2020年03月30日

新型コロナウイルスを甘く見て、立ち話が終わらないバカ者たち

 この時期に及んでも、薬局の外では、誰か知らないが、延々と続く立ち話が終わらない。ボソボソっと、かすかに、おしゃべり音が、薬局内に流れてくるのである。

 ともあれ、村田漢方堂薬局でも、風邪症状で、もしや新型コロナウイルス感染ではないかと不安に思って、県内や県外のお馴染みさんたちから、メールや電話での相談がある。

 中には、地元の保健所などで、診察と検査を問い合わせても、軽症のようだから、まだ自宅待機で様子を見るように言われている人もいる。

 さいわいにも、いずれも上気道の症状であるから、適切な漢方薬類を送ってあげているが、もしも下気道(胸など)の症状が出れば、従来なら、それ相応の漢方薬があっても、このたびのコロナに関しては、進行が爆発的に早いことが多いので、直ぐに地元の保健所などに問い合わせるようにアドバイスしている。

 今のところ、全員、上気道の症状だけで、既に治ってしまった人も多いが、油断はできない。

 とうとう残念ながら、志村けんさんが亡くなられてしまったが、相変わらず、危機感の乏しい、日本のおめでたい連中が町中を跳梁跋扈する状況では、イタリアやスペインなどのように、医療崩壊により、死屍累々が目の前に迫っている。
応援のクリックをお願いします

2011年03月30日の茶トラのボクチン(6歳半)
2011年03月30日の茶トラのボクチン(6歳半) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 12:32| 山口 ☁| 新型コロナウイルス・風邪やインフルエンザ・咽喉痛 | 更新情報をチェックする