2018年07月02日

個人的に昨今、釣藤散+双料杞菊顆粒が重宝しているわけ

2009年7月2日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月2日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 毎晩、遅くまでサッカーW杯を観戦していると日々睡眠不足と眼精疲労で、頭がぼんやりどころか、ときにふらつきさえ感じる。

 そこでタイトルの通り、釣藤散プラス、杞菊地黄丸と同じ成分の高濃度エキス製剤の双料杞菊顆粒を併用してみると、みごとに生き返る活き返る!

 いかにも老人向けの組合わせとはいえ、漢方薬がフィットすれば、合成医薬品ではとてもじゃないが味わえない嫌みのない即効が得られるのだから、ほんとうに素晴らしいものだと、あらためて実感したことである。

 このおかげで3日(火曜日)午前3時キックオフの日本対ベルギー戦を気分よく観戦できそうだが、勝っても負けても、いくら上記の素晴らしい漢方薬があっても、3日はまともな仕事ができないことだろう。

 というのも、台風が下関へ直撃しそうで、暴風の心配以上に豪雨の可能性が極めて高い予報を見ていると、明日が思いやられる。

 本日2日(月曜日)のお昼現在は、曇り空ながら、風もなく、とても穏やかなのに、明日の予報が信じられないくらいである。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年7月2日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年7月2日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 13:39| 山口 ☁| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする