2019年07月02日

軽減税率があるお陰で、レジスターなど、様々な設定変更で9月末日の地獄が迫って来る!

 軽減税率さえなければ、単純に10パーセントの消費税に変更というのなら、まことに単純な話だが、馬鹿げた軽減税率があるお陰で、日本国中で9月末日の地獄が訪れる。

 9月末日の地獄がやって来ることに気が付かない商売人がいるとしたら、実におめでたい(苦笑。

 しかも高級なレジスターを所持している人ほど、様々な設定変更が膨大な量となるので、9月末日の閉店後に、そのすべてを行おうとすると難儀である。あらかじめ、設定できる部分はやっておいたほうがよいだろう。

 軽減税率とは無関係な商売と思っている人でも、実際にはそんなに甘くはない。

 軽減税率があるお陰で、無関係と思っている商売でも、どれほど影響があるかは、実際に10月が訪れてみると、大いに慌てることだろう。

 金魚の糞のような政党が付着しているために、軽減税率という、とんでもない煩わしい問題を日本国中に撒き散らす。

 シンプルに、すべて10パーセントの消費税で統一されれば、どんなに幸せなことだろう。

 ところで、面倒を少しでも避けるために、あらたにレジスターを導入すれば補助金も出ることだし、と考えている人も、実際にはそんなに甘くはない。

 新規レジスター購入の補助金の申請方法と内容を見ると、各所に罠がバラまかれてる。よほどのことがない限り、補助金の適用条件不適格とされること必定である。

 あまつさえ、新規レジスターを導入したからといって、単に税率を2種類に設定すればよいのだろうと、高をくくっていると、とんでもない思い違いである!

 使い慣れたレジスターの設定変更よりも、もっともっと厄介な設定トラブルが発生しやすいのは、慣れない新規購入のレジスターなのである。

応援のクリックをお願いします

2012年7月3日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年7月3日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:軽減税率
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 23:27| 山口 ☁| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする