2020年05月30日

早くも第2波到来の兆しか

 新型コロナウイルスの新たな感染者、福岡県と東京都が、かなり怪しい増え方をしている。

 とりわけ北九州市の増え方が異様で不気味である。

 100年前のスペイン風邪のときは、第2波のウイルスが悪性度を増し、とりわけ若い年齢層20〜30代の死亡者がダントツで増えた。

 ところで、日本は死亡率が低いと、マスコミは自慢げに繰り返し報道しているが、罹患者で計算すると、既に死亡率5パーセントを超えてしまってるのだから、自慢にもならない。

 日本より死亡率が低い国は、アジアでは何ヶ国もあり、むしろアジアの中では死亡率が高い方である。

 おめでたいマスコミ連中は、死亡率の低さを自慢し過ぎた反動が、第2波の到来で、まさかの展開に、今に泣きを見ないことを祈るばかりである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年5月29日の茶トラのボクちん(8歳)
2012年5月29日の茶トラのボクちん(8歳) posted by (C)ボクチンの母
 
【関連する記事】