2016年11月15日

ワクチンでインフルエンザを防げるというのは都市伝説

2009年11月16日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年11月16日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 都市伝説は様々な分野で多種多様であるが、予防医学の分野では、今や常識中の常識。

 インフルエンザワクチンの有効性など、巷のほとんどの人が信じてない。

 若い頃から毎年熱心に受けていたのに毎年のように、インフルエンザに罹っていたという人が無数にいる。

 インフルエンザワクチンを受けると、インフルエンザに必ず罹るという都市伝説すらあるという。

 このインフルエンザワクチンの医学・薬学的な大きな問題点を挙げれば、キリがないのでここでは述べないものの・・・

 インフルエンザワクチンは、医療機関のドル箱商品と言われるくらいだから、いかに人間様たちが、猫よりも劣る動物であるか、いまさら言うまでもないだろう。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年11月16日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月16日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 12:55| 山口 ☁| 風邪やインフルエンザ・咽喉痛 | 更新情報をチェックする