2019年06月10日

ネット社会にどっぷり浸かり続けた15年間の、取り返しのつかない空しさ

2006年頃の撮影、チヌの魚拓
2006年頃の撮影、チヌの魚拓 posted by (C)ヒゲジジイ

 ここ20年近く、ネットのお陰で時代は大きく変化を遂げた。

 個人的な部分でも、15年以上前まで、仕事を終えると、体力が残っている日は、チヌ(クロダイ)を求めて海に直行して、40〜50cm以上の獲物を持ち帰っていた。

 日曜、祭日ともなれば、太陽が照る中でも、人の来ない穴場の海で、一人大物のチヌを釣っては楽しんでいた。

 自宅の3階には多数の魚拓を天井にビッシリと100枚近く貼っているが、途中からは50cmを超えなければ、魚拓を取らなくなっていた。

 ところが、親友の警察官の部下にパソコンの使い方を教わったのが運の尽き、ホームページやブログが面白くなって、生来の凝り性を発揮。

 いつのまにかチヌ釣りにも行かなくなって、気が付くと15年経ってしまった。

 いま振り返ると、本業の問題は兎も角、余暇の過ごし方を思い返すと、まったく空白の15年としか思えない。むなしさだけが残るばかり。

 失われた15年という感覚。

 本年の春、ホームページのスペースを借りていたヤフーさんが、レンタルを全面的に廃止されたお陰で、ここ15年を振り返るよいきっかけを与えてもらえた。

 いまやパソコンよりも、スマホがメインの時代だが、これを手に入れなかったのは大変よかったことだとは思っている。

 時代に取り残されることになっても、パソコンには人一倍詳しい知識があるのだから、いまさらスマホを手に入れたいとは思わない。

 本日月曜日、仕事では多忙を極めた1日、疲れ切った無防備な頭には、急にこの15年間、ネットにのめり込んだために、取り返しのつかない自然との対話を失いかけて・・・といっても、途中には鳥撮りに無中になった時期があったとはいえ、ネット中心の生活は、やはりどこか空しい。

応援のクリックをお願いします

2011年6月11日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年6月11日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 20:58| 山口 ☀| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする