2018年11月29日

疼痛の持続は、女性の美貌を損ねる

2011年11月29日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年11月29日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

 年老いてくると、女性の美貌などまったく興味の対象外。寅年の縁からか、もっぱら猫ちゃん達の美貌にしか興味は、ない。

 それでも医療関係者に多い、若い年齢層の女性達が、さまざまな疼痛疾患で通って来られているうちに、急に目が覚めるような美貌に変身して再来された時には、さすがに感動ものである。

 看護師さんであれ、介護士さんであれ、多くは老人介護で、腰痛を抱えて、中には一時休職せざるを得ないほどで、かといって病院治療ではなかなか治らない。

 そこで漢方相談では、意外に比較的安価な方剤が適応することが多く、僅か1種類の方剤だけで、次第に疼痛が軽減して社会復帰できることさえ珍しくない。

 あまりに重症ではさすがに数種類の漢方製剤に加えて活楽宝などのサポートを必要とする場合もあるものの、即効が得られない場合でも、次第に疼痛が遠のくようになると、表情にも劇的な変化がみられることが多く、さすがに女性の美貌にまったく興味を失っているヒゲジジイでさえも、その豹変ぶりには、思わず目を白黒させてしまうのだった。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年11月29日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年11月29日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】