2016年11月16日

一昨日の月曜日も、本日の水曜日も、代理人の問い合わせに、お断りするのに四苦八苦

2009年11月16日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月16日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 もっとも忙しくなる月曜日には、代理人はお断り、月曜日は新規相談は受け付けないという規則をHPやブログで明記しているのを知りながら、敢えて月曜日に問い合わせにやって来る代理人。

 お断りするのに長い時間を費やして四苦八苦。

 おかげで、発送注文のメールの返事や、送り状の発行や、荷造り業務など、大幅に遅延して困り果てた。

 そして本日の水曜日といえば、ご家族の代理人による無理難題の電話による問い合わせ。

 超遠方から常識的に考えても、病状からは絶対に無理なものを、自家用車で強行して危険をおかしてでも連れて行くという無謀な電話に、これも説得してお断りするのに四苦八苦。

 昼、ようやく昼食を摂ろうとした時間帯に、一時間半以上も無謀な代理人を説得するのに、疲労困憊。

 それでなくともクレーマー豹変率の最も高い、同じご家族の代理人である。

 久しぶりに不整脈まで発生して、とうとう昼食が摂れなかった。

 がっくりと疲れが出て、店頭は幸いに常連さんたちばかりが続いたお陰で、好き勝手な行動ができて助かった。

 当方のHPやブログで、代理人の問い合わせは受け付けないと明記しているのを承知で、加えて月曜日を敢えて選ぶ人、月曜日でなくとも無謀な長距離を病人さんにとっては明らかに自殺行為に等しい遠距離ドライブを行おうとする人。

 冷静さをまったく欠いて、誰が考えても無謀な強行軍を病人に強いる代理人の身勝手さには辟易。

 こんなことに神経を使い過ぎて、こちらがぶっ倒れでもしたら、あの世から恨んで出てやろうかとさえ思ってしまう。

 自己中の人達が跳梁跋扈する人間社会というのは、一つでも言い間違えると逆恨みされたり、本当に付き合いにくい。

 もちろんヒゲジジイも含めて、これだから人間様は猫よりも劣る最低の動物だというのである。

 一昨日は2件を店頭でお断り。
 本日は電話での問い合わせの2件お断り。
 そのうちそれぞれ1件は、執拗な代理人を断るのに長時間を要して四苦八苦。

 せっかく便利なホームページやブログであったが、急に効力を失ってきたのだろうか?

 最近は、無理難題を承知で強引な人達が、突然、急に増えているが、これもある種のトランプ現象の影響なのだろうか?

 もしそうだとすれば困りものだが、ごっついオッサンが「血圧の薬あるかっ!」と、がなり立てるように突然闖入して来た。

 「病院に行くべきでしょうがっ!」とこちらも怒鳴り返したら、意外に素直に退散されたについては、人は見かけによらないものである。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年11月16日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月16日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 21:27| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする