2024年02月27日

相変わらず日本では・・・

 相変わらず日本国内は、世界ではローカルスポーツに過ぎない野球の大谷選手ばかりの報道は盛んだが、世界中で最も人気があるサッカーでは、日本代表MF遠藤航選手が120分間フル出場したイングランド1部リバプールは、2月25日に行われたカラバオ・カップ(リーグカップ)決勝でチェルシーと対戦し、延長戦の末に1-0の勝利を収めて、2年ぶり10回目の優勝を果たした。

 世界中で最も人気があるチームのひとつであるリバプールのレギュラー遠藤航選手は、世界中では大谷選手より知名度も人気もはるかに高いというのに・・・

 しかしながら、地上波の日本のテレビでは????

 日本の常識は非常識な問題は、これに限らず、「平和憲法」を有難がるおめでたい日本国民は「他国の侵略誘発日本憲法」に過ぎないという現実に気が付いている人は少ない。

 他国の侵略を防ぐには核武装以外にはあり得ないというのに、日本の明日は実に危うい。

 そもそも漢方や中医学に堪能な人間であれば、あらゆる事象を総合的に分析して、より正確な推論を導ける能力があるはずだから、いやしくも世界史および日本史も学んでおれば、総合的な世界情勢の分析により現代社会においては、自国を独裁国家による侵略を阻止するには核武装が必須であることは、バカでもわかりそうなものである
応援したくないアンチの人が多いですね


2011年2月28日の茶トラのボクチン6歳 posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 08:18| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする