2019年06月15日

スマホの見過ぎによる内斜視の子供が増えているという

桃源郷
桃源郷 posted by (C)ヒゲジジイ

 先月来、某製薬メーカーの外交さんが、スマホを片手に、Twitterの面白さを盛んに宣伝されて、是非、登録されるようにと強く奨められるので、ちょっとやってみたが、まだ使い方がよく分からないし、どこがおもしろいのかまだ分からない。そのうち飽きて非表示にしてそのまま放置する可能性大。

 ともあれ、その外交さんは、常にスマホを片手なのが心配で、今回のタイトルのように内斜視にならないか、心配である。大人でも例外ではないからである。

 先日、テレビでタイトルのような内容を見たが、この問題は大人でも例外ではないという。

 スマホの画面は小さいから、常に一点を凝視するのが問題で、本を読むときや、パソコンを眺めるときなどは、視点が常に動くので、スマホの見過ぎによる斜視が生じるような、とんでもない問題とは無縁である。

 内斜視が生じると、モノが二重に見えたり、そのためにふらついたり、日常生活に大きな支障をきたす。

 重症者では手術しなければ治らないというが、漢方薬治療で考えられるのは、補中益気湯、葛根湯、葛根黄連黄芩湯、杞菊地黄丸、芍薬甘草湯など、スマホを見る時間を制限して、漢方薬を続ければ、何とかなりそうなものである。

応援のクリックをお願いします

2011年6月15日のボクチン(7歳)
2011年6月15日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:斜視 スマホ
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 08:37| 山口 ☔| 近況報告 | 更新情報をチェックする