2020年05月11日

検察官定年延長法案に大賛成!の理由

 一般企業では、定年退職の年齢は60歳が一般的だったが、2013年に「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)」が改正されたことで、再雇用または年齢を引き上げることが義務付けられた。

 民間企業でこのような法律ができているのだから、検察官定年延長法案にクレームをつける人達の気が知れない。

 昨今、寿命が延びるにつれて、70歳くらいまで心身ともに元気な人が多い。

 世間ではこの法案に、知ったかぶりの俳優やタレントまでが大反対だと名乗り出ているようだが、あいつら本当にバカじゃないの。

 ちなみに、大学教授の定年は65歳前後で、再雇用の制度がある大学では70歳まで働くことができるというじゃないの。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年05月11日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月11日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 22:11| 山口 | 日本人としての自覚の問題 | 更新情報をチェックする