2018年04月23日

四逆散や香蘇散・柴胡加竜骨牡蠣湯・麝香製剤の時代

2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ボクチンの母

 人生とは、皆が免れない死刑執行の猶予期間に過ぎないことを考えれば、考え方によっては悲観的になってもやむを得ないことだろう。

 それでなくとも、日々、社会に出れば仕事上で上司や部下との人間関係に悩まされ、セクハラ、パワハラ何でもござれで、家に帰れば家族間の揉め事。

 あるいは親の介護で奔走する人達が増える一方の高齢化社会。

 そのような事情が皆無という人は滅多にないだけに、ましてや様々なこじれた慢性疾患の人達こそ、それらの問題が病気の誘発原因になっているらしいことも多いだけに、タイトルのいずれかの方剤を主方剤とともに併用して効果を上げることが多い。

 とりわけ進行がんや転移がんの人達には、麝香製剤が心身ともに有用なことがとても多い現実がある。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします


2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 22:37| 山口 ☁| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする