2020年05月19日

コロナ対策のフェイスガード

 昨日は、久しぶりに風邪症状の相談。

 微熱と咳嗽で、新型コロナウイルス感染の不安から、通院して投薬を受けた。1週間たって頗る元気ながら、残る症状の電話相談。

 風邪症状は、軽度の咳が残っている程度で、咽喉の疼痛は最初から皆無。

 それでも、特に心配なのは、突然の熱感と発汗症状で、熱感を感じるときは体温が平熱よりも上昇しており、そのようなことが、勤務先で連日続いているという。

 明らかに以前と同じ加味逍遙散証。

 それでもコロナを心配されるので、数人の他の家族(高齢者や若い人など)に誰も感染した兆候が皆無であれば、十中八九、コロナではないから心配無用と慰めたところ・・・

 必ずマスクをつけて、直ぐに車で買いに行くからというので、補充の板藍茶とともに、いつものように、加味逍遙散も代引きで送ってあげるから、今回に限ってわざわざ来訪されなくともよいと告げる(苦笑。

 その後、偶然、店頭には2人の補充購入者が、同時に来局された。

 店内には透明なビニールシートを貼る工夫が困難な造作だから、はたと考えて、フェイスガードを思いついた。

 早速、やや高品質で評判の高いフェイスガードをアマゾンで注文した。数日以内に受け取れることだろう。

 高齢者の予防策は、人を見たらコロナと思え、という心構えで、徹底した繊細な神経過敏を楽しむことである(呵々。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年05月19日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年05月19日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】