2016年05月13日

こういうのを嫌味(イヤミ)と言う

2012年05月13日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月13日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

 お馴染みさんの中にも様々な人がいて、それほど遠くでもないのに、何年に一回か、他所の薬局で同じ漢方薬類を何軒も探してみたけれど、やっぱり無かったといって、また送って欲しいとか、直接買いに来たり。

 こんな嫌味な行動を平然と行う無礼な人は、本当のお馴染みさんとは思っていない。

 いつでも他所へ行ってくれと本心では思っているし、実際に言ってもいる。
 折々に、そんな嫌味をするくらいだったら、本当に他所に移って欲しいものである。

 もともとは難治性疾患に、頭を振り絞って複雑な配合の微調整を繰り返している途中に、突然音信不通になったので、諦めて止めたのだと思っていたら、しばらくはネット通販の相談薬局に相談して、そちらの薬を取り寄せて飲んでいたが、結局は村田漢方堂薬局の配合の方がよかったので戻ってきたというような人だった。

 だから、上記の行動には驚かなかったけれど、また同じことを繰り返して、どんなに探しても無かったので、また直接やって来たと平然と言われる。

 十人十色とはいえ、義理もへったくれもない人間は、猫にも劣る信用ならない動物だという例証の一つでもある(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年05月13日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年05月13日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 21:00| 山口 ☀| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする