2010年02月03日

現代社会における漢方薬の存在意義は・・・

寒いのに外出中のボクチン
寒いのに外出中のボクチン posted by (C)ボクチンの母

 本当に漢方薬を必要とする人達は、西洋医学治療に限界が生じた場合であるように思われる。
 現実に日々、漢方相談に訪れるのはそのような人達ばかりである。

 軽症から重症者まで様々だが、薬局の性質上、お気楽気分で来られる人が、病院に行くのが面倒だから漢方薬で済ましておこうという不届きなケースでは、二人に一人が罹る悪性腫瘍が隠れていたら困るから、先ずは病院に行くべきだといって漢方相談をお断りする。

 病院で医師の診断を一度も受けることなくお気楽に漢方薬を服用していた人が、後になって会社の健康診断などで偶然、悪性腫瘍が発見された場合、「薬局で漢方薬を飲まされていた」などと、なんでもかんでも薬局の責任に転嫁されかねないからである。
 
 それほど現代日本人の人間性は地に落ちている。
 それとは真逆に、村田漢方堂薬局に縁のある人達の多くは、古き良き時代の日本社会そのままの礼節を知る人達ばかりである。

 実際に漢方薬を上手に利用されている人達は、検査上では何も発見されないけれど、様々な症状に悩まされているレベルから、難病治療のサポートのみならず、進行癌や転移癌患者さんたちのクオリティ・オブ・ライフの維持向上目的で漢方薬が大なり小なり役立っているのが現実である。

 自費の漢方薬は高いと思い込んでいる人も多いが、恩恵を蒙っている人達の中には、とても安いと感じてくれる人も多いのだから、世の中様々である。

海上自衛隊の飛行機
海上自衛隊の飛行機 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 23:32| 山口 ☀| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

常連さんは高齢になっても発癌しないしボケる人も稀

ハイイロチュウヒ(メス)
ハイイロチュウヒ(メス) posted by (C)ヒゲジジイ

 このことは大分以前にも書いたことがあると思うが、長期の常連さんには既に七十歳を超え、八十歳を超えている人も多い。

 いずれの人も初期には西洋医学や他所の漢方薬でも治らなかった大変な病気を抱えて来られた人達ばかりである。
 トウヘンボクなヒゲジジイの漢方薬で難病を克服するにつれてヒゲジジイ流の漢方、中医漢方薬学の流儀に嵌った人達である。

 常連さんには漢方処方の正しい運用方法を長期間かけてみっちりと学んでもらう。
 というよりも、自然に皆さん習得されることが多いので、そこいらの医師や薬剤師よりも彼女達の方が門前の小僧的に習熟しているかもしれない。

 もっと若い年齢層の10年以上の常連さんまで加えると、これらの常連さんたちだけを熱心に漢方相談を続けていれば、村田漢方堂薬局が潰れることはあり得ないだろう(笑。

 閑話休題(それはさておき)、体質に合った漢方薬を長期間服用すれば、免疫力の維持向上および老化予防に役立つと思われる。
 その大きな証拠が、これらの女性達が、今のところ高齢になっても発癌することもなく、ボケることもない。

 唯一の例外は三十年近くの常連さんで、最初は様々な癌で来られた人だたのが癌は克服したのに、数年前に87歳になって漸く極端な物忘れの兆候が突然出てしまったケースが一例あるのみである。

 皮肉なことに、こうやって同じことを繰り返し書くようになったヒゲジジイこそボケの兆候かもしれないのであった(苦笑。
 ブログも、ホームページも、ちょっと手を拡げ過ぎたので、そろそろ間引いて行く必要がある。これまでも既に5サイト以上は消滅させているが、まだまだどうしようもない不要なサイトが多過ぎる。


ハイイロチュウヒ(メス)
ハイイロチュウヒ(メス) posted by (C)ヒゲジジイ

 

 
posted by ヒゲジジイ at 23:32| 山口 ☀| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

久しぶりに訪れた御高齢のお馴染みさん

DSC_9215
DSC_9215 posted by (C)ボクチンの母

 37年も漢方相談の仕事をしていると、以前来られていたお馴染みさんが久しぶりに新たな病気や、あるいは以前と同様の疾患の再発で、あるいは再発の不安で予防を兼ねて来られる人達がある。

 長い間には様々な人が来られては、一部の人は完全に漢方薬に嵌ってしまって常連さんになる人もあれば、何かある毎に訪れるお馴染みさんなど、いつの間にか数十年のお付き合いとなっている人が多い。

 そのような中で、最近もいつの間にか80歳を超えられて、久しぶりに健康不安などで訪れる人が後を絶たない。
 80歳を超える御高齢者で新人さんであれば、常連さんの御家族でもない限りは、鄭重にお断りせざるを得ないのが現実である。

 ところが、かなり久しぶりとはいえ、以前から折々に利用されていたお馴染みさんともなれば、10年以上の久しぶりとあっても中医漢方薬学の綿密で時間のかかる弁証論治の流儀を既に体験されているので、たとえ80歳を超える御高齢であっても、そこいらの若者たちよりもはるかに理解力が優れている(笑。

 たとえば、当時は持病の腰痛が激しく、病院治療で治らない激しい腰痛発作を漢方薬を10年近く続けられ、その後も年に数回くらい予防的に続けられていた人が、久しぶりに腰の不安を覚えて来局された。お歳を伺えば既に80歳を超えられている。
 
 背筋がピンと伸びて、腰が曲がる気配は微塵も無い。以前、あれだけの腰痛に悩まれていた人が、見事な姿勢ですねっと感慨深く思わず口から漏れると、あれ以来まったく腰痛は皆無となったものの、昨今何となく不安になったので、また予防的に服用しておきたいとの希望である。

 このように以前から折々に利用されていた人では、たとえ10年あるいは20年も遠ざかっておられた人でも、かなり御高齢になられても、そこいらの若者よりも遥かに当方の中医漢方薬学の流儀に何の抵抗もなくスムーズにことが運ぶ。

 少し前もヒゲジジイと同年代の人が、十数年ぶりに訪れたが、各種の病院検査で指摘されている悪性腫瘍の不安を覚えて体質に合った免疫力向上や体質強化の目的である。
 最初はまったくの新人さんかと勘違いして、やや怪訝そうに本気度を確認していた受付嬢が、以前来られていた経緯や当時の病名などを申告されることで、古い相談カードを取り出すなり思い出したっ!

 重々当方の流儀は御存知とのことで、その後の話はスムーズ。
 やはりまったくの新人さんと異なって、当方の流儀を既に体験されている人達だけに、気が楽で微妙なところに神経を使わないで済むから、変な疲労感や徒労感がなく幸いである。

 ところがまったくの新人さんともなると、どの程度の本気かわからないケースも多く、とりわけ電話でのお問い合わせなどは、そのほとんどが「ちょっとお訊ねですが」レベルであるから、お断りするに限るのである(苦笑。

オオバン
オオバン posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 21:31| 山口 ☀| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

がんサポートの村田漢方堂薬局の歴史は長い

ムクドリ
ムクドリ posted by (C)ヒゲジジイ

 アトピー性皮膚炎の漢方相談よりも遥かに多いのが進行癌や転移癌、あるい初期癌や癌手術前や術後からはじめる人達である。

当然のことながら、手術前からはじめる人や、あるいは術後すぐからはじめる人達は予後がよい。

 但し、ご自身みずから積極的に望んで来られる人か、あるいはしっかりした御紹介者があるケースでなければ、とてもデリケートな疾患だけに、これらの条件が揃わない限りはお断りしている。
 御紹介者がある場合でも、お義理で来られる消極的な人達はすべてお断りしている。

 以前はヒゲジジイの年上の患者さんばかりだったのに、いつの間にか、若い年齢層の人達ばかりが来られるケースが顕著である。40代や五十代が最も多い。
 地元で実績があるだけに地元近辺や県内の人が多い。

 大変な病気ではあっても、最終的に喜ばれることが多いので遣り甲斐のある反面、とても心痛する分野でもある。

 かなり末期の状態で最終的には、ほんの一時的なクオリティ・オブ・ライフ向上だけにしか貢献できなかった場合は、こちらも憂鬱のどん底に落ち込んでしまう。

 そういえば、前回のブログの内科医の先生は西洋医学において、ある分野の癌のプロフェッショナルっ!


ムクドリ
ムクドリ posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 23:14| 山口 ☁| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

東洋医学の基本概念「整体観(整体観念)」

おたより: 関東地方の内科医師

 今日は自分の主治医と思っていた、ある整体協会の先生…の奥さんからの電話を受けて嬉しくなりました。

 彼は10月にオシッコが出ないと言うことで自分が往診したんですが…膀胱に沢山オシッコが貯まっている感じだったので翌日までオシッコが出なければ、泌尿器にかかるように話していました。

 そして結局翌朝までにオシッコが出なくて…泌尿器に受診し前立腺がんの診断を受け精査入院をしました。結局、骨にまで転移をしているとのことでした(;^_^A アセアセ…。

 そして今日電話を受け…転移も前立腺がんの時に上がる検査の値も正常になったとの話を聞きました。
 そのとき自分は「彼らしいなぁ〜」と思いました。

 ここで彼の場合と一般の人の医療の場合との違いはどこにあるのか?ということがここで興味の中心になると思います。

 彼の場合は…全身を診ることに長けています。前立腺の病気でも全身の変化が前立腺に出ていると考えて体を治していきます。加えて…自分が思うところ…病気を敵視していません。

 こんなことからすれば…「体がゆがんで必要な病気を出しているのであって、病気は敵ではなく、体の欲求として現れているだけだ」と考えることが大切なのではないかと思います。

 敵視して病気を治そうとすれば…その体は戦場になってしまいます。
 がんを取った所で結果は明らかです。

 「体の欲求を理解し、その欲求が出ないように体を変えてやる」という考え方も必要なのではないかと…(^o^)/。

 病気の必要条件である「なぜ体が病気を必要とするのか?」 ということをもう一度考えることが大切である様に感じます。
 これを理解しないと病気は永遠に敵であり…永遠に平和は来ないと思います。

 神様がいるんだとするならば…病気も、その存在意味があるに違いありません。
 もちろん…これを地でいっているのが傷寒論だと思いますけど…(笑。

 やはり漢方の根本概念は素晴らしい! v(^_^)v


ヒゲジジイのお返事メール: すごい話ですねっ!
 貴重なお話ありがとうございます。

 きっと先生がとってもよいお薬を投与なさったからでしょう。
 と同時にその患者さんはご専門がご専門だけに中医学の基礎概念でもある「整体観(整体観念)」の達人なのですねっ! きっと達観しておられるのですねっ。

 ヒゲジジイなどは、何年か前、たくさんの目撃者が多いのですが、タバコの吸い過ぎで口唇癌らしき腫瘍が出来た折、考えられるあらゆる漢方薬類を服用しながら、なかなか消えず、四苦八苦しながら、いよいよ消えなければ大学病院の放射線科に行く決心をしかかったところで、ある生薬の量が足らないのではないかと、一か八か最高量に増やしたら、一気に消失して安堵の胸を撫で下ろした冷や汗ものの恐怖体験をしています(苦笑)。

 その折には外から見える患部だから憎き敵に見えて仕方がありませんでした(汗)。

 一方では、当方の漢方を過大に信じて下さる御一家は、ピロリ菌により生じた胃の低悪性リンパ腫。あらゆる病院治療で死ななかったピロリ菌が、多種類の漢方薬類の併用でほんの一ヶ月前後で腫瘍も含めて完全消失。

 そのご家族のもう一人は一昨年だったか、四年かかって増大した眼球裏の腫瘍が、脳圧亢進症状も日増しに増大しているところへ、考えられるあらゆる多種類の漢方薬類併用で、これも一ヶ月半後の検査で、完全消失していたので、主治医が思わず奇声を発したことなど。

 その他、顔面に生じた悪性黒色腫らしき2cm大の腫瘤が半年で僅か2mmに縮小など、挙げればまだまだ不思議な現象を多々経験していますっ!!!
 CTがない時代には脳腫瘍の手術前三ヶ月間の服用後、開頭したら何にも無くなっていたなどなど・・・。

 「鰯の頭も信心」などと言ったら不謹慎ですが、神様のようにヒゲジジイを信じて下さる人達というのは、不思議と言っても過言ではない凄い治癒反応が短期間で実現するものなのですね〜〜〜っ。

心と身体の関係も、不思議としか言いようがありません。
posted by ヒゲジジイ at 21:24| 山口 ☔| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

意志力と信念

 漢方相談の仕事の中でも最も緊張感が張り詰める御相談は、癌や悪性腫瘍のご相談である。
 手術後の免疫力向上に漢方を利用して少しでも再発の確率をゼロに近づけたい人たちから、転移癌による苦痛除去を含めたクオリティ・オブ・ライフ向上目的など、様々であるが、アトピー性皮膚炎患者さん以上に多いのがこの分野の真剣なご相談である。

 先日も手術が決まるまで、胃癌による諸症状が、正しい生姜が配合された半夏瀉心湯製剤と体質完全三点セットなどによって速効で胃もたれが雲散霧消して手術までの体力を養っている人。
 
 また、肺ガンや大腸ガンあるいは胃癌、婦人科癌など、様々な臓器や器官に生じた悪性新生物摘出後の免疫力向上目的で御相談に来られる人は例年絶えることがない。

 中にはとてつもない信念のもと、絶対に手術も放射線も化学療法も、西洋医学治療はすべて拒否する困った人もいる。
 ご自身の研究と信念のもと、あらゆる方法を講じて癌を消したいという希望で、100冊近い書籍を読破されて来られる人もいる。

 主治医のみならず、ヒゲジジイも強く手術を奨めるものの、自己責任でやることだ、あらゆる西洋医学治療はお断りして東洋医学的な方法や自然療法にすべてを賭けるというのである。

 それら書籍による知識と、当方の弁証論治による様々な漢方薬類その他とともに、免疫関係に強いクリニックを尋ねて定期的に診断と治療(放射線や化学療法は一切なしの自然療法のみ)も受けつつ、数ヶ月にしてほとんど消失するに至ったとニンマリされている豪傑サンもいる。

 精神一到何事か成らざらん、ということなのだろうか・・・

 顔を合わす度に手術を奨める意欲が完全に失せた、というよりも、その必要がまったくなくなってしまったのだった。


【追記】 体質改善三点セットには様々な組み合わせのパターンが多種類ある。
 代表的なものに牛黄製剤と麝香製剤と・・・・・を加えた三点セットや、ササヘルスに○○○と△△△△△を併用するものなど実に様々な村田漢方堂薬局で確立した三点セットの数々である。
posted by ヒゲジジイ at 01:57| 山口 ☀| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

中医漢方薬学の世界



 進行癌や転移癌が外部に露出し、滲出液や出血を伴う状況においては往々にして出血が止まりにくい場合があり、これによる急激な大量出血が致命的になる場合もある。

 いよいよ出血が止まらなくなり、漢方や中医学の世界でも有名な止血剤を用いてもまったく効果が見えないとき、患部の損傷部分の改善剤としての托裏消毒飲(たくりしょうどくいん)よりも優れた効能を発揮するエキス剤三点セット(@玉屏風散のエキス製剤・A金銀花と人参が配合された荊防敗毒散のエキス製剤・B白花蛇舌草のエキス)とともに、大量出血時に用いる独参湯をヒントに、高濃度の人参と牛黄の配合された製剤を併用することで、ぴたりと止血できた。
 体力・気力も回復し、今後どこまで回復できるか楽しみである。

 また偶然、同様の状況に陥りつつある段階のご相談があり、同様の方法を伝授したが、同様な速効が出てくれることを念じているところである。

posted by ヒゲジジイ at 00:18| 山口 | 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

忘れかけた人達からの補充注文のメール

 一昨日だったか、偶然、北陸地方の男性2人から経過報告と補充注文があった。
 いずれも経過の内容はまずまずといったところだが、例によってヒゲジジイの配合は、一つ一つの方剤の価格は相対的にとても安価ではあるが、方剤の組み合わせが複雑多変で数が多い

 だから、多くの女性達は真面目だから服用を怠りなく頑張られるのだが、男性は総じて面倒がる人が多いのか、しっかり効果があるのに半数近くは早いうちから次第に遠ざかる。
 このお二人も同類であろうかと、遠路はるばる来られた過去を忘れかけていたところだった。

 お二人ともメールの報告では1日1〜2回の服用になってしまっていたが、それでも一定の効果があったとのことである。

 ヒゲジジイにしても、休みになった途端、気が緩んで1日2回の服用になっている。だから、男というものは総じて長生き出来ない理由がこの辺にあるように思う。
 数年前だったか、タバコを加える唇からの出血が冬になると生じる現象が何年か続いていたら、いつの間にか口唇に腫瘤ができた。口唇ガンの典型的な症状で、有棘細胞癌である可能性が高い。

 常連さんの女性で目撃者は多いが、必死であらゆる可能性のある漢方薬類を大量に服用すること数ヶ月。
 なかなか消えないので最悪の場合はピンポイント照射の機器を導入したばかりの近くの大学病院に、放射線治療の依頼に行くのを覚悟していたほどだ。

 しかしながら、なんとしても西洋医学に頼るのは沽券に関わることだからと意地張って、服用中の一部の考えられる特定の生薬を規定の最高量に増量すると、見る見る消失して一ミリ弱の僅かに白い痕跡を残したまま完全に消失したのであった。←常連さんの目撃者多数!

 その後、一生服用するつもりで頑張っていたが、いつの間にか面倒になって、すべてを忘れて高血圧や太鼓腹の改善用の処方に切り替えている。それも先に述べたように休日になると却って服用回数が減っている。

 個人的なサボり癖はヒゲジジイとて他の一部の男性と同様で、仕事上で他人に対する厳格さと個人的な問題とは別物である。
 これだから、真面目に服用される女性達ばかりが病気が治りやすく、長生きするのだろう。

 このような理由からどうしても相対的に長生きしにくい男性ではあるが、漢方薬を服用する努力だけで立派かも知れず、中途半端に終りやすいとはいえ、放って何もしないよりもよいので、せめて1日2回は服用して欲しいものである。
posted by ヒゲジジイ at 01:12| 山口 ☀| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

最も多い御質問:癌や悪性腫瘍に漢方薬は効くのですか?に対するお返事のかわりとして⇒ここ十五年近く定着している多くの主治医公認!?の漢方製剤の配合

こういう自慢話は余り好きではないが(とキザなせりふ)、多くは主治医公認で進行した消化器系の悪性腫瘍、それも膵液や胆汁などの消化液が直結する系統、膵臓癌や胆嚢癌、胆管癌あるいは肝臓癌といった類である。

西洋医学においても治療方法に困難が伴う疾患ばかりである。

かなりパターン化した方法を取っているが、主治医にこれらの漢方製剤の組み合わせを実際に見てもらって許可を得て服用された方が多かったし、現在も同様に主治医公認で使用されておられる方がいる。

食欲不振や悪心(おしん)・嘔吐までも改善効果を発揮し、明らかに体力も向上させてくれるので、多かれすくなかれ自覚症状を軽減してくれるのである。

幸か不幸か保険漢方、医療用の漢方にはない方剤ばかりの組み合わせだから、村田漢方堂薬局の専売特許みたいな配合である。

血液系の癌や腫瘍の患者さんにも応用して十年以上お元気で、しかも現役でバリバリ頑張られている方もおられる。
子宮癌や乳癌の患者さんにも同様な目的で使用している。

これらの方剤は正式な医薬品であり、効能も疲労回復や食欲不振といった、何の変哲もない効能の記載であるが、しかしながら癌や悪性腫瘍の患者さん達にとっても、文字通り「疲労回復・食欲不振など」に優れた効果を発揮してくれるので、結果的に随分長期にお元気でおられる方が多いのである。

これら優れた漢方製剤のおかげで常連さんには進行癌や転移ガンの患者さん達がかなり多いのである。

しかしながら、実際の配合は原発巣の違いや進行状態によって弁証論治が異なるだけに、個別的に増強する中草薬類にはかなりな違いがある。

posted by ヒゲジジイ at 02:09| 山口 ☁| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする