2020年06月05日

「人を見たらコロナと思え!」という身も蓋もないキャッチコピーの説得力

 昨日までの新型コロナウイルの北九州市の統計では、第2波の感染者130人のうち69人が無症状という。

(本日は5名の感染者で、そのうち子供さんが2名だが、第2波は合計で135人となる。)

 このような無症状の人達が、知らず知らずのうちに、市中感染をひろめてしまう。

 これが昨今の北九州市の現実であるが、それだけに徹底した対策を講じているようで、PCR検査のみならず、抗体検査の導入や、コロナの感染ルート解明のために、ウイルスの遺伝子分析など、様々な努力をされているようである。

 下関市の住人としては、文字通り、現実の地理的には間違いなく、実際に関門海峡という海を隔てた「対岸の火事」なのだから、その文字通り、今後も「対岸の火事」のまま、であることを祈るばかりである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年6月5日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年6月5日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】