2018年11月14日

多臓器不全で命を落とさないためには

2011年11月14日の茶トラのボクちん(7歳)とクロちゃん(1歳)
2011年11月14日の茶トラのボクちん(7歳)とクロちゃん(1歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 多臓器不全の原因は腎機能不全であるから、それまで使用してきた合成医薬品を一時的に完全に中止すること。

 これによって、ようやく多臓器不全による死亡を防ぐことができるようになった。

 以前は多臓器不全の原因が腎機能不全であることに気付かず、そのまま医薬品を投与し続けていたために、多臓器不全による死亡をほとんど防ぎきれなかった。

 多くの化学合成医薬品が、時と場合によっては、いかに腎機能に悪影響を及ぼすものであるかの証明でもある。

 以上、BS1で『腎臓が寿命を決める』という特別版と銘打った番組の再々放送か、再々々放送かもしれないが、とにかく、腎臓がいかに大事な臓器であるのか、とりわけ多臓器不全を救う方法が、合成医薬品を一切中止することだというのである。

 この番組を見るのはこれで2度目だが、ようやく西洋医学も中医学に近づいたというお話。

 すなわち、中医学世界では「五臓の病変は究極的には腎に波及する」ことは常識であり、その逆もまた真なり、ということである。

 五臓の病変が腎に波及するしくみ  に書いているように、これらの中医学では常識的な内容が、今頃になって、ある意味、西洋医学が、ようやく追いつきつつあるということなのだ(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年11月14日の茶トラのボクチン(7歳)とクロちゃん(1歳)
2011年11月14日の茶トラのボクチン(7歳)とクロちゃん(1歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:多臓器不全
posted by ヒゲジジイ at 22:20| 山口 ☀| 腎盂腎炎や慢性腎炎および腎機能低下や腎不全 | 更新情報をチェックする