2020年07月09日

本日新たに220人以上が新型コロナに感染という救いようがない東京

 多湿のこの時期、アメリカの後追いをするかのような東京の感染爆発の序曲がはじまった。

 高温多湿になると、少しは弱まるかもしれないという淡い期待は、まったく空しいものだった。
 本格的な高温多湿の真夏にはさらにコロナの猛威は、過激さを増すばかりかと予測される。

 それにしても、人口密度が信じられないほど、人が密集するのを好む人達の団体さんご一行の東京。

 今後、東京都や日本政府がどのような対策を講じるのか、見ものであるが、それでも強盗キャンペーン(GO TO トラベルキャンペーン)を強行するのだろうか?

 馬鹿は死ななきゃ治らない、というかのように、新型コロナウイルスは、これでもか、これでもか、というように、波状攻撃が延々と続く。

 本日新たに220人以上が新型コロナに感染という救いようがない東京のお陰で、以後のテレビ放送は、ハチの巣を突いたかのような、大騒ぎの報道をする暇があったら、各地の集中豪雨の報道の方に力を注ぐべきである。

 ところで、朝方、マスクもせずに新規相談を求めるやや高齢の男性の訪問には、入口より奥にはいらせないよう、いち早く、コロナの関係で新規お断りの旨を伝え、速攻で謝絶。

 また、さきほど、村田漢方堂薬局の横に立つ電柱交換工事の案内に来たバカ者は、マスクもせずに勢い良く、相談テーブルの前まで入って来たので、ケンモホロロに説教してマスク着用を強要した。

 本来ならフェイスシールドも必須だが、そこまで守る奇特な人はまだ現れない。

追記:コロナ感染めぐり「東京は諸悪の根源」と兵庫知事、後に発言取り消し とか!
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年7月10日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年7月10日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】