2016年10月31日

10月最後の日、悪性腫瘍の人達の嬉しい報告が続いた

2008年10月31日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年10月31日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 1人の例外を除いて、いずれも本日、補充購入の電話注文の人達による報告。

 肝内胆管癌の再発8mmが、2ヶ月半の多種類の漢方薬類の服用で消滅していた人は、念のためCT検査を受けたところ、やはり消滅したままだった。

 肺腺癌による脳転移があった人では、多種類の漢方薬類の服用で、分子標的薬の副作用も漢方薬で軽減しながら約半年で消滅したまま、引き続き問題なし。

 予後不良のように言われていた脳内に大きな悪性リンパ腫が再発していた人。
 病院の抗がん剤の点滴治療を受けながら、主治医公認で多種類の漢方薬類を欠かさず服用され、数ヶ月で病巣は消滅していたが、その後もCT検査もMRI検査でもまったく問題なし。
 今後は、念のためペット検査も行う予定とか。

 同じ悪性リンパ腫でも、ご高齢者のため抗がん剤を通常の半分量で1ヶ月。
 漢方薬も服用を怠り気味で予定の半分量しか飲めなかったが、2クールの点滴が終わった時点で大きな病巣も、その7割が消滅したとか。
 副作用も皆無に近く、体調もすこぶる良好で、あと4クールを行うとのことだが、ご本人自身はすでに根治した気分でおられるとのこと。
 ご家族が直接報告に見えたが、漢方薬類は半分量しか飲んでないとはいえ「見捨てないでねっ」ということで、補充購入は不要だった(笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年10月31日のボクチン(6歳)
2010年10月31日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年10月31日のボクチン(7歳)
2011年10月31日のボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年10月31日のボクチン(7歳)
2011年10月31日のボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年10月31日のボクチン(7歳)
2011年10月31日のボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年10月31日のボクチン(7歳)
2011年10月31日のボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
posted by ヒゲジジイ at 19:24| 山口 ☁| 悪性リンパ腫・胃マルトリンパ腫 | 更新情報をチェックする