2015年10月22日

防風通聖散の問題点を指摘し続けている村田漢方堂薬局に「ツムラの62番がありますか?」

2009年10月23日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年10月23日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 一見して教養豊かに見える中年女性が、よりによって我が薬局に、

「ツムラの62番がありますか?」

 もちろん置いてないので、それは病院に行けば処方してもらえますよ、と繰り返しても、それと同じような漢方薬があれば欲しいのだが、という依頼である。

 自慢じゃないが、現代社会では問題の多い防風通聖散なる方剤は、ここ35年以上、販売を止めている。
 だから、繰り返し病院に行ってみるようにアドバイスすることで、ようやく諦めてもらった。

 実は、あとでツムラの62番が防風通聖散であることを知ったのだった(苦笑。

 いずれにせよ、どのような方剤であっても、ツムラ漢方を求めて来られた人には、必ず病院に行くべきことを伝え、他社のものでもよいと言われても、絶対に販売しない。

 ツムラ漢方を手っ取り早く入手するには、病院で相談するのが最も手っ取り早いからでもあるが・・・

 同時に重要な問題は、シロウト療法はケガの元、特定の漢方薬の指名客こそ、クレーマー予備軍の可能性ありと、警戒しているからである。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年10月23日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年10月23日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年10月23日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年10月23日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年10月23日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年10月23日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
タグ:防風通聖散
posted by ヒゲジジイ at 20:41| 山口 ☀| 防風通聖散の誤用による不快反応や副作用 | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

防風通聖散で実際に痩せた人がいると伝聞で得た初耳!

BSC_2079
BSC_2079 posted by (C)ヒゲジジイ

 詳細は不明だが多少とも身近な、といっても同じ薬剤師の薬務課の薬事監視員というらしいが、この監視という言葉が実に不快である。ハナから国民を下に見て性悪説を取る厚生労働省の目線が如実にあらわれている。

 ちょうど村田漢方堂薬局が薬局開設許可の更新時期に当たる今月、更新手続きをスムーズに行うことを兼ねて「監視」に来たというので、最初はカンシの意味が分からず、何度も聞き返したくらいであるっ!
 カンシ、かんし、鉗子、漢詩、看視、いや監視というではないかっ!?
 このデリカシーに欠ける官僚用語は実に唾棄すべき無礼千万、薬事看視員ならまだしも、監視と来るのだから世も末だ。いまにこの日本は滅びるだろう。

 本題の防風通聖散で本当に痩せた人がいるという情報を齎せたのはこの薬事監視員の一人である。
 防風通聖散を肥満治療薬として許可する当局は間違っていることや、白朮を蒼朮で代用させる錯誤、乾姜を健胃消化作用を消失するまで飴色に蒸した煨姜もどきを採用する錯誤、市井の医師達の漢方薬の様々な誤投与問題と乱用問題など、薬事監視員ならこられの是正を働きかける発展的な業務も行うべきとの訓示を垂れていたら、実際に防風通聖散で痩せた人を個人的に知っているとのたもうのである。

 考えてみれば、多少とも身近な医師や薬剤師から伝わるところでは、その多くの情報でナイシトールも含めた防風通聖散エキス製剤で副作用被害を蒙ったという情報は数多あれど、実際に防風通聖散で痩せたという情報は今回が初めての伝聞である。
 但し、健康的に痩せたものか、あるいは防風通聖散で胃腸障害を生じて二次的に痩せたものかは定かではない。

 ともあれ、支離滅裂な配合に近い防風通聖散を肥満に効果があるような効果・効能の記載を許可する当局の学識レベルを疑わざるを得ないことは、いまさら言うまでもない。

BSC_2178
BSC_2178 posted by (C)ヒゲジジイ 
 
posted by ヒゲジジイ at 06:59| 山口 ☁| 防風通聖散の誤用による不快反応や副作用 | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

防風通聖散製剤ナイシトールなどの副作用

IMGP7915
IMGP7915 posted by (C)ボクチンの母

 防風通聖散製剤ナイシトールの宣伝を信じて購入したり、病院で投与されて、その副作用に困惑して連絡する人があとを絶たない。

 今回は、もう一つのブログに、

 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)過剰宣伝による弊害

 と題して掲載している。

 これまでも何回にも亘って各ブログに様々に防風通聖散の問題点を数多く書いて来たが、防風通聖散を賛美することは一切書かず、問題点ばかりを指摘しているためか、検索してもなかなか当方の各ブログは見付かりにくい。

 それでも防風通聖散の服用で被害を蒙った人達は、執念で当方のブログに辿り着くらしい(苦笑。

 世の中、漢方薬なら安心だと思い込んでいる人が多いが、安易に宣伝を信じて漢方薬を飲むだけで痩せようと考えること事態が、とても浅はかなことである。

 本当に痩せたかったら「喰わずに走れ!」。

 どうしても漢方薬に頼りたかったら、まだ他にもそれぞれ体質にフィットした各種の方剤があるので、時間をかけて相談に乗ってくれる漢方薬局に相談することだ。

 但し、村田漢方堂薬局にだけは痩せる希望の相談は避けること。どうせまた開口一番「喰わずに走れっ!」と怒鳴られるだけだから〜っ(呵呵。

関連ブログ:

IMGP7615
IMGP7615 posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 00:30| 山口 ☀| 防風通聖散の誤用による不快反応や副作用 | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

安易に投与される防風通聖散について

トンビ
トンビ posted by (C)ヒゲジジイ

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢 : 40歳〜49歳の女性
ご職業 : 会社員
簡単なご住所 : 本州地方
お問い合わせ内容 : 初めてメールいたします。

 先日かかりつけの病院で高血圧・糖尿の薬に加え、ここ一年くらい暑い時期は特にですが耳の後ろ・頭・額から吹き出るように汗が出て、髪の毛に塩の結晶ができるくらいで、体はあまり汗ばむことはないので悩んでいると告げたところ、生理も普通にあるようだから更年期ではなく多汗症ですねとカネボウ防風通聖散を処方されました。

 インターネットでしらべたところこの薬あまり関係ないのではないかと疑問に思い、高血圧の治療薬にもあまりよくないのではないかと怖くなりました。

 貴殿のページにもおすすめしていない薬としてでていましたので、やめようかと悩んでいます。そもそも弊害はありますか?

 あまりに簡単に薬を処方されたので病院にも不信感を感じてしまいまして。

我が名はトンビ
我が名はトンビ posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール: 防風通聖散を正しく理解し、適切な適応証を熟知する専門家は日本では極めて少ないものと推察します。ましてや一般病院の西洋医学専門の先生で防風通聖散を正しく理解し、適切に投与できる人はもっと稀だと思います。

 昨今、日本国中では各社から防風通聖散製剤が肥満治療薬として派手に宣伝され、販売あるいは投与されていますが、信じられない話です。
 現実的な裏話をすれば、安易な投与や購入による副作用被害の報告が各社に舞い込んでおり、業界内部でも問題となっている漢方薬です。

 副作用といっても合成医薬品で生じるような重大なものではなく、疲れ易く気分が悪くなったり、あるいは胃腸障害などが多くて胃もたれや下痢症状など、中止すれば自然に回復するレベルのようです。その癖、滅多に痩せることはなく、胃腸障害によって稀に痩せることがあるくらいが関の山のようです。

 当方にも派手に浮腫みが生じて却って体重が増加した事例の相談を直接受けています。テレビ宣伝を派手にされていた防風通聖散製剤を会社ぐるみで共同購入して安く入手して皆で服用されたそうですが、御本人は「素人療法をして罰が当たった」と後悔されているようです。

 そういえば、昨今、そのテレビ宣伝も急に見なくなったようですが、苦情が増加する一方なので、宣伝を控え出したのかもしれません。というか、そろそろ防風通聖散の化けの皮が剥がれ出したという方が真実に近いのかもしれません。

 ともあれ、貴女が防風通聖散を投与された目的を考えますと、危惧されるお気持ちは尤もなことです。

>そもそも弊害はありますか?

との御質問ですが、問題が多い漢方薬だから、過去から現在に到るまで各種のブログ類で「寄せては返す波の音」のように繰り返し警告しているわけです。

 蛇足ながら、当方は漢方専門薬局でありながらも、防風通聖散を遥か以前に完全に抹消してしまっているのは事実です。

トンビの顔
トンビの顔 posted by (C)ヒゲジジイ



タグ:防風通聖散
posted by ヒゲジジイ at 07:50| 山口 ☀| 防風通聖散の誤用による不快反応や副作用 | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)ブームは百害あって一利なし

コクゾウムシ
コクゾウムシ posted by (C)ヒゲジジイ

 テレビや雑誌などによって防風通聖散製剤がメタボに効く漢方薬として派手に宣伝されるようになって以降、馬鹿売れしていてナイシトールなど一部のメーカーは笑いが止まらないらしいが、そろそろ防風通聖散の化けの皮が剥がれかけている。

 増え続ける一方の防風通聖散による様々な副作用事例の報告は目に余るものがある。
 下痢や胃腸障害のみならず一部の人では発疹が出現した例も多い。

 村田漢方堂薬局で受けた相談例では、全身の浮腫が生じて気持ち悪くなり食欲減退し、それなのに浮腫のためか却って体重が増加したという副作用の相談を受けたことがある。

 もともと以前からのお馴染みさんであったが、勤務先の会社をあげてマスコミで宣伝されている防風通聖散製剤ナイシトールをまとめ買いで安く買えるというので、皆で共同購入した欲ばりが却ってアダになった事例であるが、御本人自身、大いに反省しきりであった。

 防風通聖散のような支離滅裂に近い方剤がやせ薬になると誰が証明したというのだろうかっ!?

 急性熱性疾患時の特殊な状況下でしか使用されるべきではない方剤であり、現代社会ではほとんど遭遇することがない証候に適応する特殊な方剤である。
 
 だから村田漢方堂薬局ではとっくの昔に防風通聖散の存在を抹消している方剤である。川芎(センキュウ)や麻黄、石膏など一癖も二癖もある生薬類がトリプルで配合され、漢方処方の中でもかなり注意が必要であるばかりか、現代社会ではほとんど不要な方剤なのである。

 防風通聖散でやせることがあるとすれば、下痢したり胃腸障害という副作用によって二次的に痩せることはあっても、滅多なことでは体調よく順調にやせることはあり得ない。

 このような方剤を安易にやせ薬として許認可する側も、漢方知識のレベルを疑われる大きな問題である。
 
 体質を考慮した弁証論治にもとづくこともなく、派手な宣伝によって民衆を騙す手法は古今東西変るところがない。

 日本国内における防風通聖散ブームによって、漢方薬の製剤原料である生薬類が不足しはじめ、真に必要とする漢方薬の製造に影響が及び始めた昨今である。

 防風通聖散がメタボに効くなどと安易な宣伝を打ってぼろ儲けした企業の責任は重大である。
 今後もますます防風通聖散ブームがもたらす大きな害悪は増え続けることだろう。

 百害あって一利もない防風通聖散ブームは、日本漢方のレベルの低さをますます露呈するばかりである。

蜘蛛
蜘蛛 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 00:27| 山口 ☔| 防風通聖散の誤用による不快反応や副作用 | 更新情報をチェックする