2014年11月17日

合わないときは逆効果になりやすい十味敗毒湯

2009年11月17日のボクチン(5歳)
2009年11月17日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 日本全国各地で、と書けば些かオーバーのようであるが、十味敗毒湯で酒皶(しゅさ)に使用された人達が、無効であったというのならまだしも、むしろ余計な発疹が生じて困った話など、しばしば耳に入ってくる。

 アトピー性皮膚炎に酒皶が合併した女性が、十味敗毒湯をフィットしていなかったに関わらず、三ヶ月間も使用したために、全身に湿疹が拡大して⇒2012年02月02日 ニキビ治療に十味敗毒湯3ヶ月連用で各所に湿疹が勃発した人は、 結局は村田漢方堂薬局に関東から通う羽目になった。

 最近でも、近畿地方から通いはじめた酒皶の男性なども、漢方クリニックで十味敗毒湯など、様々な方剤を投与され、却って発疹が生じるので、3軒もクリニックを変えたが、どうしようもなくなって来られた。(当方では清熱剤で症状は半減中)。

 ところで、先日、酒皶でもアトピーでもなく、一般的な湿疹で、漢方薬局からまとめて1ヶ月分の十味敗毒湯を購入したが、却って余計なところに発疹が出現するが、これは瞑眩(めんげん)⇒好転反応なのだろうか?という質問メールが届いた。

 今回は、同月同日の茶トラのボクチンの写真が多かった関係もあって、他のブログ 漢方薬局経営薬剤師の一喜一憂 に掲載したので、御参考までに参照されたい。
2014年11月16日 十味敗毒湯に瞑眩(めんげん)⇒好転反応はあるのか?

たまには応援のクリックをお願いします!⇒ にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2009年11月17日のボクチン(5歳)
2009年11月17日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2009年11月17日のボクチン(5歳)
2009年11月17日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2009年11月17日のボクチン(5歳)
2009年11月17日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母



タグ:十味敗毒湯

2012年02月02日

ニキビ治療に十味敗毒湯3ヶ月連用で各所に湿疹が勃発

AAAA0729
AAAA0729 posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾
【 年 代 】:20〜29歳の女性
【 地 域 】:関東
【 お問い合せ内容 】: はじめまして。お忙しいところ失礼致します。

 ●●の☆☆と申します。質問・相談があり、メールをさせて頂きました。
 お時間のあるときで構いませんので、どうか宜しくお願い致します。

 ニキビにいいからと、十味敗毒湯を3ヶ月程服用したところ、唇、腕の内側、脇の横、膝、肘、脚などに痒みがでてきて、浸出液がたくさん出る湿疹がでました。
(ニキビには全く効果がありませんでした。悪化もしませんでした。)

 皮膚科でこの事を相談したら、薬剤アレルギーという診断になりました。

 また他の皮膚科では十味敗毒湯は汁が出るのはよくあることだとも言われました。
 どうしてなのか理由は教えて頂けませんでした。

 一応、服用を止めて皮膚炎は治まったのですが、時々、皮膚炎の出た部分に同じ湿疹が出てくるのに悩まされています。
 もう一年半経ちましたが、きれいになったかと思えば、また出てくるという感じです。

 皮膚科で相談しても、もう服用を止めたのだから、十味敗毒湯とは関係ないと言われるのですが、私は、十味敗毒湯が原因だと思います。
 治るのか聞いても、皮膚科の先生はわからないようで答えは返ってきません。

 一度、こうなってしまうと数年はこの状態が続くのか、もう一生このままなのか、それすらも分からないのが不安たまりません。

AAAA0488
AAAA0488 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 十味敗毒湯は温性の袪風薬が多く配合されているので、村田漢方堂薬局では滅多に販売しない皮膚病薬ですが・・・

 それはともかく、三ヶ月もの間、まったくフィットしてない十味敗毒湯をどうして続けられたのか?これ自体も問題です。

 もしも貴方が熱証傾向のある体質だった場合、清上防風湯や茵蔯蒿湯、あるいは荊芥連翹湯(けいがいれんぎょとう)などのいずれか、あるいはそれ以外の方剤でも、少なくとも十味敗毒湯のような温める方剤は不適となります。

 あるいは瘀血(オケツ)が原因のニキビであれば、桂枝茯苓丸加ヨクイニンなどの適応だったかもしれず、少なくともフィットしない貴女にとって間違った漢方薬は、三ヶ月も続ける以前に、少なくとも一ヶ月以内に合ってないのではないかとの体感がもっと早くに感じられていたはずです。

(注:皮膚病の場合、実際には10日以内に良し悪しが判明するのが通常である。)

 もしも十味敗毒湯をニキビによいからと自己判断で素人療法をしたとしたら、とても安易な行動であったと反省すべきです。

 そうではなくて病院の医師の判断だとしたら、これが病院漢方のレベルと限界でもありますし、あるいは漢方薬局で合わない漢方薬を三ヶ月も続けさせたとしたら、漢方薬局の薬剤師として失格と言わざるを得ないこととなります。

 合わない十味敗毒湯を三ヶ月も続けて生じた現在の後遺症を治すには、適切な漢方薬を使って体質改善すれば必ず解決できる問題です。

 ちょうど偏った食事を三ヶ月も続けて、アトピーが勃発した人がいますが・・・

 実際にケーキ屋さんに勤めていて、毎日残ったケーキをもらって一家で食べていたら姉妹二人とも数ヶ月もしない内にかなり重症のアトピーが発生し、姉は転職した勤務先の命令で四国の病院に入院し、妹さんは当方で漢方治療した症例を 脾肺病としてのアトピー性皮膚炎 このページの3例目に実際の治っていく経緯を掲載しています。

 この姉妹と似た現象が、貴女の場合はケーキではなくて、たまたま十味敗毒湯だったということになります。

 とはいえ、アトピーが生じなかっただけマシかも、と考えたほうがよいかもしれません。

 漢方の世界はとても専門性が高く、国家資格のある医師や薬剤師ががちょっと勉強したくらいではほとんど初心者にもなれないくらいに深遠な世界です。

 漢方薬の仕事だけで「メシを食って」いる薬局かクリニックをお近くで見つけ、そこで本腰を入れて通いつめ、体質改善をしてもらえば、必ず解決できます。

 取り急ぎお返事まで。

XSC_0239
XSC_0239 posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール:

 こんにちは。十味敗毒湯でメールをした☆☆です。
 お忙しい中、早速のお返事ありがとうございます。

 十味敗毒湯は、薬局でニキビや化膿疾患にいいと聞き服用しました。

 以前、皮膚科で漢方薬は3ヶ月服用しないと効果が出ないことがあると聞いたので、それを勝手に信じ込んで飲み続けてしまいました。
 でも今は、お返事を読んで簡単に考えていた自分に本当に後悔しています。

 私は、元々アトピー体質がありあます。(先にお話して置くべきでした。)

 ただ、体に年中でているわけではなく、季節の変わり目に出てくる程度です。 (薬を使わなくても治癒する・気にならない程度)

 今回の十味敗毒湯で湿疹の場所を一気に増やしてしまいました。 生まれてから一度も出たことのない部分にたくさん出たのがショックでした。

 今は、元のアトピーに戻ればいいと思っているくらいです。
 出ている時のアトピーは、赤みのある熱をもった湿疹なので、もしかすると、熱証傾向のある体質なのかもしれません。
 もし、そうだとしたら、本当に間違ったことをしてしまいました。

 それから、十味敗毒湯が原因かわかりませんが、少し動いただけで熱くなったり、汗が出るようになりました。

 滝のような汗ではなく、滲むような汗ですが、とても不快です。
 そのように感じるだけなのかもしれませんが、以前と違うのは確かです。

 もう二度と自分で漢方薬を使ったりしません。

 村田漢方堂薬局の様なちゃんとしたところで治療したいと思います。
 まずは近くで探してみます。

 お返事を下さって本当にありがとうございました。

XSC_0197
XSC_0197 posted by (C)ヒゲジジイ