬類を継続されている。

 同様に三十代の女性が、初期のスキルス胃癌で、手術前の1ヶ月の服用で運よく完璧に消滅した稀有な例も既にこのブログでも取り上げた。
 その後、念のため、消滅した部分を摘出するということだった。(その後の経過は不明)。

 ところで、2011年11月10日 のブログの印環細胞癌であっても、スキルス胃癌ではなかったとされていた人は、実際にはスキルス胃癌だったということだった。

 30代後半で発病し、ステージVbとのことで、胃と胆嚢と脾臓を取り除き、肝臓にも5個の血腫らしきものがあったものの、TS-1の内服抗癌剤とともに、村田漢方堂薬局の各種漢方薬類をしっかり併用し、肝臓の血腫も半年で消滅した。
 その後、2年間欠かすことなく併用して、病院の抗癌剤投与を終了すると同時に、漢方薬類をすべて廃止していた。

 その後3年間、まったく再発の兆候なく、術後既に5年を経過しようというのに、主治医の先生からは、スキルス胃癌だったのだから、今後も転移が要注意だから、5年経ったからと言って根治を宣言することはできないと言われている。(最近ご本人から直接報告を受けた。)

 それにしても、最初の2年間の集中的な漢方薬のサポートのみで、アッサリ中断後も3年間、経過は極めて良好という。

 5年前、ご高齢の男性が、スキルス胃癌の相談では、結局、お出しした漢方薬が口に通らないということで、服用を断念された。(その後の経過は不明)

 要するに、43年間の漢方相談では、スキルス胃癌の漢方相談は以上の4名だけだが、ご高齢者以外は、すべて30代で発病された女性たちばかりで、しかもいずれも素晴らしい成果を得ている。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年03月15日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月15日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年03月15日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月15日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年03月15日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月15日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年03月15日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年03月15日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 19:13| 山口 ☀| スキルス胃癌・印環細胞癌によるスキルス胃癌 | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

13時21分にメールを頂いた方、返信するのに戻ってきますよっ!

FSC_9017
FSC_9017 posted by (C)ボクチンの母

 本日13時21分にメールを頂いたご家族(ご本人は手術後間もない情況)へ、メールで返信を何度送っても戻ってきます。

 きっとそちらのメールアドレスの記載ミスか、あるいはセキュリティを高く設定されているから?と思われますっ!

 それで電話もかけてみたのですが、直ぐにFAXに移動する設定のようで、これも連絡がつきませんでした。

 そこで、こちらのお返事だけを以下に転載しておきますので、気が付いたらお読み下さり、あらためてメールを頂くか、あるいはお電話を下さい。

こちらからのお返事:

 スキルスでなかったとは、さいわいでした。

 ご質問の件、漢方薬類の配合は、やはり印環細胞癌ということを考慮すれば、現在の配合が最も相応しいと考えます。

 最終的な細胞検査が判明しましたら、返信メールか、あるいは直接来られた時にでも御報告下さい。

 取り急ぎ、お返事まで。

KSC_8589
KSC_8589 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 19:04| 山口 ☁| スキルス胃癌・印環細胞癌によるスキルス胃癌 | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

印環細胞癌によるスキルス胃癌の初期だけでなく卵巣転移の手術後

秋吉台下のスズメのボクチン
秋吉台下のスズメのボクチン posted by (C)ヒゲジジイ

 35年以上の漢方経験から断言できることは、漢方薬の実力は半端ではない、ということだ。

 数々の奇跡的な回復を経験して来ると、そのような数多くの実績から、もはやそれらは奇跡ではなくなり、運の良い症例であるとして欣喜雀躍することがなくなる。

 今月も既に驚くべき成果の報告を得たが、二度の再検査でも完全に消えていることが証明され、十年に一度あるかないかの珍しい例であると主治医に云われている。(印環細胞癌によるスキルス胃癌)
 先月の検査でも「滅多にあり得ないことだ」と云われ、診断に間違いないか、今月にも再度の確認検査を行うそうである。

 もともと手術を拒否してやって来られたのを絶対に外科手術を受けるよう説得して、その約束を守ることを条件に、癌サポートの役割としたお渡しした漢方薬類のはずであった。

 現実的な免疫力発揮の良し悪しが直結するような重大疾患では、複雑な配合のピントが合った折には、往々にして爆発的な免疫力を発揮して超短期間に理想的な結果が得られることは驚異的である。

 同じ印環細胞癌によるスキルス胃癌でも卵巣転移の手術後に抗癌剤治療が却ってアダになって腫瘍マーカーが激増する時点で、西洋医学治療をすべて諦めて来られた地元の女性。
 予想外に理想的な結果が得られて既に3年以上、腫瘍マーカーも正常値を維持し続けて早くに社会復帰を果たして、一生涯漢方薬を続ける約束をしている。
(後日談:平成24年5月現在も継続服用中で腫瘍マーカーなどすべてまったく問題なし。卵巣転移摘出後、既に6年以上を経過。胃の摘出からは既に8年以上を経過している。)

 ただ、そのような超速効の確率は残念ながら、イチローさんの打率よりは当然悪く、遅効ということの方が多いようである。(但し、幸いなことに今年はイチローさんの打率を上回っている。)

 抽象的な表現ではあるが、本物の器質的疾患にも漢方薬はかなりな効力を発揮できるものと思うが、それも多くは中医学的な弁証論治におうところが大である。

 漢方薬は機能的疾患を得意として、器質的疾患は不得意とされるが、ほとんど誤解ではないかと思うくらいである。

 35年以上の経験を、あとさらに何年間上乗せできるのかは分からないが、そのような奇跡的な効果を得ていながら、直ぐに服薬を怠る人や、突然に音信が途絶える人が出て来るのは不思議でならない。

 再度、病がぶり返した場合に、アトピー性皮膚炎のように取り返しがつくとは限らないのに、命の問題が直結する問題なのに、何を考えているのだろうと不思議でならない。

 再発してしまった時には時すでに遅く、同様の配合を再開しても半年のブランクは如何ともしがたく、二度とあのような速効を発揮してくれずに取り返しのつかない結果に終わったこともある。

 無い頭を振り絞り、配合方剤などの種類を増量して取り返しがつき、安堵の胸を撫で下ろした例もあるが、病気が病気だっただけに一部の人には一生涯中止すべきではないと厳命(苦笑)しているほどである。

 器質的疾患は決して甘くないのは当然である。あまりに油断すると再発は往々にしてつきものである。

秋吉台のスズメのボクチン
秋吉台のスズメのボクチン posted by (C)ヒゲジジイ

P6081597
P6081597 posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 23:26| 山口 ☁| スキルス胃癌・印環細胞癌によるスキルス胃癌 | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

漢方薬がせっかくシャープに奏効しても、彼等彼女等のその後の言動

(1)猛暑なのに、風邪でもないのに明らかな葛根湯証を呈している人が続く。職場のクーラーの影響が大きいのだろう。

 フラツキや眩暈が葛根湯単方で治るなんて信じないもいるだろうが、先日のブログでも報告した人は、薬局で服用して帰られて後は完全に症状が雲散霧消している。今度は残っている耳鳴を治して欲しいという希望である。

 香蘇散を追加しておいたが、今度ばかりは簡単には消えないだろうと引導を渡しておいたが、先日の来局当初の悲壮な風貌とは一転している。
 フラツキの「フ」の字も言われないのでこちらから訊いたほどである。
 一気に症状が雲散霧消したからといって、最初に来られた目的をお忘れかっ!? こういう低額な漢方薬で速効する人ほど態度がデカくなる場合がある。

 人間様はこのようにゲンキンなものですよっ。

 新人さんが毎日続いていると、安定した効果がなかなか出ずにうまく配合が決まらないとき、無い頭を振り絞って難行苦行することの多い毎日だが、速効すれば速効するでこんなことなら・・・こんな時こそやる気を喪失して、この仕事を放り出して逃亡してやろうかと本心で思うときである(苦笑。


(2)足に出来た湿疹がひどい色素沈着、何とかして欲しいと悲壮な訴えで、なかなか難航しそうだがと出した三種類がよく奏効して順調に経過して大いに喜ばれていたが・・・
 そのまま音信が途絶えたので忘れかけていたが、久しぶりにやって来て、三種類のうちの一種類だけを求める。
 他の二種類はネット上のお誘い販売サイトで同じ値段で購入しているから不要だという。この一種類だけがどうしてもネットでは見つけられなかったから二種類だけで続けていたが、やっぱり三種類の併用の方がよいようだと、当然のことをのたまう。

 当方では既にそれらの二種類ともにお誘い販売サイトよりも◎○以上販売価格を下げていたが、口が裂けても伝えなかった。
 逆ギブ・アンド・テイクのつもりである(苦笑。


(3)印環細胞癌によるスキルス胃癌が卵巣転移して手術後、腫瘍マーカーは最悪の状況を迎え、抗癌剤治療が裏目に出てますます上昇、意を決して当方の漢方薬類を利用されて以来、連戦連勝続きで腫瘍マーカーはおろか全身の精密検査も完璧に合格。

 ところが一年が経過したくらいで、もう服用量を2回に減らしてしまい、「いつごろ止めてもよいか?」との質問には「何をお考えかっ?」と問い質すほど。
 一生涯服用すべきで、今度再発や転移をした場合、同様な結果が得らるとは限らないですよっと説得する意欲は・・・もうない。

 すでに同じことを何度も回答したはずのものである。
  村田漢方堂薬局の為に買ってあげるのではない、ご自身の命の為に購入されているはずである。

 健康のありがたさ、適切な漢方薬を見つけ出す苦労、および漢方薬の恩恵を深く感じられている常連さんたちとは大違いの人達。

 ご自分の身体のことですから、最終的には自己責任で自己判断して下さい。説得する意欲はもうありません。
posted by ヒゲジジイ at 21:36| 山口 ☀| スキルス胃癌・印環細胞癌によるスキルス胃癌 | 更新情報をチェックする