2018年07月26日

汗が出なくなって、顔に塩の結晶がっ!

2009年7月26日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月26日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 50年近く前の実際の、ヒゲジジイ自身の経験。

 大学の硬式野球部に所属していた1回生の時代。

 夏休み期間を利用した合宿に1日遅れたために、罰として全体練習が終わったのちに、日が暮れるまでピッチャーとしての投球練習を延々とやらされた。

 発汗が続いていたが、そのうち汗が出なくなった。

 顔をなでると、手に白い粉のような結晶が付着した。

 舐めるとショッパイ。

 当時は、昨今ほどの猛暑ではなかったので、死なずに済んだ。

 試合の遠征が多かったが、4回生にエースがいたので、試合で実際に登板することは少なく、センターを守ってファインプレイをした記憶ばかりが鮮明に残っている(苦笑。

 野球部の先輩も同輩とも、趣味も感性もまったく合わない人達ばかりだったので、そのうちバカバカしくなって、退部した。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年7月26日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月26日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
 
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 08:20| 山口 ☀| 日本残酷物語 | 更新情報をチェックする