2018年03月21日

ダイエットをやればやるほど、寿命を縮める

2011年03月21日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月21日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 世界的な各種の統計でも、日本国内の調査でも、やや小太り気味で、ややメタボの診断がでるレベルこそ、もっとも寿命が長いという結果が出ている。

 当然、極端な肥満はその限りではなく、痩せすぎと同様に、相対的に寿命は短い。

 特に問題なのは、やや小太り気味だからといって、ダイエットに専念すればするほど、寿命を短くし、若い女性では不妊症の原因にもなるということである。

 このような問題は、近藤誠医師の各種の書籍や和田秀樹医師との対談本などで、繰り返し訴えているが、聞く耳を持つ人はどれだけいるのだろうか?

 このような事実を知ると、商売上困る人が、あまりにも多いので、黙殺しているだけなのだろう。

 ブログのつなぎとして、タイトルのような事実を書いたまで。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年03月21日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月21日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 12:12| 山口 ☔| ダイエットや肥満症 | 更新情報をチェックする