2020年07月12日

「パンデミックのあいだは、民主主義もきわめて危険な政治形態となりうる」

 タイトルの文言は、100年前のスペイン風邪をアメリカを中心に検証した『史上最悪のインフルエンザ』と題した翻訳書籍の294ページに書かれた教訓。

 「パンデミックのあいだは、民主主義もきわめて危険な政治形態となりうる」と書かれた次には・・・

 「本当に必要とされるのは、むしろ流行への対応で基本となることがらのすべてを掌握する、強力な中央集権である。」とある。

 ところが、この教訓を日本はもとより、当のアメリカですら、まったくいかされていない。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年7月12日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月12日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 
【関連する記事】