2021年08月29日

ファイザー製ワクチン、打とうが打つまいが、死亡率は同じ!

 特に50歳以下の若い年齢層では、ファイザー社製においては、接種する意義はほとんど無い、という驚くべきデータをファイザー社が公表したのである。

 自社に不利になるデータをよくぞ公表したものだと拍手を送りたい。

ワクチン接種者と偽薬接種者の死亡率が同じ ファイザー公表データの意味

ヤフーの転載ページは、ワクチン接種者と偽薬接種者の死亡率が同じ ファイザー公表データの意味
 こちらのページは数ヶ月すると消滅することが多いが、一般人のコメントがたくさん掲載されているので興味深い。

 そこで気になるのはモデルナのワクチンではどうか?ということである。
 最近、異物混入で大問題になっている。
 また異物混入との関連は不明だが、30代の男性2人が接種後3日目で亡くなられている。

 それにしても、ワクチン接種が進めばすすむほど、感染拡大が急だが、ウイルスがより活発になる冬場の地獄絵図が、今から頭に浮かんでくる。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年8月29日病床のボクチン(5歳)
2009年8月29日病床のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2021年08月28日

mRNAワクチンの一般的な副作用は「地竜」で治まる人が多い

 以前もこのブログで書いたつもりだが、さらに有効例が増えているので、やや詳しく書いてみる。

 ファイザー製のコロナワクチン接種後の発熱・頭痛・火照りなど、一般によく見られる副作用は、医療機関で投与される解熱鎮痛剤で軽減できるらしいので、それらが飲める人は、それで済むのだろう。

 ところが、漢方薬を日頃から頼っている常連さん達は、もともと合成医薬品で副作用が出やすい人も多く、過去、病院から投与される風邪薬で、嘔吐して続けれられない人などは、どうしても漢方に頼りたくなる。

 以前も書いた通り、何も大袈裟な方剤を考えなくとも、比較的安価な「地竜エキス」で、多くは短期間で治まっている。

 それでも不安な人や倦怠感が取れにくい人達は、高価な「牛黄」を併用して、短期間で治まっている。

 接種する前日から「牛黄」を2回とも使用した念の入れようの人も高齢者におられた。

 多くの人は、そこまでされなくとも「地竜エキス」をしっかり続けることで、短期間で治まっている。
 
 「地竜エキス」は、症状が出かかってから使用すべきで、「牛黄」を接種するまえから使用するのとは訳が違う。

 要するに「地竜エキス」においては、接種する前から、あらかじめ服用すべきではない。

 但し、地竜が「ワクチン接種による副作用」にフィットするのは「明らかな熱感を伴う諸症状」で、要するに明らかな熱性炎症に対する軽減効果である。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月28日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月28日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2021年08月27日

mRNAワクチンの効果は個人差が極端!に大きいことが推測できる他の実験的根拠

 とんでも本の一種、内海聡 (著)『医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン』に対して、Amazonの書評?で見つけた批判コメントが Mr.太公望という匿名の医師の先生が5つ星のうち1.0「 無知、独断、最低の図書です」と題して縷々コテンパンにこき下ろした後、終わり部分に、以下のような非常に参考になることを書かれていた。
ちなみに私はmRNAワクチンについては安全性の面で懐疑的です。筆者の政治的策略があるからという面での懐疑ではないです。このワクチンはスパイクたんぱくの発現量が個人ごとに異なり、接種量などでコントロールしにくい問題があると思います。遺伝子組み換え実験をやった方ならわかると思いますが、大腸菌に遺伝子を注入してもすべての菌が目的物質を発現するわけでなく、また発現量も様々です。これと同じようにスパイクタンパクが異常に発現する人もいると思います。こうした方は、血栓や心筋炎など、スパイクタンパク自身の毒性が発揮されてしまう可能性があるのではないかと私は考えており、mRNAワクチンの接種には躊躇しています。
 現在の免疫学の専門家の先生方の一般向けのワクチン推薦の弁は、胡散臭く感じるものの(そうしなければ研究費を削減されるなどの恐怖があるのかもしれないが)、むしろ上記の先生の実感の籠ったコメントにはまったく同意するものである。

 私の個人的な考えでは、とりわけワクチンの接種量の問題は、以前から日本人には多過ぎるだろうと、大いに憤慨していた部分とも、まんざら無関係とは言えないだろう。

 思い返せば今から25年前頃だったか、愚息が専門の血液腫瘍内科以外に、阪大の宮坂教授のもと、免疫の研究をはじめたというのに(その後、医師免許を取得する前、大学生時代に山村賞の銀メダルを受賞)、我も負けじと、すなわち息子に馬鹿にされまいと、免疫関連の専門書を何十冊も買い求めて、当時のかなり高度な免疫学を自習して、愚息に対抗できるような思い上がった気分になったものだったが、次第に本業が忙しくなるにつれ、今日まで気が付くと、当時の免疫の知識のほとんどを忘れてしまっていることに愕然とする昨今。

 以前学んだ時点でも免疫学は大変複雑だったのに、現在ではもっともっと解明されたことが莫大に多い分野だけに、上記の通り、現在の免疫学の専門家の先生方の一般向けに大声でmRNAワクチンを推薦される面持ちこそ、却って胡散臭く感じるばかりである。

 だからといって、昨今のmRNAワクチン関連の問題を愚息に教えを乞うのは、絶対にプライドが許さない。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月27日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月27日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2021年08月26日

デルタ株に対するmRNAワクチンの不安

 相変わらず菅首相は、ワクチン接種頼みのお目出度さ。
 
 これで明るい未来が見えていると宣うが、感染爆発の最中でも、のんびりとパラリンピックを開催する狂気の日本。

 子供たちにパラの観戦をさせ、ますます感染を増幅させ兼ねないというのに、首都圏の連中の無神経さには驚かされる。

 ワクチン頼みの日本のお粗末の今後は、どうなることやら。

 以下の問題をしっかり考えておく必要がある。

デルタ株は「接種」だけでは抑制不能 米国などワクチン先進国が向き合うシビアな現実

が元の記事だが、ヤフーの転載ページ

デルタ株は「接種」だけでは抑制不能 米国などワクチン先進国が向き合うシビアな現実〈AERA〉

のコメント欄にshi*****さんが、極めて優れたコメントを投稿されている。以下全文。
コロナウイルスとそのスパイクタンパクの厄介な所は、これまでのRNAウイルスと異なり、感染してもワクチンを接種しても、ACE2受容体との結合を阻害する複数種の中和抗体と、ACE2受容体との結合を強化する複数種の感染増強抗体が産生される事にある。
感染予防のためには、中和抗体量が感染増強抗体量に対して十分に多い事が必要となる。
要するに、善玉抗体と悪玉抗体のバランスが保たれていれば感染を抑制できるが、バランスが崩れると感染したり反って感染し易くなる。
特にデルタ株においては中和抗体が十分作用できない変異を伴っており、中和抗体量が感染増強抗体量に対してさらに多く必要となる。
現状のワクチンの3回目の接種によって中和抗体のみを増やす事ができればれば良いが、感染増強抗体も増えてしまう事が懸念される。
また、中和抗体量と感染増強抗体量が経時的に個人差を含めてどの様に変化していくかは判っていない。
 
 さりながら、大阪では嬉しい情報もある。
もう“セルフロックダウン”しかない! コロナから自分を守る方法
 という記事の中に
大阪府では、3月以降に確認された約8万5千人の新規感染者のうち、ワクチンの効果が最大化する2回目の接種から2週間以上経過して感染した人は317人だった。重症化の症例はなく、死亡者もゼロだった。
 前回第4波の医療崩壊の悲劇の教訓から、最大限の医療の充実に邁進された成果であると思われる。

 大阪が一時期こうだったからといっても、決して油断はできない。

 イスラエルやアメリカ、イギリスの現状を参考にすれば、また日本でも2回目の接種後に感染して死亡した例が日々増え続けていることを考えれば、mRNAワクチンに過度な期待を持たない方が無難である。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月26日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月26日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2021年08月25日

ワクチンを2回接種したからと、マスクもせずに回覧板を回すご近所さん

 国民の期待を裏切り続ける自民党の老害二人は救いようがない。

 スガーリンをどこまでも擁護する居直り老害オヤジ。この二人の売国保守によって国民に見捨てられ、政権を売国リベラルに受け渡すこと必定。

 それはともかく、タイトルの話は県外の常連さんの恐怖の報告である。

 同様に巷では、元気な老人たちがワクチンの免罪符があるとばかり、跳梁跋扈してコロナを撒き散らして感染爆発の元凶となっている。

 のみならず、2回接種を終えた医療従事者が、日本全国で院内クラスターを発生させ、介護施設ではスタッフが2回接種を終えている老人たちに感染させてクラスターが無数に発生している。

 ワクチン頼みのスガーリンとその手先の連中が、ワクチン接種を推進すればするほど、感染爆発が止まらない。

 mRNAワクチンを接種後も、スパイクタンパク質が5ヶ月経ってもしっかり残ているというのに、抗体が減り続ける矛盾。

 残るのは悪玉抗体(感染増強抗体)ばかりなのかもしれない。

 ともあれ、既に定評のある様々な伝染病予防のワクチンにおいて、発生する抗体量は個人差が大きいのは周知の事実であるから、mRNAワクチンにおいても同様な現象は当然想定された問題であるから、驚くにはあたらない。

 この点についての参考文献は
ブレイクスルー感染多く・・・ワクチンの“抗体に差”なぜ?

「ワクチン接種3カ月で抗体量が4分の1に減少」 藤田医科大学が発表、ファイザー製を調査

 このように経時的にB細胞による液性免疫の抗体量が減っても、T細胞による細胞性免疫は多少とも残るので、感染予防効果が激減しても、重症化を防ぐ効果が残るのだろう

 とはいえ、本日千葉県でコロナ感染で亡くなられた9名のうち2名は、2回のワクチン接種を終えていた人達だったという。

 他県でも同様、2回の接種を終えていても、残念ながら亡くなられる方が続くことだろう。

 そういえば、関東地方のお馴染みさんで、継続服用中の漢方薬類の補充の発送依頼が毎月、何年間も続いていた人が、今月に限って大幅に遅延している。もしかして感染されたのかと心配になる。(まだお若いので命には関わらないとは思う。)
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月25日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月25日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2021年08月24日

免疫の専門家でもこのレベルの回答だから信用されない

 いやしくも免疫の専門家というのであれば、多少ともmRNAワクチンについて、疑問や不安を抱かない方がモグリではないかと疑いたくなる。

【解説】ワクチン接種進むも感染拡大なぜ? 専門家「2回接種すれば絶対感染しないということではない」において
因果関係は不明とした上で厚生労働省が公表している「ワクチン接種後の死亡事例」(8月4日時点で834例)については…
【近畿大学医学部 宮澤正顯教授】
「偶然ワクチンを打った日に、もともとの持病で亡くなったとか、そういう方もいっぱいいる。科学的に言ってもファイザー、モデルナについてワクチンと死亡を科学的に結びつけることは今のところない」
 というなんともいい加減な解説。これがウイルス感染免疫学の専門家の発言なのである!!!

 ワクチン接種後の死亡者はすでに千人を超え、重大な副作用と後遺症に苦しめられている人も数千人を下らない。

 報告されない事例を加えると、何倍になるかもしれないというのに、あまりにも免疫学者としてはmRNAワクチンを過信し過ぎるのは、似非専門家ではないかと疑いたくなる。

 このワクチンによってスパイクタンパク質を自生させるという、人類始まって以来初めての壮大な人体実験。

 これを手放しで推奨する免疫の専門家たちは、全員ではないにせよ大変多いこと自体、まったく正気の沙汰とは思えないのだが、ここまで来れば、成功を祈るのみ。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月24日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月24日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2021年08月22日

日本全国で医療機関のクラスターが多発!

 前回最悪のシナリオを突っ走っている問題を書いたばかりだが、それをご覧になった人達から、様々な情報が入っている。

 都会地で開業されているクリニックの先生は、近隣の総合病院や大学病院などで職員たちにクラスターが発生して「診療は制限され、新規外来紹介も拒否、入院病床逼迫に追い打ちをかけて」いると。

 このため従来のような紹介できる総合病院が極端に限定され、コロナ以外の疾患治療に大きな支障を来す状況となっている有様。

 我が下関でも以前書いた通り2つの医療機関でクラスターが発生して、そこでは日々さらにコロナ陽性者が増え続けている。

 すなわち医療関係者のワクチン効果も明らかに激減している証拠で、ワクチン効果をあまりに過信してきた日本政府の大きなツケが回ってきたというもので、まったくお先真っ暗という他ない。

 他にも特別養護老人ホームなどでもスタッフが感染してクラスターが発生しているなど、各地で医療機関のみならず、高齢者用の様々な施設でもクラスターが発生している。

 介護施設のみならず、子供の保育園などでもクラスター発生は日常茶飯事となっている。

 各地で感染爆発が急なため、情報の整理が困難で、クラスターの発表まで手が回らないと嘆かれる地方もある。

 今後は、夏休みが終わる9月、各学校で通学が始まって以降、子供たちのクラスターの発生が最も危惧される。

 ここに至っても、コロナ収束の唯一の手段は、1ヶ月間の完璧な鎖国と、日本全国の完全なるロックダウンである。

 ところで、世界各地で行われているロックダウンはほとんど効果を示さない国が多いようであるが、日本国民の性格からして、我が国だけは成功すること間違いないことだろう。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月22日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月22日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2021年08月20日

想定される中でも最悪のシナリオを突っ走る日本の愚策

 ワクチン頼みのコロナ対策ばかりで、1年半も経つというのに、それ以上の対策は皆無に等しかった日本政府の無作為の無能集団。

 それでもオリンピックを強行し、今からパラリンピックである。

 今後はますます感染大爆発が生じるのは火を見るよりも明らか。

 まずは医療関係者のワクチン効果が激減し、各医療機関の医療スタッフが無症状感染により、コロナを周囲に撒き散らしてクラスターが日本全国の医療機関で無数に発生する。

 すでに我が下関市でも2つの病院で発生した。⇒2021年08月19日 ワクチン効果が激減した医療機関でクラスターが発生!

 同様に、一般市民で2回の接種を終えた人達の油断から、ワクチン効果激減する中、無症状感染者が市中にコロナをばら撒き散らして、日々感染者が増えることはあっても減ることがないだろう。

 さらに大きな問題は、デルタ株になって過去にはなかった最大の異変で、子供たちの感染拡大も爆発的。夏休みが終わる9月から、各学校でクラスターが日本全国で発生するのは、これも火を見るよりも明らか。

 それによって、最も悲劇的なことは、子供たちが家庭にコロナを持ち帰り、家庭内感染が日本全国で悲惨なほど無数に発生する。

 これからますますいよいよ、日本のコロナ禍は、目を覆いたくなる悲惨な状況が間違いなく、やって来る。

 そもそもmRNAワクチンの接種完了者が増えれば増えるほど、日本のみならず多くの国で感染爆発が止まらなくなっているのは、5ヶ月経ってもしっかりスパイクタンパク質が体内にしっかり残っているというからには、善玉抗体(中和抗体)のみならず想像以上に多量の悪玉抗体(感染増強抗体)を作り続けている可能性が高いことだろう。

 こういう状況でもなお、パラリンピックを開催しようというのだから、狂気の沙汰を通り越して、日本国家を滅亡に招く陰謀ではないかと怪しんでいる。

 ここまでになると、完璧な鎖国と完全なる都市封鎖を1ヶ月間実施する以外に、感染爆発を収束に向かわせる方法は、他にはあり得ない。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年8月20日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年8月20日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:コロナ 感染爆発

2021年08月19日

ワクチン接種による重篤な副作用の最後の砦は漢方薬かも

 2021年08月05日 日本の明日は、お先真っ暗と断定したくなる理由 の中で書いた
常連さんのご家族が、2回目のワクチン接種後、持病の呼吸器系疾患が急速に悪化して、主治医にこれ以上、治療方法はないと断念されているので、当方の漢方薬でできるだけの延命を期待するばかりとなっている。
 という70代の呼吸器系と腎臓系の持病がある人が、ワクチン2回目の接種後に、呼吸器系の持病が急速に悪化。

 両肺が真っ白で、喀血が止まらず、一部肺膿瘍もあるなど、やや絶望的な状況下、余命は心もとないので一時帰宅しておいた方がよいということで、これを幸いに、入院中は飲めなくなっていた漢方薬類の配合を一部修正(これが出来るのは、お嬢さんの漢方利用経験が長く、理解力が優れているから)。

 柴胡剤(柴朴湯)を主体に地竜、猪苓湯や竹葉石膏湯に抗菌中草薬および抗病毒中草薬やササヘルス・雲南田七などによって、高熱を伴っていた往来寒熱と喀血が治まり、食欲も回復して俄然元気を回復して家の中を歩き回れるほどで平熱を維持しているが、ただ時に膿様の喀痰を見る。

 上記の報告は、本日午前中の漢方薬の補充購入の発送依頼の電話で、お嬢さんからの喜びの報告で、何度もお礼を言われたほどだった。

 本音を言えば、お嬢さんの電話を受け取った瞬時、もしかして万が一のことがと冷や汗が出かかったことろで、嬉しい報告で胸を撫で下ろしたことだった。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年8月19日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年8月19日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:ワクチン 副作用

2021年08月18日

日本漢方や中医学派など漢方治療はコロナでは蚊帳の外?

 本日のタイトルのように「日本漢方や中医学派など漢方治療はコロナでは蚊帳の外」のように見えるのは、この分野から表立って強く発言する専門家がおられないだけのこと。

 実際には、中国でコロナが蔓延した当時、中医学が大活躍して大きな治療実績があることから、日本漢方や中医学派の専門家たちは、内心で自分たちもやれるぞと自信満々の人も多く、『漢方の臨床』誌などを見ていると、実際に治療効果を挙げられている先生方もおられる。

 ところで、我が薬局はどうかというと、昨年にはPCR検査をしてもらえないが発熱と咽喉腫痛で、もしかしてコロナかもしれないと不安を持たれたお馴染みさんたちに、適切な方剤を送付して、事なきを得た例は複数あり、今年も同様の症状を訴える人たちも、自他覚症状に応じた方剤で検査を受ける前に治っているので、コロナではなかった可能性大。

 このように今のところ、PCR検査で陽性が出てコロナに感染して発症したという連絡と相談は皆無だが、ファイザー製mRNAワクチン2回目接種後、持病が急速に悪化し、西洋医学的に手の施しようがなくなった高齢者が1名おられることは、既にこのブログでも書いた通りだが、主治医はワクチンとの因果関係を否定して、厚労省に報告すらしようとされない。

 また同じファイザー製ワクチンを1回接種したあと腕が腫れ、一週間後に蕁麻疹が広がって来たので、2回目を拒否したという中年の女医さんは、その1回目の接種時にも、タンカーで運ばれる人など、様々な有害事象を目撃しているので、なおさら2度と受けるつもりはないという報告も入っている。

 さらには遠方の常連さんから日本の明日は、お先真っ暗と断定したくなる理由で報告しているような、同県におけるワクチン死が20代の2名を含んで既に5名のみならず、重大な副作用に苦しむ何人もの人達。

人命最優先のコロナ分科会が「ワクチン接種後の死」をろくに原因究明しないお粗末 「因果関係評価できない」死亡例山積

 それはともかく、新型コロナウイルス感染に対する漢方薬はどの程度の効果を発揮するかは、刻々変化する病状に応じて弁証論治をより正確に行い、臨機応変の対処ができれば(といってもこれが大変面倒で神経を消耗する作業であるが)、かなりなことは可能と思われる。そのこともあって、漢方の専門家達は、自身や家族が運悪く感染した場合は、内心、絶対に漢方で治すという意気込みがあるから、大声で騒がないだけなのだろう。

 なお、予防に関しては、従来のインフルエンザや風邪の予防に使用する4点セットや3点セット、あるいは2点セットが通用するのではないかと、常連さんやお馴染みさんで、予防方法の真剣な相談がある人達には、しっかり伝授している。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月19日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月19日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2021年08月16日

ここまで感染爆発すれば、mRNAワクチン打つも地獄、打たないでも地獄

 日本ばかりでなく、世界中で、ワクチンを2回接種しながら、コロナに感染して死亡するケースが続出している。

 イギリスでは、ワクチンを2回接種しながらも感染した人の死亡率(0.78%)が、未接種の感染者の死亡率(0.14%)という、驚くべきデータが公表されている。

 ワクチンの副作用死のみならず、ワクチンを2回接種しながら感染して死亡するケースもあり、それならワクチン接種は受けないほうがよい、という結論になるわけではないので、そこは大変微妙な問題である。

 それゆえ、以下の全文を読んで、しっかり熟考すべきだろう。

ワクチンを突破する「ブレークスルー感染」 デルタ株の蔓延も要因に

「ワクチンほぼ無効」五輪関係者の感染が発覚した “最凶” ラムダ株…海外メディアが警鐘
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年8月17日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年8月17日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:mRNAワクチン

2021年08月13日

世界中でワクチン狂奏曲が鳴り響いているが

 このたびの新型コロナウイルス関してばかりは、専門家の連中の発言ほど信用ならないものはない。彼らは専門バカというよりも、バカ専門家というべき人達である。

 各テレビ局では、ワクチン接種を声高に推奨するばかりで、その実際の功罪の両論をしっかり解説する専門家は皆無である。

 のみならず、シロウトでも分かりそうな、日本人にはワクチンの接種量が多過ぎる問題すら、誰も指摘する人がいないのだから、彼らは科学者の風上にも置けない。

 さらには、奇特な長尾医師が、強く推奨するイベルメクチンとデカドロンに酸素吸入の推奨、とりわけイベルタルの早期の投与について、歯牙にもかける気配すらない。

 それはともかく本題のmRNAワクチンは、現在世界中で蔓延しているデルタ株には、感染予防にはまったく心もとないものの、重症化を防ぐ一定の効果は間違いなくあるようだから、感染すると重症化しやすい年齢層の人達は、接種しないよりもした方が無難かもしれない。

 但し、かなり重い基礎疾患ある人達は、ワクチン接種によって病状をさらに悪化させて死期を早める可能性があるので、遠慮した方が無難だろう。

 デルタ株に感染しても、重篤化や死亡する可能性の低い年齢層の人達は、ワクチン接種によって死亡する可能性の方が高いので、ワクチン接種は遠慮した方が無難かもしれない。ましてや、mRNAワクチンの性質上、昨日のブログでも書いたように、将来想定外の副作用の恐れなしとしないので、若い年齢層では、ワクチン接種を受けるかどうかは、よく考えて慎重に判断するべきだろう。

 今後の大きな問題は、医療関係者の多くが2回接種して以降、数ヶ月以上経過して、抗体がそろそろ半減以下になり、知らぬ間にコロナに感染して無症状のまま、周囲にコロナを撒き散らす恐れが差し迫っている。

 そのうち院内クラスターや調剤薬局内クラスターなどが発生する可能性なしとしない。

 同様に、2回接種を終えた一般の人達の今後の問題点は、知らぬ間に感染して、無症状のまま、ウイルスを回りに撒き散らして、市中感染をさらに拡大させる元凶となり兼ねないことである。

 イスラエルや英国およびアメリカの現状を、他山の石として学ぶべし。

 菅首相の口癖だった「安心・安全」はどこへやら、オリンピックで浮かれたツケが回って感染大爆発!

 本日はいよいよ2万人以上の感染者を記録したが、我が下関市も、越境の他県の人達の感染者も交えて日々増え続けている。

 このお盆休みには家にジッとしておれない馬鹿者達が、わざわざ越境して、地方にコロナを撒き散らせ、いよいよますます感染大爆発の火に油を注いでいる。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

20010年8月12日の茶トラのボクチン(6歳)
20010年8月12日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2021年08月08日

直近で最も警戒すべき問題点

 現時点ではっきり言えることは、世界中でmRNAワクチン接種済みの人が増えれば増えるほど、感染爆発が生じているということ。

 ということは、重症化を防ぐ効果が多少はあっても、ワクチン接種によって、善玉抗体だけでなく、同時に想定以上の悪玉抗体も生み出している可能性が十分に考えられる。

 以上のことも考慮に入れながら考えてみると、春から始まった医療従事者のワクチン接種から数ヶ月以上が経過するが、そろそろ感染予防効果は激減し、僅かに重症化リスクを防ぐ効果だけは残るだろうが、このために各地で院内クラスターが発生する恐れが高まっている。

 ワクチン2回接種済みの人達の油断から、容易に感染して無症状のまま、感染拡大を促進している可能性さえ考慮する必要がある。

 ワクチン接種率を上げれば上げるほど、集団免疫が形成されるというのは、まったくの幻想だから、「安心・安全」「ワクチン・ワクチン」の菅首相の妄言は、絶対に信用してはならない。

 ワクチン効果を回避する更なる変異ウイルスが増え続けるのが、自然の摂理。新たな変異ウイルス発生を早めるだけでなく、感染拡大を促進し兼ねないことも、mRNAワクチン効果というべきだろう。

 危険性を伴うワクチンばかりに頼るよりも、イベルメクチンを増産して、全国民に配布する方が、はるかに安全で効果的だと思われる。

 最も効果的なパンデミック対策は、日本全土で1ヶ月間、完全なるロックダウンを行うこと。これ以外の方法では、いつまでも明るい未来は見えにくい。

新たな脅威に?「おなら」でコロナウイルス拡散リスクを英国閣僚が懸念
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月8日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月8日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2021年08月03日

mRNAワクチン接種を拒絶する理由は様々だが

 2月頃から開始された医療従事者へのワクチン接種だが、そろそろ5ヶ月が経過して、感染予防効果も重症化を防ぐ効果も、次第に衰えてくる頃。

 ましてや水疱瘡レベルの感染力のあるデルタ株では、ワクチン接種による感染予防効果は、もともとかなり劣っている。

 それゆえ、そろそろワクチンを2回接種した医療従事者の中からデルタ株の感染者が続出する可能性もあり、院内でのクラスターの恐れなしとしない。

 それはともかく、ワクチン接種を拒む人達の理由は様々だが、傾聴に値する記事が見つかったので、以下に紹介する。

新型コロナ ワクチンを「打たない」と決めた人々の理由とは

 たとえば、我が郷土、下関市のように、いまだに感染者が少ないまま推移している地方では、ワクチンによる副作用を恐れて接種しないまま、万全の感染対策(マスク・ソーシャルディスタンス・手洗い・消毒など)を行うことと、ワクチン2回接種による間違った安心感から、自由に行動して感染する危険性を考えると、問題は微妙である。

 バカな政府やマスごみが、ワクチンを接種してさえいれば、万全のような錯覚を起こす広報ばかりを流すので、バカな国民はそれを信じて接種後に自由な行動をすることで、却って爆発的な感染拡大を誘発し兼ねないからである。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年8月3日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月3日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:mRNAワクチン

2021年08月01日

mRNAワクチン神話が崩れるかもしれない

 ワクチンを2回接種した後に感染すると、死亡率がやや高まる可能性の指摘は、決してフェイクではないだろう。

 ワクチンを2回接種していると、感染しても多くは重症化を防ぐ効果があるのは事実なのだが、皆がみな、その恩恵に浴せるとは限らない、というわけである。

 2回の接種を完了していても十分な抗体が得られない人や、あるいはADE(抗体依存性感染増強)の問題も浮上しそうであるが、それはともかく以下の記事が、大いに気になるところである。

ワクチン接種88%のイギリス 死亡率データから読み取れるものは

 上記の記事にもあるように、ワクチンを2回接種したからといって、従来通りのマスクやソーシャルディスタンスを守らなければ、容易に感染することが判明している。

 のみならず、2回接種した後に感染した場合、上記の通り、死亡率がやや高まる可能性があり、これから類推できることは、来年、3回目のワクチンを接種すると、副作用は、2回目よりもかなり強くなる可能性が類推されている。
2回接種してから感染すると、“ワクチンを3回接種した状態”に近くなり、免疫機能が強化されている状態では、ワクチン接種2回目以上に、発熱など副反応のような症状が強く出ることが考えられます。その傾向は、もともと免疫機能が充実している若者の方が顕著かもしれません。そうしたケースでは、ワクチンを接種してから感染した人の方が、接種してない人よりも死に至りやすくなる可能性があります。
         ━━血液内科医の中村幸嗣氏談
 ワクチン接種を受けない医師が一定数いるのも、大いに納得である。

 なお、イスラエルでは2回接種を終えた高齢者が、デルタ株に感染して重症化する例が出ているので、接種から半年以上経過していることから、3回目の接種を開始した。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年7月31日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年7月31日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2021年07月31日

ワクチン接種後の発熱

 ワクチン接種後の発熱は、常連さんを見る限りでは、寒気よりも強い熱感が目立つ。

 もともと常連さんの多くは、消炎解熱剤としての性質を有する地竜エキス製剤を常備されている人が多いので、いずれもこれを使用して、明らかな効果があり、大いに助かったとの報告を受けている。

 我が薬局の常連さんは、漢方の常備薬の利用にかなり習熟されている人が多いので、それでも疑問点や、利用方法を迷った場合は、直ぐに電話やメールでの相談があるのだが、今回のワクチン接種後の発熱ばかりは、うまく利用された後の結果報告ばかりが目立つ。

 それにしてもインドの変異株(デルタ株)は、CNNの放送で断言されていたが、ワクチンを2回接種していても容易に感染して、多くは無症状や軽症のまま、コロナをばら撒いて、周囲に感染拡大させるので、従来通りのマスクやソーシャルディスタンスを守ることが必須であると報道されている。

 すでに日本では日々1万人超えの感染者を出し続けているが、次第にデルタ株が主流になりつつあるだけに、オリンピックという悲劇の宴のあとが、思いやられるが、一説には感染力が増した分、毒性はやや衰えているともいわれるが、インドやインドネシアの状況からは、まったくフェイクとしか思えない。むしろ強毒化しているように思える。

 これらと同等に大きな問題は、一部の例外を除いて、一般の医療機関が全くコロナを診ない事だと嘆かれる医師も多いが、そこには患者の命よりも開業医の利益と利権優先の日本医師会の闇の問題というべきだろう。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年7月31日のボクチン(6歳)
2010年7月31日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2021年07月27日

オリンピックで浮かれている間に

 日本勢の金メダルラッシュに浮かれている間に、人口密度が半端じゃない都会地では、街に繰り出す人が多過ぎるので、コロナの感染者が爆発的に急増して、たとえば東京では本日は2,848人の感染者。

 明日、明後日はもっともっと増えることだろう。

 我が郷土、下関市は感染者ゼロが続いているのだから、人口密度の高い都会地の浮かれた連中が越境して、下関でコロナをばら撒かないで欲しい。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年7月27日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月27日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:コロナ 感染拡大

2021年07月22日

もっぱらワクチン頼みでは先が思いやられる

 世界中でワクチン協奏曲が奏で続けられているが、ワクチン接種の非科学的な最たる問題が、40Kg以下の人達から、100〜150Kg以上ある巨漢の人達まで、同量のワクチン接種が行われている現実は、まったく狂気の沙汰という他はない。

 その問題はともかくとしても、ワクチン効果も半年経てば、かなり効果が落ちるようで、イスラエルでそのような問題が指摘されいる。それゆえ3回目の接種が必要になるとか、このようなワクチン頼みを繰り返していても埒が明かないことは目に見えている。

 日本でも、医療従事者のみならず、早期に接種を済ませた高齢者のワクチン効果が秋に向かって激減することが目に見えており、猛暑の夏には弱るはずのコロナが、日本はもとより、世界的にもこれだけ爆発的に拡大しているのだから、ますます活性化する冬に向かって、大きな感染爆発の可能性ナシとしない。

 中世のペストのように繰り返し派手に流行して、ようやく収束することになるのかもしれず、それには、もしかしたら何十年もかかるかもしれない。

 ところで、日本では、ワクチン接種後の死者や激しい副作用に見舞われている人が、報告されているだけでも、死者は既に700名を大きく超えており、重大な副作用については、さらに相当な人数に上っている。その裏では厚労省の統計には計上されない、かなりな人数が報告されないままの現状を、常連さんのご家族などの悲劇的なワクチンの重大な副作用や後遺症でも知るところである。

 変異しやすいウイルスに対しては、いつまでも多少とも危険が伴うワクチン頼みでは、早晩限界が来るのは明白だから、早く確実な治療薬の開発や発見が急務である。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年7月22日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年7月22日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:ワクチン

2021年07月20日

無事ワクチン接種を終えたという報告が続々とある中で

 60歳以上の常連さん達が、ワクチン接種を2回、たいした副作用もなく無事に終えたとの報告が続々とある中、例外の報告もある。

 若い常連さんの義理のご家族の中に、1回目の接種で薬疹が出たので恐ろしくなり、2回目を断念したという話や、40代の医師自身も1回目の接種で蕁麻疹が出たので、2回目を断念したという報告も、直接受けた。

 その医師の話では、具体的には聞かなかったが、ワクチン接種後の副作用問題は、他にも色々あるのだということだった。

 さもありなん、村田漢方堂薬局だけでも先日も書いたことがあるように、これだけ接種後のトラブルが耳に入るのだから、何の不思議でもない。

 ただ、mRNAワクチンのお陰で、感染予防は心もとないものの、感染後の重症化を防ぐ効果だけは、明らかにあるようだから、余程の重大な持病がある人でもない限りは、50歳以上の人は是非とも受けるべきだろう。

 もしもワクチンを受けたくなければ、感染拡大スピードというのは、人口密度が高ければ高いほど、二乗に比例するくらい猛烈なので、できるだけ過疎の村や山奥に逃避する以外に、感染を防ぐ方法はないだろう。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年7月20日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年7月20日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2021年07月17日

明らかに重症化を防ぐコロナワクチンだが

 新型コロナウイルスに対するmRNAワクチンの有効性は明らかなようであるが、デルタ株に対しても重症化を防ぐ効果はあっても、感染予防に関してはやや心もとない。

 とはいえ、例外的に摂取しないほうがよいケースもあり得るのが現実である。実際の例では、かなり重大な持病を二つ抱える高齢者が、1回目の接種で発熱がいつまでも止まらず、下痢を生じたり、歯痛が出たりしながらも、地竜と解熱剤でようやく熱が下がったところで、直ぐに2回目の接種を受けたところ、持病の呼吸器系疾患が急速に悪化し片肺が真っ白。余命のことまで心配されるようになった。

 もう一つの持病の主治医は、未知のワクチンだから副作用の可能性を認められるが、呼吸器系の主治医はあり得ない、と否定的で、もともと悪化傾向にあったもので、今に始まったことではないように言われるが、どうせ厚労省からはワクチンの副作用と認定されることはないので、煩わしい問題に関わりたくない模様。

 また、ワクチン接種を断固拒否している高齢者の中には、ワクチンのタイプが異なるとはいえ、以前からインフルエンザの予防ワクチンを接種したときは、必ずインフルエンザにひどく罹患していたので、明らかに感染増強抗体を誘発されていたに違いないと、持病もあることでもあるし、今回のコロナワクチンも断固拒否されている。

 免疫系専門の医師も同意しているくらいで、何でも例外があり得るので、拒否されるのは納得であり、その医師ですら、未知のワクチンだからと接種を拒否されている。
 応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年7月18日の茶トラの体調を壊し続けている茶トラのボクチン(8歳)
2012年7月18日の茶トラの体調を壊し続けている茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:ワクチン