2020年05月12日

今後も執拗に続くウイルスの警告とは

 都市集中型の生き方は、間違っていると言いたいのだろうか?

 ウイルスという地球上の大先輩に、地方をないがしろにして来た、人類への警告かもしれない。

 さらには、インバウンドを当てにする経済中心の国のあり方への、警告かもしれない。

 かといって、いまさら地方に皆が戻って来られては、新型コロナウイルスの感染爆発を誘発しかねないので、数年後、完全に収束あるいは終息するまで、地方に戻られては困る。

 蛇足ながら、地方で生活するヒゲジジイに言わせれば、大都会というのは、高いビルディングが林立する風景が、まるで墓石の林立のように見える。

 そのような陰口を常々叩いていたが、まるで大量の蜘蛛の子が密集して、どこかしこで動き回っているような、濃厚な人口密度の中で生活するなんて、想像するだに吐き気がする。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年05月12日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月12日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ
【関連する記事】