2020年07月24日

明日は地獄の日本というのに、医師でもない保健所のスタッフが・・・

 塩崎元厚労大臣のご子息のお嫁さんが、発熱があるので、新型コロナウイルス感染を心配し、保健所に電話してPCR検査を依頼すると、咳もなく味覚障害もないのであれば、検査はできないので、普通の病院に行くように指示されたという。

 「医師でもないのに、保健所のスタッフから、そのように指示された」と嘆いておられた。

 当然、このような越権行為は、厚労省の指示によるものだが、日本でPCR検査数が過度に少ないのは、厚労省の依怙地な方針だから、止むを得ない。

 PCR検査では、希に疑似陽性が出る場合があり、実際は陰性であるのに強制入院させた場合に、人権問題で訴えられると敗訴するからとの理由で、PCR検査を過度に抑制しているのだという報道があった。

 ハンセン氏病での失敗から、羹に懲りて膾を吹(あつものにこりてなますをふ)いている、という訳である。

 上記の塩崎元厚労大臣は、だから国民の味方であるかと思っていたら、その後の発言を聞いていたら、だんだん怪しくなってきた。

 ともあれ、感染爆発がはじまったというのに、経済を回すという愚かな売国保守の自民党政府は、Go Toトラブルキャンペーンを強行してしまった。

 1〜2週間後は、間違いなく日本は地獄。

 これによって、却って日本経済を破綻させ、Go Toトラブルキャンペーンは、まったく逆効果だったということが判明する日は間近。

 売国保守の自民党政権は、某独裁国家に、救いを求める売国行為を行わないことを祈るばかりである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年7月24日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年7月24日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】