2020年07月03日

SNSの世界では、政府を批判すると反日と決めつけられるという不気味

 SNSの世界とは、何とも不思議というよりも、あまりにも短絡的な世界であるらしいので、いささか驚いたというよりも、大いに驚愕しているところである。

 とするなら、政府批判を繰り返しながらも、徹底的な愛国心あふれるヒゲジジイでも、反日とされるとすれば、これほど奇妙なことはない。

 SNSでピント外れの決めつけをする連中は、国のために死ねる根性があるのだろうか?

 昨今、日本は本当におかしい出来事が多く、ヘイトスピーチ規制法が成立するなど、韓国からは、文大統領をはじめとして、あらゆる人達から言いたい放題、あることないこと、というよりも、ないことないこと、日本へ執拗に繰り返されるヘイトは放置したまま、日本人の相手国へ対するヘイトは、法によって取り締まるとは、この国はいつから韓国になったのだろう?
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年7月3日の体調を崩して1ヶ月のボクチン(8歳)
2012年7月3日の体調を崩して1ヶ月のボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:反日 政府批判 SNS
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 08:00| 山口 ☁| 日本人としての自覚の問題 | 更新情報をチェックする