2016年10月06日

NHKのドクターGを見ていると、男性医師よりも女医さんのほうが

2008年10月7日のボクチン(4歳)
2008年10月7日のボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 毎回見ているわけではないが、ドクターGを見ていると、多くは男性医師よりも女医さんのほうが診断能力が高く、頼りになりそう。

 乳癌末期の患者さんで、2度目の肝臓転移で骨転移や腹満なども生じているのに、1度目の転移の時の抗がん剤治療の苦しさに辟易されていたため、抗がん剤を断乎拒否しても、最期まで温かく見守ってくれた素晴らしい女医さんもおられた。

 数年前、かなり疲労困憊の状態で、当方の常連さんのご家族の紹介。

 状況的に無理かもしれないので何度もお断りしていたものの、それをおして来られた人だけに、やや躊躇したものの、やや控え目の漢方薬でも幸いに劇的に効果を発揮して、即効的に体調を回復された。

 腫瘍マーカーも劇的に下がって、その年の年内にはほとんど根治に近づくのではないかと期待されるほどで、主治医の女医さんも大いに喜ばれ、配合内容をご覧になって「とても良いものを飲まれているのね!」と患者さんを励ましてくれていた。

 しかしながら夏休みに子供さんと思い出作りとて、海外旅行や日本各地を旅行して回ること1ヶ月以上、さすがに体調を崩された。

 すかさず補気建中湯を追加することで、今度も劇的に体調を回復したものの、腫瘍マーカーがやや後戻りし始めた。
 
 それでも漢方薬を始めて以後の丸2年間は、とても元気で過ごされていたし、亡くなられる2週間前までは、遠路はるばる車を運転して直接通われていたし、疼痛が最期まで皆無で、亡くなる半日前まで、食事を美味しく食されていた。

 ご家族の報告では、主治医の先生方は、
「西洋医学も考えないといけない。漢方薬だったら最期まで普通の生活ができるのだから・・・」
 とつくづくと述懐されたとか。

 半年以上も前の出来事だが、次のステージを信じておられたので、あちらでも明るく元気に過ごされていることだろう。

 その証拠に、親友の夢の中に、折に触れて訪れているといわれる。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2008年10月7日のボクチン(4歳)
2008年10月7日のボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 00:04| 山口 ☁| 乳癌(肝転移や脳転移・骨転移なども含む) | 更新情報をチェックする