2018年10月31日

主治医の余命宣告はブラックジョークとしか思えない昨今

2011年10月31日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年10月31日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 毎月、月末最終日は、皆さんも仕事に忙しいので、比較的ヒマな1日になるはずが、そのジンクスが壊れた10月の多忙を極めた最終日。

 オプジーボを奨められていた人には、もう一度説得を試みたが、これまで受けた様々な点滴の抗癌剤や分子標的薬の激しい副作用にコリゴリされていて、主治医はオプジーボの有効率は2割強というのだから、その程度の確率なら、あの苦しい思いをしてまで、低い確率に賭けたくないといわれる。

 それでも運よくフィットした場合は大きいよ、副作用に耐えられないようなら、直ぐに中止すればよいのだから、と説得しても、ケンモホロロ。

 有効性のみならず、副作用の発現の強度も、人さまざまで異なるとはいえ、このように過去の苦しい経験から、二度と御免被るという人も少なくない。

 ましてや、漢方サポートによって、食欲旺盛がしっかり回復して、しかも無症状、生活上は健康な人とまったく変わりない。同様に余命宣告を受け、転移癌があってステージ4の人達でも、漢方薬類の継続服用で、問題なく普通の生活が送れている人は珍しくない現実がある。

 それなくとも、ステージ4の転移癌で、漢方サポートを求めて来られた時点では脳転移や骨転移があったり、あるいは腹膜播種ありながらも、既に漢方サポートを6年以上継続しながら、仕事をほとんど休むことなく通常の生活を送れている人もいれば、家庭の主婦でも漢方サポートも既に数年、元気を回復して無症状となり食欲旺盛、パートに行けるようになった女性もおられる。

 ともあれ、主治医の余命宣告の期間をとっくの昔に過ぎても、ほとんど無症状のまま、元気で通常の生活を送れている多数の人達が、現在、何人、村田漢方堂薬局の漢方薬類を利用されていることだろう。

 昨今つくづく考えるに、主治医の余命宣告は、ブラックジョーク、悪い冗談としか思えない。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年10月31日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年10月31日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:余命宣告
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 23:30| 山口 ☁| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする