2016年12月12日

こちらも励みになる、とても嬉しいおたより

2008年12月12日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年12月12日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 本日、某自己免疫疾患が数年がかりの当方の漢方薬類によってほとんど寛解に近くなったと、近畿地方在住の方のお礼のメールの中に、「こんな日が来るなんて、まるで夢のようです!!!」とあった。

 また先日は、肺腺癌の手術後、しばらくして脳転移まで生じていた方が、多種類の漢方薬や中草薬類の連用によって心身ともに元気を回復されると同時に、半年?くらいで転移巣がすべて消滅して以後数ヶ月、「去年の今頃は、悶々としていて・・・(中略)・・・もし、村田先生に会えなかったらと思うとゾッとします。」というメールを頂いた。

 このような嬉しいおたよりを頂くと、こちらも本当に励みになります。

 お二人とも、きっと前世の行いが、とても良かったに違いありません。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2008年12月12日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年12月12日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 23:53| 山口 ☁| 肺腺癌(ステージ4および脳転移や骨転移も含む) | 更新情報をチェックする