2019年01月12日

休業日の前後は新規相談は受け入れ不可能なのに

2011年01月12日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月12日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 当方のHPやブログを見て来られる人は、ほとんどの人が休日前後は新規相談は受け付けない旨を承知され、初回は通常の火曜日〜金曜日を狙って来られる。

 ところが県内や近県などで、友人に紹介されたとかいう複数の集団でやって来られるケースは、気を付けないと、まったくお気軽なレベルのこともあるので警戒が必要である。

 そのような人達に限って、不思議と土曜日や月曜日を狙って来られるので、比較的近くでもあるので、日を改めて出直してもらわざるを得ない。

 のみならず、本当にお気軽だった場合は、きっぱりとお断りせざるを得ないことになる。村田漢方堂薬局では「お気軽にご相談」はして欲しくないのである(苦笑。

 ただ、本日は魔が差したというか、朝早いときだったので、せっかく来られたのだからと、うっかり同情心が湧いて、いまは時間が空いているから・・・と思った矢先、女性薬剤師が事情を話してきっぱりとお断りして幸いだった!

 入れ替わるように常連さんがやって来られたのを皮切りに、電話やメールによる発送依頼の注文ばかりでなく、店頭にも数年来の深刻な相談者が通って来られる。

 発送依頼の人達にしても、店頭に通って来られている人も含めて、半ドンの土曜日の本日のような3時間内でも、同じ悪性腫瘍でも3名はステージ4の転移癌だった人達。

 うっかり「だった」と書いてしまったのは、幸いにも転移巣が基本的に消滅してかなりな期間が経過している人もおられるからである。

 とはいえ、一進一退を何年も繰り返されている人もおられるだけに、ない頭を振り絞りに絞らなけれならないケースも少なくない。

 というわけで、やっぱり土曜日や月曜日、のみならず休日前後に新規相談を受け入れるのは、少人数のスタッフで運営する村田漢方堂薬局では明らかに無理がある。

 それ以外の日は、意外とのんびりとできる日があるのだから、新規の人達は、それらの日を狙って来られるのが無難である。

 そうすればこちらも落ち着いて、しっかりとした弁証論治が可能なのである。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年01月12日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月12日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 22:20| 山口 ☁| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする