2008年08月10日

病状が悪化するなら間違った漢方薬を中止すべきである

性別 : 女性
年齢 : 40歳〜49歳
簡単なご住所 : 東海地方
成人型の重症アトピー性皮膚炎治療の漢方薬からのお問合せ・ご連絡内容 :
 アトピーでツムラの漢方を処方されています。
 今まで加味逍遥散、当帰飲子。今は加味逍遥散と白虎人参湯と、塗り薬(フシジンレオ軟膏とコンベック軟膏とベナパスタを調合したもの)が出されています。
 症状はいまはとても悪いです。この漢方はどうでしょうか?


お返事メール: 僅か二行足らずの文面でのご質問の中には案の定、具体的な症状が書かれてないので、こちらも憶測でしかお返事できませんが、すくなくとも「いまとても具合が悪い」と書かれている事から、ほぼ断定できることは、現在服用されているツムラの加味逍遥散や白虎人参湯が病状と体質に合っていない証拠です。
 これらの処方がむしろ悪化させている可能性無きにしも非ずです。

 抗生物質軟膏が投与されていることから類推しますと、トビヒのようになっている部分があって滲出液が漏出している部分があるのではないでしょうか?
 そのような場合には舌の一部に厚い苔が生えていたりすることが多く、そのような場合に白虎人参湯のような強く体液を増す方剤では、朝鮮人参の強い温性も加わってよけいに痒みが増してしまう場合もあります。

 以上は、あくまで憶測に過ぎませんが、せっかくツムラ漢方を服用されながらも却って悪化するようでしたら、投与されている方剤が間違っている可能性も高いので、中止するのも一つの考え方です。
 当方には保険漢方で治らない人ばかりを扱っていますが、アトピー性皮膚炎は一定レベルを越すと、保険漢方では大きな限界があるようです。
posted by ヒゲジジイ at 12:53| 山口 ☁| 病院の漢方薬 | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

アトピー性皮膚炎の病院漢方のご相談

性別 : 男性
年齢 : 40歳〜49歳
簡単なご住所 : 沖縄および沖縄近辺
お問い合わせ内容 : 娘(中学2年)が幼児の頃からアトピーで、軟膏(ステロイド入)、強酸水で症状を抑えてきました。
 小学校6年4月に首・顔の症状が悪化し、以降多少回復しましたが普通肌に戻らない状況が続いていました。

 今年2月5日からある病院で漢方治療を始めています。当初は、リバウンドで悪化し、皮膚がボロボロに剥ける状態があり、3ヶ月ごろには落ち着いた感がありました。
 しかし、以降、回復が見られず一進一退を繰り替えしています。特に夜のかゆみがひどく、かいて赤くなっている状態が続いています。

 現在の症状(6月5日でステロイド停止4ヶ月目)顔(赤い・少し乾燥あり)、首(赤い)、腕(乾燥)、足膝後ろ(赤い)・これまで出された漢方、消風散、白虎加人参湯、越婢加朮湯、加味逍遥散、竜胆寫肝湯、温清飲・ビタミン剤:シナール、ビタメジカプセル(B1・B6・B12)・軟膏:紫雲膏・抗ヒスタミン剤:アレロック、ネオマレルミンTR・睡眠剤:ドパリール

 今後、同じ治療を続けいていいのか、不安な状況です。アドバイスを頂けましたら幸いです。よろしくお願いします。


御返事メール: 病院の漢方治療は、それぞれの病院医師の漢方習熟度によって優劣があまりにも激しいものです。

(追記:一昔前までは、多くの医師達が漢方薬なんてっ!とケンモホロロだった同じ医師が、昨今の変わりようといったら、これを君子は豹変するとでも表現するのだろうか?←本物の苦笑ものである。)

 漢方薬を出せば患者さんが喜ぶから、あるいは漢方メーカーによる積極的な勧誘により、それじゃ〜〜〜一度使ってみようか、という程度の漢方知識が皆無に近い先生から、相当高度に習熟された先生まで、実にピンキリであることは確かです。
 
 また、保険診療範囲内では使用できる漢方処方にも大きな限界があるのも確かです。(自費の場合は自由自在な処方が出せる。)
 現実的にはまだまだ高度に習熟された先生はとても少ない現状のようです。

 医師免許があるだけで、漢方知識が皆無であっても投与する資格が与えられているのですから、漢方薬の投与を受ける患者さんのほうも賢くないとなりません。(その点では漢方薬を販売する資格のある薬局の薬剤師も同様ですが・・・。)

 2月から服用されても効果があまり見えないということでもあるし、またこれまで投与を受けている漢方薬の内容から察するところ、今後もうまく行くとは限らないかもしれません。
 他にもっと漢方に習熟した医師や薬剤師を見つけられたほうが無難のように思えてなりません。

 あまりお役に立てないお返事になってしまいましたが、医療現場の現実の様相を忌憚無く述べさせて頂きました。


折り返し頂いたメール:早速にご返信ありがとうございます。
 後1・2週間様子を見て、改善が見られないようでしたら山口まで伺わせて頂きたいと思います。

 村田先生の処方では、どのぐらいで改善が見られそうですか。
 不躾な質問で申し訳ありませんが。


ヒゲジジイのお返事: 残念ながら当方の薬局では子供さんのアトピーは御相談に乗れません。(例外は、親御さんが当方の漢方薬利用経験者であるケースのみです。)

 極めて遠方であり、しかも患者さんが子供さんであることから、尚更、意思の疎通は不可能であることは歴然としています。

 当方の漢方の流儀は、ご本人に臨機応変の配合変化の法則を学習してもらう方法をとっていますので、とうてい子供さんでは不可能です。
 それゆえ、直接来られてもまったくの無駄足となりますので、御遠慮下さいませ。
 必ず直接何度も足を運べる地元近辺の専門家を見つけて下さい。


折り返し頂いたメール:わかりました。
 地元で探してみます。
 ありがとうございます。


【追記】 滅多に通えない遠方の場合、成人男女のアトピーならまだしも、子供さんの場合、臨機応変の微調整の指導が事実上困難。
 例外的に御相談に乗っている子供さんの場合でさえも、すべて地元で通える範囲内の人達に限定している。
posted by ヒゲジジイ at 01:30| 山口 ☁| 病院の漢方薬 | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

肩書きや権威に弱い人々

 高名な名医?や有名な漢方の専門医療機関で年余に亘って続けた漢方薬で、思うような効果が出ず、あるいは人によっては却って逆効果だったというのに、名医の噂を信じて十年近くも頑張っておられた人など。

 それらの人たちが、とうとう痺れを切らして村田漢方堂薬局にやって来られ、運よくこれまでにない効果が次第に出始めたと喜ばれていた矢先に、突然無音となるケースが続いた。

 何だったんだ〜〜〜あの連中は?!と怪訝である。

 医師の漢方の下では効果が無くとも十年近くも頑張れて、たとえ効果があっても薬剤師の漢方薬では不足だと言うのか?

 僅か1〜2ヶ月で無音となる意味が分からない。まったく無効であったというので無音となるのなら、肩書きの無い田舎薬剤師、ぜんぜん信頼されてなかったのだと諦めもつこうが、一定の効果が明らかに出始めていたところで、突然無音である。

 理由が分からないだけに、だったら最初から来ないでほしいものだが、それだけに今後はますます受け入れ対象者をもっと厳格に選別しなければならない。

 勝てば官軍、負ければ賊軍、という言葉があるが、コチトラ効いても賊軍、効かなければなおさら賊軍である。

 最近、毎日まいにち、ありがた迷惑な電話のお問い合わせが続くので、ますます受け付け嬢?には「怪訝な応対をして断るように」と厳命しているところである(苦笑。

 本気の人たちは電話で長々としたお問い合わせなどしないもので、せいぜい道順の問い合わせや営業時間のお問い合わせくらいのものである。多くは黙ってサントリーである。

 長々としたお問い合わせほど迷惑なものはなく、そのために店頭の仕事を中断したり、時間に追われる発送業務に大きな支障を来たす。一方的なお電話による仕事の中断をしたくないためにメールでのお問い合わせフォームをあらゆるサイトに設置しているのである。

 村田漢方堂薬局の電話は、常連さんやお馴染みさんたちの御相談や補充注文のために存在することを分かって欲しいものだ。

 メールでのご相談ならブログの素材にもなるし、ギブ&テイクである。
 但し、実際に当方の漢方薬を利用されはじめて以後のメールのやりとりをブログにそのまま転載することは有り得ない。
 もし仮にあるとしても、特別に許可を得て一部をピックアップすることがあるかもしれないが、それも超マレのマレである。  (過去1〜2回あった程度。)
ラベル:名医 権威 肩書き
posted by ヒゲジジイ at 00:42| 山口 ☁| 病院の漢方薬 | 更新情報をチェックする