2017年06月11日

スキルス胃癌で術後3年で生じた腹膜播種

2010年6月11日のボクチン(6歳)
2010年6月11日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 抗癌剤治療を始める前に、漢方サポートを求めて来られ、補気建中湯+分消湯を主体に各種中草薬類を多種類。腹満感や軽度の疼痛は、次第に消滅。

 いよいよ抗癌剤投与を受けるにあたって、漢方サポートを続けたい旨を伝えると、「前例がない」からという理由で主治医に禁止されたが、幸いにも病院薬剤師の親切な協力があって、主治医に漢方の有効性を説明・説得してもらったとか。

 内服の抗癌剤とともに、点滴治療も、1クール目は全く副作用が皆無だったが、2クール目からは激しい副作用(激しい嘔吐と頭痛、血圧上昇など)で、直ぐに中断せざるを得なかった。

 漢方サポートがありながら、ここまで副作用が激しく出るのは珍しい!(もしかして・・・?)

 その後は病院の抗癌剤なしで、多種類の漢方サポートだけですぐに元気を回復して腹部症状も皆無となり1ヶ月半、昔の健康体とまったく変わりがなく、旅行を楽しむこともできた。

 そこでCT検査を受けたところ、腹腔内の各所に散らばっていた腫瘤の癌病巣部分が明らかに小さくなっているとの診断。
 漢方のお陰だろうと思わずつぶやくと、「漢方は効かないよ」と、どこまでもイヤミな主治医である(苦笑。

 そこで抗癌剤を再開ということになって、今度は副作用が出ない半量に減らしてもらってるという。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年6月11日のボクチン(6歳)
2010年6月11日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母