2018年08月15日

カンヌからパリまで、2日間のドライブでフランス料理も堪能してきたものの

2010年8月14日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月14日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 もっとも行きたかった異端カタリ派の聖地ともいうべきカルカッソンヌやトゥールーズは逆方向だったために立ち寄ることはできなかったが、カンヌからパリに向かう2日間の道中、2千年前のローマ帝国の遺産「ポン・デュ・ガールの水道橋」や建造物などを見学。

 プロヴァンスの古城や様々な名画に描かれた風景なども満喫し、折々に高級なフランス料理のもてなしを受けながら、2日間のドライブを堪能した。

 というのに、終わりになって不倫を予感させる結末で、九仞の功を一簣に虧く映画『ボンジュール、アン』。

 日英合作のフランス旅行がテーマの映画であるらしいのに、どうしてこうも人間たちは不倫が好きなのだろう。

 この蛇足の結末さえなければ、このお盆休みを良い気分で過ごせたのに、いっぺんで興醒め。

 どうして友情を育んだだけで、終わらせないのだろう。

 だから人間はイヤらしい(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年8月14日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年8月14日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:10| 山口 ☀| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする