2018年06月18日

規定量よりも少量で、十分効果を発揮する一部の中成薬

2018年6月17日のスコちゃん(雄5歳)
2018年6月17日のスコちゃん(雄5歳) posted by (C)ボクチンの母

 機能性ディスペプシアの相談者に、しばしば配合の一角として開気丸を加えることが多いが、規定量より少なめの1回2〜4丸1日3回、他の漢方製剤と併用してもらうのが通例である。

 実際問題として、1回2〜6丸くらいで十分に効果を発揮するので、規定量の1回8丸まで必要だったことは滅多にない。

 海馬補腎丸も同様で、村田漢方堂薬局では不妊症に対する必須アイテムだが、他の漢方製剤とともに、1回1〜5丸の範囲内、1日3回で十分効果的で、規定量の1回10丸まで必要とすることは滅多にない。

 ところが逆に、一般漢方製剤においては、消風散や茵蔯蒿湯などでは、あり得ない話で、規定量でも物足りないことがザラである。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2018年6月17日の茶トラのトラちゃん(雌4歳)
2018年6月17日の茶トラのトラちゃん(雌4歳) posted by (C)ボクチンの母

2018年6月17日のシロちゃん(雌5歳)
2018年6月17日のシロちゃん(雌5歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年6月18日のボクチン(6歳)
2010年6月18日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 13:17| 山口 ☔| 時代的な傾向や使用頻度が増加中の漢方薬方剤 | 更新情報をチェックする