2020年03月21日

各病院のマスク不足は想像以上に悲惨!

 相変わらず、全国の各大学病院のマスク不足は悲惨な状況が続いており、医師1人に対して、1週間に1枚の支給はザラ!

 ここに来て、地元の大きな病院でも、とうとう看護師さんに1週間に2枚の支給に減らされ、4月以降は入荷しないとのこと。

 報告を下さった医療関係者の話では、友人の勤務する病院では、既にマスクの支給は無くなったとのこと!

 なお、上記の医療関係の方からのご報告では、

「これまで感染予防の観点から、どんな処置でも装着するよう言われていた手袋の使用も制限がかかり始めました。コロナはともかく、日々感染症のある方と接しているのに、自分の身を守る手段がどんどん削られて行く」

とも嘆かれている。

 もしも皆さんのお手元に、少しでもマスクの在庫に余裕があれば、知り合いの医師や看護師さんに、マスクを送ってあげて頂きたい。

 このままの状態が続けば、医療崩壊を起こしかねない。
応援のクリックをお願いします

2011年03月21日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月21日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 12:47| 山口 ☀| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする