2020年08月10日

無症状でもあなどれないコロナは、心筋炎の後遺症など

 やはり新型コロナウイルス感染は、もっと恐れなければならない。

 一見弱毒化した雰囲気の昨今であるが、ドイツで、無症状者を含めて、いったん治癒した人達に、ランダムで検査したところ、かなりな確率で、進行中の心筋炎がみられたという。

 コロナ無症状でも心臓に炎症…重篤化の危険性を専門家指摘

 日本では、ますます感染拡大が続いているが、若くて無症状だからといって、侮れない。心筋炎が進行すれば、命にかかわる問題である。

 エネルギーのあり余った若者も、コロナをあなどっていると、感染して無症状であったとしても、のちに心筋炎の後遺症を残して、以前の健康な身体を二度と取り戻せないかもしれないのである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年8月10日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年8月10日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
【関連する記事】